パナソニックGH5にはボディ内手ブレ補正が採用される?

43rumors に、パナソニックGH5の仕様に関するいくつかの噂が掲載されています。

David Peterson says the new GH5 will have "full size" HDMI and IBIS

  • IronfilmプロダクションのDavid Peter氏が、次の情報を送ってくれた。とても素晴らしい!

    「マイクロHDMIの不快な日々が終わりを告げるかもしれない。GH5のテスターから、GH5にはフルサイズのHDMI端子が採用されており(これを聞いて私は非常にハッピーだ!)、1段分改善され、そしてボディ内手ブレ補正が採用されていると聞いている」

 

GH5は放熱の問題から「ボディ内手ブレ補正は採用されないのでは?」という憶測が多いようですが、ボディ内手ブレ補正の搭載を希望する声は非常に多いようなので、この話が事実なら大歓迎されそうです。

また、特に動画メインの方の場合、フルサイズのHDMIコネクタの採用を希望する声も多いようなので、この仕様変更も歓迎されそうですね。あと、「1段分改善」は、高感度性能のことでしょうか。

2016年9月23日 | コメント(11)

コメント(11)

これは非常に嬉しいです。
今から発売が楽しみです。来年のCP+で触れるかな?

G8への採用の段階で
可能性だけはあったと思います
まだプログラムなどで詰められるところがあると期待しています。

ボディ内手ぶれ補正ONで動画を撮ると放熱の問題で長回しはできないかもしれませんが、使えれば搭載されていれば後はユーザーが使うか使わないかを選択できるほうがいいに越したことはないので歓迎ですね。
何よりフラッグシップ機ですから出し惜しみのない全部乗せでいいと思います。
大型化重量増高価格化も致し方ないかと。
その為にGシリーズはG8でランクを上げてきたのかとも思いますし、また高感度耐性が上がれば活躍の場が広がりますね。

面白いなあと思うのは、かつてレンズ内手振れ補正のみだったパナソニックがここのところボディ内手振れ補正を積極的に採用してレンズ内手振れ補正とのハイブリッド補正を売りにしていて、他方ボディ内手振れ補正のみだったオリンパスがレンズ内手振れ補正も採用してきていること。時代はボディとレンズとのハイブリッド補正なんでしょうか?

1インチセンサーのレンズ固定式とはいえ、先日発表されたFZH1はGH4を超えたと言ってよい動画スペックでした(5軸手ブレ補正は前モデルのFZ1000で既に付いています)。
そして、一眼でも下位機のG8が5軸手ブレ補正を搭載しました(動画機能に特に進歩はなかったですが)。
フラッグシップのGH5が相当に進化するのでないとこのような強気のアップグレードはできないはずです。少なくとも5軸手ブレ補正は必須でしょう。

G8の後だし5軸手ぶれ補正になるのでしょうか。
動画では1/30,1/60等の縛りが有りますが、静止画メインの利用者は純粋なセンサー性能の向上による1段と、手ぶれ補正での4~5段で大分暗所で楽になりますね。

HDMIとか言ってないでいっそSDIとかにしたほうがニーズ的には喜ばれるんじゃ…

4K30pでボディ内手振れ補正はすでにボディの小さなGX7mk2で実現しているんだから、4K60pボディ内手振れ補正であってもGH5はボディが大きいから大丈夫じゃないかな。

手振れ補正の有る無しは購入するかどうかに関わるので是非お願いします。
自分もいっそのことHDMIじゃなくてSDIにとか思ったのですが、4KのSDIだと4本になってしまいあんまし現実的じゃないですね。

ボディー内手ぶれ補正、フルサイズのHDMI端子、そして1段分の高感度化・・・
どれも歓迎すべき改善点です。

上記の方々も触れている通り、G8はもちろんのことDMC-FZH1までがとても素晴らしいアップグレード…というよりは完全にフルモデルチェンジ!

DMC-FZH1なんて特に動画専用機?と思うくらいの変わりようです。
ALLイントラ200Mbpsとか、NDフィルターが内蔵されているとか、それも3段あるとか、フォーカシングとズーミングはインナータイプとか、さらにレンズ群が移動しても重量バランスが変わらないとか、これはもうネオ一眼ではなくCANONのXC10を意識したとしか思えないコンセプト。

スチル機能の高機能化はG8に、そして簡潔かつ本格的に動画撮影はFZH1に、だとしたら次期モデルのGH5はさらに基本的な動画性能はもちろん、それ以上の派手さより正確で細かくカスタマイズできる仕様で、さらに広いステップ数を要求される本職の方々を納得させるモデルになるのかもしれません。

いまから本当に愉しみです。

外部出しはいっそ光にしちゃったらどうですかね?
BMDのコンバーター対応、GH5+とかそんなコードネームで。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年9月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンは現在フルサイズミラーレスカメラ市場を仔細に分析している」です。

次のブログ記事は「ライカがSL用の4本の新しいレンズを参考出品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る