ソニーが20mmと135mmのFEレンズを近日中に発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーの新しいFEレンズに関する噂が掲載されています。

(SR2) Rumor from a new source: Sony 20mm and 135mm FE to be soon?

  • この噂は新しいソースからのものだ。彼は、ソニーが次の2本のレンズを発表すると述べている。

    - FE20mm F2.8
    - FE135mm F2

    彼は、これらのレンズは11月に発表されるはずだと付け加えている。このソースが正しいとして、 これらのレンズが(以前に噂の流れていた)来週に発表されるのか、別の11月のイベントで発表されるのかは分からない。

 

信憑性の低い噂のようなので、あまり期待しすぎない方がよさそうですが、事実だとすると、Eマウントユーザーには大いに歓迎されそうですね。20mmはF2.8なので価格もそれほど高くはなさそうです。

FE135mm F2 はBatisにも同様のレンズの噂があるので、両方とも登場するとスペックがかぶってしまいそうですが、どうなることでしょうか。

2016年10月15日 | コメント(11)

コメント(11)

無印で20mm F2.8で星景もそこそこ撮れますならちょっと興味ありますが、でも20mmはFIRINも出るんですよね。
20mmでF2.8だと4.5メートル以上先にピントを合わせれば開放でも無限遠まで被写界に収まります。
言うまでもなくAF速度はどうでもいいレンズとなりますから、AF捨てて描写に振ったレンズを期待します。

個人的には、20mmF2.8は噂の16-35mmF2.8GMが出れば賄えるので、先に24mmF1.4GM(?)が欲しいです。

135mmF2も頑張ってF1.8にして欲しいです。

135mmはF2ですか。機動性重視?
SAL135F18Z後継機を望んでいる自分としては、いい差別化ができていると思います。

20mmはコンバージョンレンズが使えたりするのでしょうかね

無印でGでもない、でもちゃんとAFの効く奴なら、いいのでは?APS-Cでもいい焦点距離になりそうで。

キヤノンユーザーですが、20ミリ単焦点レンズが最新の設計で出るのは羨ましいです。明るいに越したことはないですが、F2.8なら、大きさも、価格も、バランス良さそう。キヤノンにも20単はありますが、そろそろリニューアルしてほしい。

2本ともちょうど欲しい距離のレンズです。

FEは28mmが安価でなかなかの性能なので、20mm、135mmともに期待しています!
二線ボケ、年輪ボケの無いようなら買いたいです。

Sigma20mmF1.4 + MC-11の価格よりも安いと良いですね。

なんとなくBatisのレンズのことを書いてるだけのような感じですねぇ。

135mmはF1.8とF2で大きさ重さ価格に結構な違いが出てくるならF2でも構わないですね。
手ぶれ補正もボディ側にあるのがデフォルトになりそうなのでレンズ側になくてもそれだけ自由に設計できそうにも思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα6500は旧機種のオーバーヒート問題が解決している」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF24-105mm F4L IS II は旧型よりもずっと良くなっている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る