ソニーの新製品発表は今週ではなく2~3週間後?

SonyAlphaRumors に、ソニーの新製品発表に関する噂の訂正情報が掲載されています。

(SR5) Correction on the Sony announcement time

  • 重要な噂の訂正情報だ。次のソニーの発表は今週中ではなく、2~3週間後に行われる。様々なソース達からのフィードバックのおかげで、行き違いがあったことが分かった。申し訳ないが、もう少し待って欲しい。
  • 次に登場する新製品が新型のα7でないことも確認できている。もし、α7 Mark III を待っているなら、2017年まで待たなければならないだろう。
  • 最近、ソニーは新製品を1ヶ月に1度発表しているように見える。7月はツァイス50mm、8月は50mmマクロ、9月にα99 II と18-110mm、10月にα6500・・・

 

ソニーの次の新製品発表は、どうやら11月になりそうな雰囲気ですね。次に登場する新製品は、これまでの噂によると、スチルカメラではなくEマウントカムコーダーの可能性が高いようなので、α7 III やα9の登場は期待しない方がよさそうです。FSシリーズやVGシリーズの新型機でしょうかね。

2016年10月20日 | コメント(6)

コメント(6)

Inter BEE 2016でお披露目だと思います。

InterBEEでお披露目になるFS7後継機種で間違いないでしょう。熊本地震の影響で遅れていた新しいセンサー搭載、そんな感じではないでしょうか。

FS7後継機種、α6300のセンサの画素数を落として高感度化した新開発super35用センサーと新開発フロントエンドLSI採用、ハイスピード撮影もより充実した仕様!!といったところでしょうか。

FS7がバリアブルNDとか新機能新コーディック等載ってくるのかな。
動画ユーザーとしては嬉しい発表になることを期待したい。

FS7使ってますが、これに5軸手ぶれ補正とか
6300並のAFが搭載されたら買い換えてもいいなぁ。
まぁ、しかし、実際は
FS9という名のフルサイズカムコーダーか、
民生VGシリーズだとは思うのですが。

>2石さん、
ソニーさんはVG900を失敗作と捉えている節があるような気がするのですが、昨今のa7一族の成功&FEレンズの拡充でフルサイズカムコーダを出す基盤はなくも無い、といったところでしょうか(開発部署が離れ過ぎているのでお互い協力するのかわかりませんが)。

個人的にはFS7後継機はよりF55スペックに、FS5後継機はより便利に、となるかと予想します。FS72は間違いなく新しいセンサーですから、読み出しが早くrawユニット(R7)接続で4K120Praw記録可能となるとか(内部記録はあえて出来ない仕様に抑えてR7売りたい的な)。
5軸手振れ補正やAF強化はFS5側で進むのではないでしょうか。ギンバル用途なども考慮し「便利機能」は小型なFS5側に詰め込む、と。

FS7、FS5と並べている限り新しい良い機能を振り分けて来ると思います。筐体まで刷新して「FS72」とは出さないはずなのでユーザーが期待するあれやこれやは中々入れてくれないでしょうね。

ソニーさんは4.6K(や5K、6Kも)など半端な解像度には手を出さなそうなので、業務機もまだしばらくは4K60P止まり、ただそれだと他社民生機に追い付かれるので何かちょっと、現場で求められる実用アップデート(バリアブルNDなど)、という感じかと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが「ズマロンM f5.6/28mm」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF16-35mm F2.8L III は高価だが際立った性能のレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る