ソニーが海外でα6500を正式発表

ソニーが海外で、5軸手ブレ補正とタッチパネルを搭載した「α6500」を正式に発表しました。

Sony takes the wraps off of its Alpha a6500

  • ソニーは新しいα6500を、ニューヨークで開催されたイベントでお披露目した。α6500はα6300の上位に位置するトップエンドのAPS-Cミラーレス機だ。
  • このカメラには、スチルでも動画でも使用可能な5軸手ブレ補正が搭載されている。5軸手ブレ補正はAPS-Cセンサー用に最適化されたもので、5段分の効果がある。
  • より素早い操作のためにタッチパネルが採用されてる。バッファーは大幅に増強され、11コマ/秒の連写で、200枚以上の撮影が可能だ。
  • センサーは24.2MP CMOSセンサーで、画像処理エンジンはBIONZ X、そして新開発のフロントエンドLSIが搭載されている。
  • AFシステムはα6300と同じ425点位相差AFが採用されているが、よりハイスピードなLSIの採用によって高速化されている。動画は4K対応(内部記録可能)で、タッチパネルによるAFが可能だ。動画時のAF速度は、コントロールすることが可能だ。
  • α6500の価格は1400ドルで、発売は北米では10月の終わりになる。

 

α6500は5軸手ブレ補正が搭載され、バッファーが大幅に強化されるなど、カメラの基本的な機能を中心に中身はかなり進化しているようですね。また、これまでソニーはEVF機へのタッチパネルの採用は消極的だったので、α6500へのタッチパネルの採用は目を引くところですね。

a6500_003.jpg

2016年10月 6日 | コメント(61)

コメント(61)

熱問題が解決されてたら良いのですが、ボディがあまり変わってないようなので期待できないかなぁ
A99IIみたいに4Kフォトモードがあるといいなぁ

サイズ感変わらずに5軸手振れ補正が乗るとは思いませんでした。
おまけにソニー初?のチルト液晶にタッチパネル搭載。

これはデザイン以外の点で、私の望みを全て叶えてくれるカメラです。
手持ち機材を売り払っても手に入れにいきます。
ようやくPlannar85mm、Sonnar135mm、16-50F2.8が手振れ補正付で使える日が来ました!

AFポイントのタッチ操作を実装してきましたね。α99Ⅱはタッチの差で間に合わなかったか…

Eye AF in AF-C modeは視線入力AFですかね。
タッチスクリーンといいあらゆる技術を惜しみなく投入したって感じです。
内容はA7000相当ですね。

「今までのミラーレスに満足してるか?」のフレーズはこのカメラにこそふさわしいと思います。
熱暴走がなければですが・・・・

残念ながら、視線入力はありませんね。
豊富なAF機能の一例として、
AF-Cモードで瞳AF使えるよって文でした。
ちょっと期待しましたが。

なんだかα6300を買われた人がかわいそうに感じます。
ようやくタッチパネルに対応しましたね。
撮影画像を確認するときの拡大縮小、スライドで次の画像に移動と対応していたらなおいいですね。

「Eye AF」は瞳AFのことじゃないでしょうか。
でも「Eye AF in AF-C mode」すなわちAF-Cでも機能する瞳AFが、本当にまともに機能するものだったらそれだけでも買いかもしれません。

発熱で止まるのは熱暴走では無くて安全装置なわけですが・・・少々熱くなっても(ユーザーの意思で)故障やリチウム電池の劣化しない程度の温度までは動作する「安全装置レベル高・低」みたいな設定が出来ればいいのですけどね~。

AF-Cで瞳AFも使えるのですか
タッチパネルといいAF関連の強化が素晴らしいですね

APSCで5軸手振れ補正。サイズも120×66.9×53.3mm 453g
とてもコンパクトですね。しかもマグネシウム合金の防塵防滴。
XGA OLEDトゥルーファインダー、スロー&クイックモーション、サイレントモード等々とても魅力的ですね。正直欲しいです。

http://www.sony.com/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilce-6500?cpint=SG_CATEGORY_SEC-TOUT-OTHER-S03B03B03-EN_GL-2016-09-M01-M03B0-TOUT01-M03B0

このシリーズ、新しいのが出る度に残念に思っているのですが、なんで純正アクセサリーに縦位置グリップの設定がないのでしょうか?(社外品で存在しているのは存じております)
ファインダーの位置が問題なのですか?
それとも、このシリーズのユーザーからの要望は大してないのでしょうか?

個人的に縦位置グリップの設定があるなら、かなり有力な購入候補にあがるのですが…。

サイズは横と高さはα6300と同じでグリップ含めた厚さが5mmだけ増えただけですね。価格もα6300の初値とはそれほど変わらないようですがタッチパネル等出し惜しみなしで出してきた感じです。

なんというか
多くの人がα6300に期待していたスペックがまさにこれなんじゃないでしょうか。
いや、それ以上か。

α6300は見送りましたが、これは即決で買い替えます。

6500と Sonnar T* E 24mm F1.8 ZAの組み合わせなら最強ですね。

6300が出た同年内に上位機種を出してくるとはなかなかの開発速度ですね。最近のソニーは新しい技術ができたらすぐにでも製品化してリリースしてくる姿勢に見えます。これもα99IIの技術がかなり使われていますね。
APS-Cでこれだけバッファを積んできて動体を意識してくるあたり、ライバルは7D2やD500ですかね。
タッチパネルを積んできたあたり、α7系の後継機も楽しみですね。
レンズもすごい勢いで増やしてますし、力の入れ具合が半端じゃないですね。

6300、好きなカメラでいつか買いたいと思っていましたが、型番から上位機種の存在が示唆されている気がして、躊躇してました。センサー式のスタビライザーやタッチパネルがないのも、他社製品に見劣りしていたので。
先月のフォトキナで7000か6500の型番が発表されないかと機体していましたが、何もなかったのであきらめていたら、まさか直後のこのタイミングとは。フォトキナに間に合わなかったんでしょうか。
それから、1週間前に価格.comで6300がかなり値下がりしたのも意味深でした。また上がってしまいましたが。

ヘッドホン端子が"Yes"になっている一方でマイク端子が"No"になっています。
そんな機種、聞いたことがありません。間違いであってほしいです。

6000からの買い替えで6300を検討していたのですがこれは6500を買うしかないですね
フルサイズへの移行も考えていたのですがもう少しAPS-Cで楽しまさせてもらえそうです

ヘッドホン端子はなし、マイク端子はあり(3.5mm ステレオミニ)
と掲載されています。
http://www.sony.com/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilce-6500/specifications


液晶モニタは小さいままなのですね。
シューキャップを付属しないのはもうネタなのですかね。

さすがにこの形状では熱問題が解消されたとは思えません。
その事に対する何らかの言及がほしいですね。

タッチパネル採用は嬉しいですね。ボディ内手ぶれ補正もこの筐体に収めてきたのは素晴らしいと思います。
ただ縦位置グリップはほしかったですね。縦位置グリップを装着すると放熱性が上がるといった工夫もあると尚更よかったです。
「α7000」という名称でもいいような気もしますがそうしないのはソニーも「α7000」には慎重に重要に大切なものだとしてまだ相応しくないと、そしてもっと革命的なカメラのときの為に温存してあるのでしょうか。

同梱物一覧に、シューキャップやACアダプタの掲載がありました。
お詫びして訂正いたしたします。

5軸手ブレ補正を搭載して、現有NEX-6より奥行きが10mm大きいだけ、
という事に驚きます。
バッテリーがNP-FW50、液晶モニターもほぼ同じようですが、
EVFなどの改善があるのかが気に成ります。
15万円程度と成ると高価ですし、α7IIの実売と同程度に成りますね。

 α7000はカメラ史に残る革命的な製品でした。しかし、それにとらわれすぎて出し惜しみをしていると、どんなカメラができたときに使うのでしょうか。ソニーはその準備ができているのでしょうか。そして、α9000は…。
 α6300を見送った私は、同モデルの値下がりを期待するよりも、このモデルを買う方が妥当な選択に思えます。

やっとですね。私的にはこれまでが長かったです。
ボデイ内手振れ補正を搭載した軽量のAPS-Cの個体は待ち望んでいたボデイです。α7兄弟が本流になってからもう出ないと確信していましたが出ました。喝采です。
たくさん売れると思います。

α6300からたった50gアップの453gで5軸手ブレ補正を入れたのは凄いですね!
でもα7が474gなので相当ずっしり感有りそう。
α6300と同じレートを使うとしたら国内¥170,000位でしょうか。
これだったらα6500の方を買いたくなりますね、α6300値段下げてくれないかな〜。

え〜、ボディ内手振れ無いけど迷って4K欲しいからα6300出てすぐ買った身としては、こんなに早く出すなんて残念過ぎます。

α6000シリーズではシャッター1/8000搭載は無理なのでしょうか。

α7000ではタッチパネルはあってもなくても構わないので、シャッタースピード1/8000を実現してほしいです。NEX-7様のボディだったらなお喜ばしいです。

いまの6300でもバッテリーの減りが激しくて、予備バッテリーかモバイルバッテリーを持ってないと安心して撮影に出かけられません。本体が軽くてもモバイルバッテリー持参ではトータルでかなりの重さになってしまいます。

6500はタッチパネルもあり、手ぶれ補正もありで、更にバッテリー消費が激しそう。

連続200枚以上撮影出来るということですが、連続で200枚撮り終わったらバッテリーが半分減ってた、、、、とかないですよね?ますます心配です。

プロセッサーが高速化しているとのことなので、製造プロセスルールが1ランクレベルアップしてて、動作電圧も下げてるとかならかなり朗報ですが。

あと、またもUHS-IIは対応してないみたいですね。

連続で申し訳ありません。

プレスリリースによると、いよいよ「全面的に新しいユーザーインターフェース」採用だそうです。

α7iii以降にも継承されるのでしょうか。

もうAPS-Cには力を入れないのかなと危惧してたので、嬉しいニュースですね。

LA-EA3を介してAマウントレンズを使用した時のAF速度や精度などは、α6300などから改善があるのでしょうか…?

α99Ⅱも発売されますし、どれも良さそうなので、今後どのように買い換えしていくべきか、嬉しい悩みです。

超望遠で戦闘機を撮る自分的には、この領域での動体追尾性能が気になります。

この性能でα77Ⅲを出してほしいですね。

a6300の動画の品質はかなり高かったのですが、手振れ補正が非採用なのが残念でした。
これはかなり楽しみな機種です。
特定の用途では放送機器に勝る映像が撮れそうです。
ただ多くの方が危惧されているように手振れ補正のないa6300でも熱の問題があったので、そこは少なくとも良くはなっていないんじゃないかと危惧します。
バッテリーも相変わらず小さいままなのでバッテリーライフもおそらく改善されないんではないでしょうか?個人的にはもっと大型化してもいいのでこの2点を改善してほしいです。
ソニーの商品サイクルが早すぎて直ぐに型落ちになるんじゃないかという点も購入するべきかどうか悩むところですね。

年末のEOS-M5対抗用でしたか。α6300持ってる身としてはとても辛いマイナーチェンジですよ・・・

ソニーは良くこういう時間差発売しますが、α6300の立ち位置微妙になったな〜。

SONYのイケイケな勢いが凄いですね。α6500の登場はα6300ユーザーにも色々な意味で衝撃が走ったかと思いますが、他メーカーの戦略にも影響があるものと。

次機で裏面照射と熱問題対応機が出たりしたら、また凄い衝撃がありそう・・・

理想はこのサイズのボディにフルサイズ入れて欲しいんですよね〜

大きくしたい人は縦グリを付ければ良いわけで。

2ヶ月ほどまえにα6300を買った身としては、正直複雑な気持ちです。
FEマウント機はレンズが大きくミラーレスの利点が薄いと感じている
ので、ようやくボディ内手ぶれ補正がAPS-C機にも搭載されうれしく
はあるのですが……。
Aマウントの資産も活かせるし買わない理由はないんですが、うーん

a6300の6K全画素読みからのダウンサンプル4K動画画質はa7SIIなどと比べても抜群に解像感があるのですが、いかんせん昨今のカメラの中でダントツに遅いセンサー読み出しの影響もあってかローリングシャッター(こんにゃく現象)が酷く、仕事で使えませんでした。

今回a6500が5軸補正、加えて新しいLSIを実装した事によってどこまで流れない動画記録をしてくれるか、とても期待しています。

国内でも11月のInterBEEでは実機触れるようになっていると思います、楽しみです。

RX100、α7と来て今回のα6500を見ると、ソニーは同一ボディのモデルを機能でランク分けするスタイルでしばらく展開していくんでしょうね。

このやり方って、意外と旧モデルが陳腐化しないメリットがあると思います。
静止画メインでたまに動画くらいの使用であれば、バッテリーや熱問題も考えて無理に最新機種ではなく、6000や6300で十分という考え方もしやすいですし。

やっと買い換えれるのが出てきましたね。あとは実物をみてからですね。

カメラ本体はこれぞ待っていた!
って感じですが、APS-Cだといいレンズが無いですよね。

6300を動体専用で使っていますが、ボディ内手ブレ補正が入ったことで、6500に即買い替え、6300買って後悔・・・とは思いません。

6300で使ってるレンズは、新しく出た70200GMもキャノンのレンズもレンズに手ブレ補正があって、ボディ手ブレ補正必要としてないんですよね。。。

この発表の出た途端、一瞬ショックでしたが
自分には必要のない機能と確認できたので問題ありません(笑)

使用するレンズを考えてから、6300か6500か検討した方が良さそうですね!

ソニーUKの商品ページの外観画像の付いてるレンズが16-70f4ですね。ちなみにソニー日本のα6300の商品ページでは16-50が付いてるので、もしかしてキットレンズになるのでしょうか。

α6300ユーザーです。
スポーツなどの動きものの写真と動画撮りに使っていますが、このくらいの変化なら買い替えを我慢できそうです笑
ただ動画撮りでパンしたときのコンニャクがどれほど軽減されたのか気になりますねぇ

この流れから行くとα7000は手振れ補正とタッチパネル搭載は確実かな?

私的に最強のAPS-C機が完成してしまったような気がします。
これとMC-11を組み合わせればやりたことが全て出来る……
買います。

数週間前にα6300購入したんですけど~ 笑 本当に出ましたね。
メインは他社フルサイズレフ機でα6300の用途は主に旅行用なので
軽い方がいいしOSS付きレンズ2,3本以外使わないので
特に悔しさはないのですが、人によってショックな方もいるでしょうね。
しかしソニー勢いがありますね。
この調子でα5100の後継機も出して外付けEVFを復活させてもらえれば。

トップエンドAPS-Cなら安いですが
α7000にはしなかったですね

2ヶ月前に6300購入しました。悔しくないと言いたいけど実際は悔しいですね。でもこの2ヶ月本当に楽しませてもらってます。今回の6500。ExmorRなら本当に追加購入したと思います。5軸手振れ補正欲しいけどもう少し我慢することとしました。いや、少しやせがまんですけど。6300もう少し愛してやりたい!

6500によって、SIGMAのDNシリーズのレンズが手持ちで本領発揮できます。
6500とSIGMAのDNシリーズレンズを全て買い揃えることにしました。
(いままでは、そんな理由から19ミリしか持っていませんでした)

EOS M5対策ですかね.あっちはタッチスクリーンがあって,a6300より使いやすそうだなと思っていて,気になっていました.

α6000使いとしては、後継機に高機能は歓迎ですが、これで今後のEマウントは手振れ補正内蔵レンズが出てこなくなりそうですね。手振れ補正内蔵のカメラへ乗り換えないといかんのかも。

うれしいですねー
やっと望みがかなったという思いです。
APS-Cはフルサイズにないコンパクトさがあります。
年老いたカメラファンにはもってこいのカメラがやっと 出たとの思いです。

現在NEX-7を使ってます。
この後続機が出ないかと思ってましたが、今回は近い物が出たので買って見ようと思ってます。
ただ型番のa6500と言うのが少し気になりますね。
a6300の様に1年もしない内、a7000が出るのではないかと。

α6000を手放してから暫く経ちますが、α6500は食指が動きます。
個人的に一番のポイントはグリップが深くなったこと。
α7系はII型でグリップを深くしたのに、α6000系はなぜ変えないんだろうというのがずっと疑問でした。

α6000ユーザーとしては、手ぶれ補正、タッチAFなど、欲しかった機能が全て完備の機種でメチャ気になります。

ただ、やはり熱暴走対策に何も触れてないのと、どうせならフルサイズの次モデル、という感じもするので悩ましいですねえ。

まったくの素人ですが
フロントLSIは熱対策には効果ないんでしょうか?

α6500のデモ動画にE PZ18-110F4G OSSとの記述が有りますが久々のAPS-Cの新レンズの登場でしょうか。PZ18-105の誤り(はたまた米ソニーでは110の表記なのでしょうか)

E PZ18-110F4G OSSは先月発表されたSuper35用/APS-Cのシネマレンズです。
http://digicame-info.com/2016/09/e-pz-18-110mm-f4-g-oss.html

α6300とのオーバーヒート比較テストの動画がupされましたが、大きく改善されていますね。α6300が15分程度でオーバーヒートしたのに対し、α6500は30分しっかり録画することが出来ています。

これは地味にスゴイことです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年10月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが海外で「RX100 V」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF200-600mm F4.5-5.6 IS は6D Mark II と共に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る