ソニーα7S III (?)のスペックに関する噂が掲載

SonyAlphaRumors に、中国発のα7S III (?)のスペックに関する噂が掲載されています。

(SR2) Is this the new Sony A7sIII ?

  • CameraBetaが、α7S III のことだと言う奇妙なリークを掲載している。彼らは、ソニーα7S IIIのスペックリストだという画像を入手している。

    - 1540万画素裏面照射CMOSと新開発フロントエンドLSI
    - 電子式可変NDフィルター
    - 常用感度ISO100-102400
    - 最高感度ISO409600
    - 3インチ123万ドットフリーアングル液晶モニタ
    - 4:2:2 8bit の4K動画

    私は、CameraBetaを知らないので、この情報には懐疑的にならざるをえない。

 

ソースの画像は日本語で記述されていますが、文章に少し不自然な部分(「使っ撮影できる」「回転し。」「実現し。」などの表現)があったり、手ブレ補正の段数が8.5段分になっているなど少々無理があるスペックなので、CameraBetaの画像はフェイクの可能性が高そうです。

とは言え、電子式可変NDフィルターの内蔵や、4:2:2(内部記録?)の動画など、動画ユーザーから要望が多い機能が入っているので、新型がこのようなスペックで出てくれば特に動画メインの方からは歓迎されそうですね。

2016年10月 8日 | コメント(18)

コメント(18)

これはガセネタと思いますが、7sIIは4Kで電子ズーム使うと画質が悪くなるので画素数がチョイ増えるのは賛成です。

可変ND内蔵!? ホントなら自分的には神機ですね

今α7sm2を検討してる身としては、実現して欲しいスペックです。
特に裏面照射低画素センサーはありそうですし
期待してます。

ND搭載は大歓迎ですが、外部収録でもいいので10bitの実現を切に願います。

画素数が信憑性を下げていますね。

NDは素晴らしいですね。
ですが、この画素数で裏面照射CMOSにするメリットはないと思います。

4K60P内部収録実現臨む。
フォーマットは、、無理を言いません。
切に願います。

Sではない6000万、8000万画素機なら分かりますが、1540万画素の画素ピッチと配線比で裏面照射にする意味がどれだけあるか、むしろコスト増の方が目立ちそうですが。

オリンパスが理論上可能な補正段数と言っていたものよりも遥かに上の補正となると、かなり不可能な話では無いかとなると思います。

これはガセっぽいですけど、D5とEOS-1DXmarkⅡが出たあとでは、フルサイズ高感度タイプは2000万画素というラインになるんじゃないでしょうかね。

フルサイズで全画素読み出しでオーバーサンプリングでの4K動画で「S」の動画機としてのハイエンドの意地を見せるためのアップデートで7Ⅱや7RⅡより先にSをⅢにするというのはあるかもしれませんね。

1540万画素は少なすぎるような・・・
せめて2000万画素のBISセンサーを希望します
あと、ボディ内手振れ補正も

ガセネタの匂いがします。
いきなりα7のSが出てくるのはなんか違和感感じます。
最初に無印、RとなってSなら分かりますが

センサーに関しては99%ガセだと思います
裏面照射低画素は読み取り速度上昇のためにあるかもしれないけど、こんな半端な画素数アップのためにクロップなしのフル画素4kを捨てるメリットはないでしょう
あるとすれば画素数据え置きでグローバルシャッター搭載と4k60pもしくは120pで4:2:2HDRを実現した動画番長兼レンズ遊びの決定版か、24MPあたりで速度と感度は他社フラッグシップ以上の高感度番長かだと思います

可変NDは何度か噂に出てたやつでしょうか・・・

1540万画素で裏面照射が真だとすると技術的なブレイクスルーが
あった可能性示唆しますね。

この噂信じたい。今まで通り無印、R、Sの3タイプだとすると・・
7III先に出てもうかつに手が出せないなぁ。

1540万画素ではα6300のようにオーバーサンプリング効果で4Kを生成するにも足りないでしょうし・・・ガセ臭いですねぇ

電子式可変NDフィルターとは、要は液晶の応用で、液晶の濃度をコントロールしてて透過性を変化させます。すでにソニーのコンデジや業務用のFS5で実装されていますが、フルサイズはまだないですね。この電子式可変NDが搭載されれば、F値・シャッタースピード・ISOを固定したまま露出変更ができるようになります。

D5や1D対抗でしょうから、連射性能を主に追い求めた機種でしょう。
しかし、ミラーレス機は、ミラーアップの必要がないので、様々な機能ができて、すごいですね。
ファインダーの画像消失と見え方の問題さえ解決すれば、やっぱりこれからはミラーレスの時代なのかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンDLシリーズの発売時期と価格に関する情報」です。

次のブログ記事は「富士フイルムGFXは高画素の35mmフルサイズ機をターゲットにしている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る