タムロン「SP150-600mm f/5-6.3 Di VC USD G2」は旧型から全体的に性能が改善

ePHOTOzine に、タムロンの新型の超望遠ズーム「SP150-600mm f/5-6.3 Di VC USD G2」のレビューが掲載されています。

Tamron SP 150-600mm f/5-6.3 Di VC USD G2 Review

  • このレンズはかなり重いが、スペックの割りに比較的コンパクトだ。ズームリングはとても滑らかに回転するが、かなり重い。フォーカスリングも滑らかに回転する。
  • AFは素早くロックし、信頼性は高い。
  • 150mmの解像力は、中央は開放のF5からF16まで素晴らしい値(excellent)で、隅もF5からF16まで素晴らしい値(excellent)だ。
  • 300mmの解像力は、中央は開放のF6.3でとても良好な値(very good)で、F8からF16では素晴らしい値(excellent)になる。隅は開放のF6.3とF8ではとても良好な値(very good)で、F11とF16では素晴らしい値(excellent)だ。
  • 600mmの解像力は、中央はF6.3とF8では良好な値(very good)、F11では素晴らしい値(excellent)だが、隅は開放のF6.3ではそこそこの値(fair)で、F8からF22では良好な値(good)になる。600mmでは性能の低下が見られるが、中央は良好な性能が維持されている。
  • 倍率色収差は、中央はほぼ完璧に補正されている。隅はわずかに色収差が見られ、望遠側にズームするとより目立つが、600mmでも色収差の補正は満足のいくものだ(1.1~1.3ピクセル前後)。
  • 逆光耐性は素晴らしく、フレアを発生させるのは不可能ではないものの、とてもむずかしい。
  • 歪曲は広角端では+1.43%の糸巻き型、望遠端では+1.47の糸巻き型で、ズーム全域でとても穏やかだ。
  • 価格は1349ポンドで、旧型よりも高くなっているが、新型は全体的に性能が改善されており、この価格は、おそらく納得のいくものだろう。
  • 新型の150-600mmは素晴らしい性能で、この性能がズーム全域で良く維持されている。このレンズは重いが比較的コンパクトで、長時間の持ち運びもそれほど苦にならない。手ブレ補正は良好に機能し、操作系も滑らかに動く。全体として、素晴らしい画像が得られるとても堅実に造られたレンズだ。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が非常に少ない、歪曲が小さい、ズーム域が広い、近接性能、効果的な手ブレ補正システム、造りが良好、高速なAF、フルタイムマニュアルフォーカス、エルゴノミクスが良好。
  • 悪い点:価格が旧型よりも高くなった、重いこと。

 

タムロンの150-600mmは、旧型も価格の割りに評価の高いレンズでしたが、新型は更に光学性能が一回り良くなっているようですね。

光学性能以外の部分でも、新型はAFや手ブレ補正システム等が改善されているので、全体としてかなり高性能化されているという印象です。価格は少し上がっていますが、これだけ盛り沢山の内容なら納得できそうです。

2016年10月19日 | コメント(6)

コメント(6)

キヤノン持ちなので、ハッキリ言って噂の純正200-600待ちなんですが、タムロン旧型の性能でも十分OKだったので、性能UP+金属多用ボディで信頼性も高そう、ということでかなり揺れ動いてます。
重いといっても、この焦点距離ではある程度重くないと手ブレ補正効かせてもすぐブレるので、個人的には全然問題ないです。

某量販店でD500に装着されていたのを触ってみたけど、特にAFの性能については、実機を見たうえで購入された方がよさそうでした。

タムロンは初めからこのレベルの商品を投入していればよかったのに、VC問題でリコール対応や、
シグマ150-600Cと時期が重なったため、一歩遅れて
しまった感じがありますね。

SONYのα99 IIでこれSP150-600mm f/5-6.3 Di VC USD G2を使いたいのですが、多分現段階では「ハイブリッド位相差検出AFシステム」には対応していないんでしょうね。後からで良いのでファームアップとかでタムロンさん対応してくれないですかね。

7DIIで超望遠域のレンズを物色中。うちの用途はスキー、サーキット。流しながらズーミングもしなきゃならない。
旧型は某量販店で試してみましたが、ズームリングの重さ、回転角の大きさに断念したのを憶えています。。。

新型もズームリング、重いんですね。
流し撮り対応のmode2をやっと備えた本機ですが、うちの用途にはやっぱり合わないんかなぁ

純正200-600を待つ方がいいのか、はたまた予算増額してEF100-400LIIでトリミングか。。。

新型は旧型のように直進ズーム的に使えますかね?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年10月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「PC NIKKOR 19mm f/4E ED」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ライカが「ズマロンM f5.6/28mm」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る