オリンパスED 25mm F1.2 PROは開放から素晴らしい解像力

Imaging Resource に、オリンパスの大口径標準レンズ「ED25mm F1.2 PRO」のレビューが掲載されています。

Olympus 25mm f/1.2 Pro M.Zuiko Digital ED

  • 鏡筒は金属製で、他のPROシリーズのレンズと同様に、非常にしっかりとしている。このレンズは大きく重く、E-M1 Mark II のような大きなボディとは無理なくなじむが、小さなボディには少々重すぎるだろう。
  • フォーカスリングはプラスチック製で、素晴らしい感触だ。フォーカスリングはフライバイワイヤ(モーター駆動)でどこまでも回るが、MFモードにすると最短と無限遠で止まるようになる。
  • 解像力は開放から非常に高く、F2では画面の隅々まで極めてシャープになる。それ以上絞っても大きくは改善しない。25mm F1.2は、F1.2で撮影するために購入するレンズで、この点において、このレンズは払った金額に見合うだけのものが得られるだろう。
  • 色収差はわずかに見られ、その大部分は開放付近で隅に見られるものだ。ハイコントラストな部分では、ごくわずかにマゼンタの色ズレが見られる。
  • 周辺光量落ちは開放では約2/3EVで、F2以上に絞れば、1/4EV以下になる。
  • 歪曲はごくわずかな糸巻き型だ。
  • AFは無限遠から最短まで1秒以下で、ピントの移動量が少ない場合は、ほとんど瞬時に合焦する。フォーカシングはインナーフォーカスで、レンズの全長は変わらず、前玉も回転しない。
  • 最短撮影距離は30cm(最大撮影倍率0.11倍)で、換算50mmの単焦点レンズとしては、近接性能は良好だ。
  • オリンパス25mm F1.8 との比較すると、光学性能は近いが、25mm F1.2にはL-Fnボタンは防塵防滴などのいくつかの実用的な機能が採用されている。同じ絞り値では25mm F1.2が大幅に良いわけではないが、25mm F1.2は明らかに開放で使うために設計されており、F1.2で素晴らしい解像力だ。
  • 高価なレンズだが、幸いなことに価格に見合った光学性能を備えている。F1.2の浅い深度を使いこなすには技術が必要だが、上手く使えば、この上なく素晴らしい結果が得られるだろう。

 

このレンズは、F1.2の大口径にもかかわらず開放から高い解像力で、開放でも全く問題なく使えそうなので、開放付近を多用する方には魅力的なレンズになりそうです。

一方で、絞ったときの性能は25mm F1.8とそれほど変わらないようなので、絞り込んで使うことが多い場合は、25mm F1.8で十分かもしれませんね。

2016年11月 6日 | コメント(14)

コメント(14)

これからM.ZUIKO DIGITAL PROシリーズはF1.2単焦点シリーズを増やしていくのでしょうか。
12mmF1.2や、F2.0やF1.8のズームレンズがフォーサーズのころのように出てくると楽しいですね。

25mmF1.2は解放でも十分に解像するようなので、手持ちで夜景を撮るときに役立ちそうです。

光学性能でf1.8に近いのだったら
防塵防滴以外のメリットがあまり無さそうですね。
半値以下で流通している
パナソニックのsummilux dg 25mmに対してなかなか厳しい戦いになりそうですね。

パナ25F1.4は開放付近がかなりぬるいので、味ならともかく解像ではオリと勝負にならないかと。

オリンパスのProシリーズはことごとく、出来が良いですね。安心のブランドが確立した感が大いにあります。
個人的にはセンサーが小さめとの不利を相殺させるだけの魅力があります。

ニコンのF1.4GシリーズとF1.8Gシリーズの違いみたいなもの
かも知れませんね。>25mmF1.2と25mmF1.8

単純にベンチマーク上の最大解像力だけなら実は両者大差有り
ません。しかし周辺の解像安定性やボケのバランスなどまで
見ていくと高価なF1.4Gに軍配が上がります。

そこまで細かな描写性能にこだわらないのであれば、廉価
シリーズがコストパフォーマンスに優れていますね。

最近、オリンパスのプロシリーズとシグマのアートシリーズを同じくくりで見てしまうクセがついてきた。ともに解像感抜群でデザイン秀逸。価格もやや高め、と言って異常値ではないレベル。
機能性、描写再現性など評価など待つまでもなく予約してしまう安心感。
フォーサースとフルサイズの違いこそあれ、プロ25も、アート50の登場した時の衝撃感にイメージ近し。

F1.2という大口径開放での解像に魅力を感じてお金を出せる人はこちら、そこにお金を払えない人はF1.8ということで割り切れば良いのではないかと思います。

プラザでも触ってきましたが(E-M1mk2も)、合焦や解像については、E-M1mk2ともに宣伝に偽り無しでした。

周辺光量や色収差も、他の大口径レンズに比べて優秀だと思いますが、絞って撮るなら確かに大きな差はなかったです。

味をとるならパナライカ、写りとオールマイティをとるなら1.2Proかなと。

なおこっそり聞いた限りだとノクトンあたりと距離をかぶせてくるようです(完全に同一ではなくおおよそのあたりで)。10mmかそれ以下の広角と、ポトレレンズが出てきたら、パープルフリンジ等がないこっちを選んじゃいそうです(とはいえF0.95の奥行き感は捨てがたいんですが)。

逆光に弱いオリンパスですが、そこのレビューがないのでまだしばらく様子見ですかね…。

ノクトンは開放だと歪曲だったり収差残しまくってて
唯一無二な(現代のレンズとしては)写りなので

好みで明るいレンズが選べるようになりますね

解放で使うのが前提ならF1.2PROの方が使いやすいのは確かでしょうね

F1.8を鉄道車両の形式写真撮影を絞り込んで使ってますが、
良いレンズと信じてF1.2PROも注文したけれど、私の使用状況
なら意味が無いのかな? 鉄道の撮影では意図しない限り、
絞り解放は使わないからな。娘を撮るにも反発し出したし。

m4/3でF2.8なら解放から良い画質は当たり前でなくては困りますが、F1.2で解放から良い画質というのは素晴らしいレンズだと思います。

FTのサンサーサイズの有利さをフルに出せるレンズですね。センサーが小さいからこそ開放から収差、歪み、周辺減光ガ小さいレンズがこのサイズで出来る,mFTの真骨頂ですね。
proシリーズ期待してしまいます!

開放での周辺画質や光量落ちの少なさはパナレンズに対して大きなアドバンテージですね。
購入したいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年11月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II の発表はNAB2017以降になる?」です。

次のブログ記事は「LEICA TL の新しいリーク画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る