DxOMarkにニコン105mm f/1.4E EDのスコアが掲載

DxOMark に、ニコンの大口径中望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」のスコアとレビューが掲載されています。

Nikon AF-S Nikkor 105mm F1.4E ED review 

 テスト機はD810  Nikon
105mm f/1.4E
Nikon Micro
105mm f/2.8G 
Nikon DC
105mm f/2D 
Nikon
85mm f/1.4G 
DxOMarkスコア 43 34 34 42
解像力 33P-Mpix 21P-Mpix 23P-Mpix 30P-Mpix
透過 1.7T 3.3T 2.1T 1.6T
歪曲 0.1% 0.2% 0.1% 0.2%
周辺光量落ち -2EV -1.7EV -1.5EV -1.8EV
色収差 3μm 7μm 2μm 7μm

  • 105mm f/1.4E は際立って良好な性能で、ニッコールレンズの中では、200mm f/2G VR II と並んでトップの性能だ。解像力は極めて高く、歪曲も少なく、色収差の補正も優れている。
  • 解像力は開放から高く、周辺部の解像力も素晴らしい。解像力のピークはF5.6~F8だ。反面、このレンズは周辺光量落ちがとても目立ち、絞っても周辺光量落ちが残る。透過のT1.7は「良い」と「素晴らしい」の間の評価だ。
  • 旧型のDC 105mm f/2Dやマクロの105mm f/2.8Gと比べると、105mm f/1.4Eの解像力は著しく高いレベルだ。
  • 85mm f/1.4Gとの比較では、85mm f/1.4Gは、解像力では105mm f/1.4Eに及ばず、開放時の解像力でも及ばない。これは、主に85mm f/1.4Gの周辺部の解像力が低いためだが、両者の解像力はとても近い。85mm f/1.4Gの弱点は解像力ではなく、倍率色収差が目立つことだ。この倍率色収差の問題は、105mm f/1.4Eでは回避されている。
  • 105mm f/1.4E は高性能だが、いくつかのトレードオフもあり、顕著に大きく重くなっている。85mm f/1.4は、サイズの点では魅力的だ。しかし、105mm f/1.4Eはより解像力の均一性に優れ、開放でさえ均一だ。そして色収差も少ない。

 

ニコンの105mm f/1.4Eは、ボケがとても綺麗で立体的な描写をするレンズですが、解像力や色収差、歪曲などの数値的な部分でも極めて優秀なレンズですね。

周辺光量落ちの大きさが指摘されていますが、それでも-2EVなので、105mmでF1.4の大口径レンズとしては許容範囲内と言ってよさそうです。このレンズは、ニッコールの看板レンズの1つになりそうですね。

2016年12月14日 | コメント(6)

コメント(6)

ニコン、いいレンズ作りましたね。他社ユーザーだけど、このレンズは正直うらやましい。

自分的には久々の神レンズです。周辺光量落ちも気になりません。

透過が1.7でもf/1.4と謳えるんですね。素人感覚ではf/1.8の方が近い気がしますが。。

F値は焦点距離を有効口径で割ったものだから、T値(透過)が1.7でも1.8でもF1.4のレンズはF1.4ですよ。

発売とほぼ同時に購入しましたが,手持ちの中望遠レンズでは200mmF2を買った時以来の驚きでした.数あるニコンのレンズでも絶対に手放せないレンズの1本になりました.

やめて〜!

買えないのに欲しくなる。

マイクロ105mm f/2.8G持ってるのに欲しくなるからっ!

こういったレンズと焦点距離の被りは痛いです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年12月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF16-35mm F2.8L III の実写サンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパスがOM-D E-M1 Mark II の供給不足を告知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る