LEICA M10の詳細スペック

軒下デジカメ情報局に、LEICA M10の詳細スペックと新しい画像が掲載されています。

ライカの「ライカM10」の特徴

  • ライカM10

    - M10のために特別に開発された2400万画素のフルサイズCMOSセンサー
    - 最新世代のイメージプロセッサー「LEICA MAESTRO II」
    - ISO 100~50,000のISO感度の範囲で設定可能
    - 2GBの内蔵メモリ
    - 最高5コマ/秒の高速連写
    - トップカバーにISOクリックダイヤルを搭載
    - トップカバーの奥行きがわずか33.75mmとこれまでのM型デジタルカメラの中では最もスリムなフォルム
    - 視界を30%広げ、ファインダー倍率を0.73に引き上げたほか、アイレリーフも50%大きく広げたファインダー
    - カメラ背面の操作部はジョイスティックと「プレイ」、「ライブビュー」、「メニュー」の3つのボタンのみ
    - メニュー項目を自由に選んで登録できる「マイカメラメニュー」を採用
    - Wi-Fi機能を内蔵
    - DNG形式のRAWファイルをダイレクトに送信可能
    - ライカM10をリモート操作することが可能
    - 電子ビューファインダー「ライカ ビゾフレックス」対応
    - サイズ:139 × 80 × 38.5 mm
    - 重さ:660g(バッテリー含む)
    - カラー:ブラッククローム、シルバークローム
    - 国内予約開始日:1月19日
    - 国内発売予定日:2月
    - 量販店価格:918,000円(税込)

 

LEICA M10のスペックは、これまでリークしていた情報通りで、スチルに特化してシンプルな操作系を採用したカメラに仕上がっているようですね。ファインダーの改善と薄型化されたボディは、多くのユーザーに歓迎されそうです。

Lieca_M10_silver_101.jpg

LeicaM10_silver_102.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから提供していただいたもので、元記事と一部異なっています。

2017年1月18日 | コメント(6)

コメント(6)

スチルに特化してくれたのはとても嬉しいです。
強いて書くなら、新設のISOダイヤルのギザギザが、ダイヤルの上だけでなく下まで覆ってた方が良かった気はしますが、まあ超些細な事です笑
改善されたファインダー、早く覗いてみたいですね。

Mの完成形といったところですね。
これは欲しい。

以前のブラックの画像ではISOダイヤルの形状が良く分からず、デザイン的に如何なものかと正直不安でした。しかし、シルバーでよく見ると、フィルム時代の巻き戻しクランクのようで格好いいですね。これは有りですね。

ADORAMAなど海外ショップではプレオーダー始まりましたね。
https://www.adorama.com/g/leica-m10
販売価格$6,595 + 送料$89.5なので、$1=114円として762,033円、6割相当の消費税36,578円を足して税込約80万円。
現在のM-P国内価格が、海外で$6,995、Mapで本体約95万円とライカジャパンレートは$1=135円くらいなので、同じなら税込で96万円くらいかな。こりゃぁ輸入だなぁ。

100万超えるかなーと思ってたんで85万(税抜)で買えるなら買いだ。一番心配だったトッププレートの素材が真鍮で安心した。残念なのは背面ガラスがゴリラガラスなこと…M240は自分が買ったあとにPが出てサファイアガラスになっちゃったから今回もそうなるのか。

M10が出るということは、次にはM11、12と続いていくということだと思うのでどの時点で購入するかよく考えないと。M10の1年後に48mpのM11が出たらM10買った人は悲しいよ。まあ1年後はないだろうけど。いずれにしろ「-P」が出るまでここは「待ち」かなあ。筐体が薄くなって写真特化は大歓迎だけどM9-Pユーザーの私にとっては考えどころです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年1月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムのコンバージョンレンズとマウントアダプターの画像と情報」です。

次のブログ記事は「EOS 6D Mark II は28MPセンサーとチルト式モニタを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る