タムロン10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLDは中央重視の設計

ePHOTOzine に、タムロンのAPS-C用の新しい広角ズーム「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)」のレビューが掲載されています。

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5 Di II VC HLD Review

  • ズームリングはスムーズに回転するが、より高価なレンズのような絹のように滑らかな感触ではない。フォーカスリングは、ズームリングよりもずっと滑らかに回転する。
  • AFは速い。
  • 新型には手ブレ補正が内蔵されているが、旧型と比べて鏡筒のサイズは変わっておらず、とてもコンパクトだ。
  • 解像力は、10mmの中央ではF3.5(開放)からF8で際立った値(outstanding)で、とても見事だ。隅はF3.5からF5.6でとても良好な値(very good)で、F8とF11では素晴らしい値(excellent)になる。

tamron_10-24vc_10mmMTF_001.jpg

  • 15mm では中央はF4(開放)からF8で際立った値(outstanding)で、隅はF4からF11でとても良好な値(very good)だ。
  • 20mmでも中央はF4.5(開放)からF8で際立った値(outstanding)で、隅はF4.5からF16まで良好な値(good)だ。
  • 24mmでは、中央は、F4.5(開放)では素晴らしい値(excellent)で、F5.6とF8では際立った値(outstanding)になる。隅はF4.5からF11でとても良好な値(very good)だ。

tamron_10-24vc_24mmMTF_001.jpg

  • このレンズの解像力は中央は極めて高いが、隅は後れを取っている。このレンズはあまり絞らない方が良好な性能で、絞り込むと甘くなる。
  • 色収差は、中央はズーム全域で驚くほど良好だ。隅は、いくらか色収差が見られるが、これは後処理で補正可能だ。
  • 逆光耐性は素晴らしく、逆光でもコントラストの低下や、フレア・ゴーストは見られない。
  • 歪曲は、10mmでは-3.35%のかなり大きなタル型で、24mmでは+1.30%の糸巻き型になる。この歪曲の値は、このような広角ズームとしては、とても良好だ。
  • ボケは不満のないもので、全体的にとても魅力的な描写だ。
  • VC(手ブレ補正)は、公称では4段分の効果だが、実際は、それ以上の効果があることが確認できた。
  • タムロン10-24mm F3.5-4.5 Di II VC HLDは、推薦に値する素晴らしいレンズだ。このレンズは中央重視の設計で、主要な被写体が中央付近にあれば、際立った解像力を楽しめるはずだ。しかし、絞りすぎないようにすれば、隅の解像力も良好だ。防塵防滴仕様で、価格もライバルと同程度だ。このレンズは、とても満足の行く結果の得られる汎用性に富んだ便利な広角ズームだ。
  • 良い点:際立った中央の解像力、中央の色収差の良好な補正、歪曲が少ない、フレアが出にくい、防塵防滴仕様。
  • 悪い点:隅の色収差が大きい、絞ると隅の解像力が低くなる。

 

解像力チャートでは、一見、隅の解像力が少し低めに見えますが、これは中央の解像力が高すぎるために隅が低く見えているだけで、実際は、隅も悪くはありませんね。ただ、20mmだけは、隅の解像力が若干落ち込むようです。

また、絞ったときの解像力の落ち込みが指摘されていますが、解像力チャートを見る限りではF11までは問題なく使えそうに見えます。あと、レビューで言われているように、ボケは広角ズームとしてはかなり綺麗ですね。

2017年3月 2日 | コメント(8)

コメント(8)

ニコンのDX10-24を使用していますが、
室内での使用が多いため、手ブレ補正はありがたいです。
入れ替えようか迷っております。

公表されている仕様では
★ニコン
 約82.5mm(最大径)×87mm(長さ)
 約460g
 0.24m(オートフォーカス時でズーム全域)、0.22m(マニュアルフォーカス時でズーム全域)

★タムロン
 最大径Φ83.6mm  長さ82.1mm (ニコン用)
 440g (ニコン用)
 0.24m

ほぼ同じ大きさ・仕様と言えるでしょうか。

あと、ニコンの10-24は15~16㎜以上で
FXでも使用できる裏技があるので
手放したくない気持ちもあります。
しばらく悩みます。。。

CPで付けさせていただきましたが、非常に欲しいと思った1本です。

タムロンも良いレンズ出しますね。欲しいけど、広角はFXで使いたいので悩みます。

タムロンもモデルチェンジごとにレンズが良くなりますね、
以前は性能も価格もそれなりでしたが、最近は、少し高くなっても
それに見合う性能アップで魅力的なレンズになっています。
シグマはCP+で10-20/3.5の新型については何もアナウンスがなかったので、
とても気になります、特に今回は超広角ズームにVCを付けたこと、
ボディ側での手振れ補正ができない機種にとっては
朗報です、価格も手ごろで一般ユーザのお財布にも優しいし、
コスパは高いと個人的には思います。
また、レンズが増えそうですねぇ・・・

Canonの「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」の両方を持っていますが、このレンズは、10-24mmの焦点距離とVC付きということで気になってます。少し重いようですが、この性能ですから納得かもしれませんね。

トキナの11-20と迷います。
太陽を入れた写真も星空も撮りたい。
トキナは逆光に弱いけど明るいし...
このタムロンは開放でも四隅がそこそこらしいので
星空行けそうな気もしますが・・・
どうしよう

電磁絞りを採用しているとの事ですが、ニコンD300には取り付けて使用できるのでしょうか?

>@あさっぴーさん
タムロン公式サイトに電磁絞りの対応機種一覧が掲載されていますよ。
http://www.tamron.jp/product/lenses/electromagnetic_diaphragm.html


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッセルブラッドがX1D用の4本の交換レンズの開発を発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがXF200mm F2(またはXF200mm F2.8)を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る