キヤノンが「EF-S 35mm F2.8 M IS STM」を4月5日に発表?[内容更新]

Canon Rumors に、キヤノンの新しいAPS-C用の単焦点レンズに関する噂の続報が掲載されています。

Canon EF-S 35mm f/2.8 M IS STM Coming April 5, 2017

  • キヤノンが、2017年4月5日にEF-S35mm F2.8 M IS STMを発表するだろう。今回の発表で、これまでにないことはレンズの名称に「M」が入っていることだ。この「M」が何を意味しているのか確証は無い。このレンズの発売日と価格は、現時点ではまだ分からない。
  • 以下は、「M」について私が考えたいくつかの思い付きだ。
    - マクロモード?
    - EOS Mとの互換性?
    - ライカが開発した?
  • 以下は「M」についての読者のアイディアだ。
    - Mは、EF-M28mm F3.5 ISから受け継いだLEDライト付きのマクロモードの印だろう
  • このレンズの焦点距離については、まだ若干間違っている可能性があるので、この噂には「CR3」を付けていない。しかし、我々は35mmであることを99%確信している。

 

以前から何度か噂が流れていたEF-Sレンズは、どうやらIS付きの35mm F2.8になる可能性が高いようです。このレンズは、35mm F2.8でAPS-C専用なので、小さくなりそうですが、ISが入っているのでパンケーキではなさそうです。

レンズ名の中に入っている「M」の文字の意味はよく分かりませんが、EOS Mとの互換性は他のEF-Sレンズも持っているので、マクロモードの方が可能性は高そうですね。

[追記] 噂の裏付けがとれたようで、元記事の信憑性がCR3(確実)になっています。

2017年3月15日 | コメント(41)

コメント(41)

せめてマクロが付いてないとEF-Sで35mmなんて売れないでしょうね

"M"の意味、とても気になりますね…
今回の単焦点はF2.8 isになると聞いて見送ろうかとも考えましたが、4月まで情報を待つことになるでしょう。
M=マクロ という考えが一般的のようですが、当初「新レンズはマクロではない」という情報ではなかったでしょうか?
私はフルサイズレンズの"L" APS-Cレンズの"M"説を推します!APS-C専用レンズで初の防塵防滴機能が付くのであればぜひ欲しいですね。

EF35mmF2 IS USMがあるのに同じ35mmでF2.8はどうなんでしょうか?

売れるかどうかは価格次第でしょうか
3万円切るような価格ならM用単焦点として考えても良いかな。

EF 35mm F2 IS USM の購入を考えていたところ。詳細を待ちます♪

APS-C専用とはいえ、EF35mm F2 IS USMがあるので、かなり価格をおさえないと厳しい気がします。

35mmでF2.8か…
もっと広角か、または開放F1.4~2.0くらいならよかったんですが。
STMとは言えIS付きだと価格も期待できそうにないですね。

本当にこのスペック通りだと実売で15,000円未満なら欲しいですが、
20,000円を超えるようだとちょっと考えてしまいます。
とは言え、これでAPS-C用の標準レンズが純正で発売されること自体は喜ばしいですね。
EF35mmF2.0ISよりは確実に安価でしょうし。

LレンズならぬMレンズですか。
全く新しい機能と聞いていたので、EF-Sレンズ初のマクロライト搭載かと思っていましたが、なかなか現実味が帯びてきた感じです。
STMという事ですのでフォーカス系の新機能では無さそうですね。ただ価格が張ってしまうと非常に微妙な位置付けになる気もします。
並行してKiss X9(X8?)の発表にも注目したいです。

ミラーアップ専用の後玉がセンサー付近まで伸びたレンズに、後玉を包むような筒(ミラーレス新マウントのマウントアダプタ)が付いたハイブリッドレンズ。

なんてことはないですよねぇ(^-^;

広角域のレンズということで期待していましたが、結果的に既存の単焦点と被るような画角なんですね。

Mの意味は気になりますが、広角単焦点を期待していたので、この噂通りなら少しガッカリです。

よっぽどのギミックか低価格じゃないと売れないように思います。
逆に言うなら、世に出る以上は商売になる代物…
気になるというか、楽しみというか。期待が持てそうです。

Mの28mmといいキヤノンは標準マクロ好きですよね
そんなに需要ないと思うのは自分だけでしょうか
EF-SでもMてもいいですからもっと明るいレンズが揃うといいですね

35mmマクロは、APS-C向けに標準画角が出せて、結構便利ですが、確かトキナーとペンタックスが出した以外、他社はなぜか出していませんでした。
キヤノンは50mmをディスコンにして以来、標準マクロが欠けていることもあり、マクロの線に期待します。

換算約50mmでF2.8というのは、今の時代の普通のレンズとしては考えにくいスペックなので、マクロなどの特殊なレンズだと思います。個人的には、伝聞の中で誰かがMacroをMと略してそれがそのまま伝わったというようなオチでは?と思います。

「M」がマクロの意じゃなかったとしてもAPS-C用で35mmでF2.8だとマクロ性能がなければ、そして相当安価か「M」が相当なギミックかでないと厳しいように思いますね。
キヤノンのことなので訴求力の高い自信のある何かを付加しているのだと思いますが、こういう噂はワクワクしますね。

値段はタムロンやシグマのF2.8標準ズームより安いくらいでしょうか?
EF-Sレンズは小型かつ軽量で、値段を考えれば画質もいいのですが、たまには目の醒めるような商品を出して欲しいですね。最近のキヤノン製品全般に言えますが....

マクロだとしたら、EF-M 28mmみたいにリングライト内蔵なのかも。それならそれなりに価値はあるのでは。私は35mm ISも100Lマクロも持ってるので、今更EF-Sのマクロレンズを買い増すつもりはありませんが。

F2.8がガッカリです。
ニコンの35mm F1.8みたいに、aps-cの単焦点標準レンズをなぜ出さないのか。
必要なのは、ビギナー向けのef-s30mm F1.8ISだったのでは?
写真文化を支えるために、キヤノンにはそこを抑えてほしかったところです。

たとえ等倍のマクロレンズではなくても
最大撮影倍率が0.3倍以上だったりすると
マクロライトが欲しくなりますね
寄れる35mmは自影とバトルですから

自分もF2.8にがっかりしてます
最低でもF2はないと売れないのては?

F2ならEF35mmF2ISがあるので、自分はF2.8で歓迎です。
思い切り小さくして欲しい。

画角もだけど、F2.8がガッカリ過ぎる・・・ 誰得スペックなのか?
Mはまあ無難にマクロでしょうねー。<これも面白くない
スペック的に 去年に出たEF-M28mm F3.5と同じような造り(プラマウント?)&価格帯で出るんじゃないか、と推測。10年前に出してたら それなりに売れたかもw
噂が事実なら、キヤノンはEF-S(APS-C)に露骨な差別化を図ってるとしか思えない。

キヤノンって、こういう出し方しますよね。
ef24の2年後にef-s24とか。

今の時点でef-sで2.8以下のレンズを出す気はないんじゃないんですかね。

買う人は、フルサイズのレンズを買うだろう。
ef-sのレンズはフルサイズのレンズを買わない人向けに作ろう。

そんな気がします。

もっと広角でパンケーキだと思ってたので残念です。
EF-S24mmと末永く付き合って行くとします。

せめてF2で出してほしいですね。

フルサイズの35mmとAPS-Cの35mmではサイズと価格的な差別化は可能かと思いますが。

F2.8でMの文字、標準マクロってことかな?
普通の単焦点なら、せめてF2くらいにはしてくるでしょうから、ほぼ確定でしょうね。

28MマクロだけのためにEOS-M買う予定だったので、30マクロだったら即買いですね。水族館の魚は手前にこないと水のためぼんやりしてしまうし、手前に来ると100マクロでは近すぎるし、これ最適です。

普通の単焦点ならEFレンズで揃えたいので、EF-Sの単焦点はもっと広角かパンケーキなら即購入なんですが、35mm F2.8のスペックだとガッカリですね。
あとは、謎の記号「M」が何を表しているかですが、リングライト付きのマクロだったとしても「過去にない機能」とはならないので、何かとんでもないギミックがあることを期待したいです。

明るいレンズはEFレンズで買ってねってことでしょうね。
個人的にはAPS-Cで40-50mm換算になるF1.4レンズとか出してほしいですけどね。EFレンズでもかまいませんが。

35ミリだとちょっと長すぎるんですよねー。しかもF1.4は高いし。。

マクロでしょう。
EOS M用のマクロ出してからかなり要望あったでしょうし。

メタルのMかな、と想像しました。

ペンタックスのリミテッドシリーズみたいな
金属鏡胴で質感や趣味性にこだわった新シリーズでは?

24mm より広角なレンズを期待していました
ので少し残念です。35mm は持ってますし。
Mは謎ですね。Lレンズの様な、新しい
シリーズ名でしょうか。

EF50mmコンパクトマクロのAPS版でしょうかね。
それなりに需要はあると思います。

マクロでしょうね
ついでにEF-S 60mmマクロにもIS付けてくれると嬉しいのですが

ま、ライト付きマクロレンズでしょうね。
換算50/2.8ってのは王道の数値ですよね。
等倍までいけるのでしょうか。

いわゆる撒き餌レンズなんでしょうね。
APS-C専用の単焦点で力を入れたレンズを作ったとしても、フルサイズ対応の単焦点と大差のない価格になってしまっては、それはそれで必要性を問われると思いますし。
35mmの場合、優秀なEF35mm F2 IS USMが5万円台半ばですから。

しかし「M」は分かり難いです。
マクロレンズならば「Macro」の表記でないとかえって分かり難いですし、何らかのシリーズ名にしても「Mレンズ」ではEF-Mレンズと混同します。レンズ名にあれやこれや詰め込むと長ったるくなるので、マクロモード付きという程度なら「M」はレンズ名に入れないでほしいです。

単に、Lの次の英文字の意味で、
Lレンズならぬ、Mレンズ。とか?

そうなら安易でやだな。

当然、マクロでしょう。キスなどのAPSC一眼を持って、街をブラブラしてる人は、海外には非常に多いです。そういう人達にとって、食べ物の写真をスマホよりもキレイに撮るのはとても重要なことなので、これは売れると思います。このような場合、換算100ミリのマクロは長すぎますし、もっと短くてもいいくらいです。

今までのレンズにないもの、って噂のやつですよね。

アダプター無しに一眼APSにもMにも付けられるレンズ、とか?

各社標準マクロに力入れてるね。
自撮りとかと一緒で最近の流行りなんかな

このレンズはX7持ちとしては気になるけどMはマクロかな?
ライカのMマウントレンズのオマージュとか無いかな?(笑)

M付きはAPSC換算で35になるとか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年3月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスKPのサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが究極のXシリーズのカメラを開発していることを確認?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る