シグマ500mm F4 DG OS HSM Sportsは開放から非常にシャープだがフォーカスシフトが問題

The Digital Picture.com に、シグマの超望遠単焦点レンズ「500mm F4 DG OS HSM Sports」のレビューが掲載されています。

Sigma 500mm f/4 DG OS HSM Sports Lens Review

  • 手ブレ補正は、1/50秒では一貫してシャープな画像が得られ、1/40でもまだ大部分の画像はシャープだった。1/30では止まっている画像とブレている画像が混ざっている状態で、1/10秒ではシャープな画像の割合は低かった。私の場合は、手ブレ補正の効果は、3段分から4段分の間だ。
  • 画質は、開放から隅々まで非常にシャープで、F5.6に絞るとわずかに解像力は改善する。隅の性能は、Sportsシリーズのレンズで差別化されている部分だが、このレンズも隅の描写はとても良好だ。
  • 絞るとフォーカスシフトが見られ、絞り込むに従って手前にピント位置が移動する。近接撮影では深度を稼ぐために絞り込むことがあり、この場合は、フォーカスシフトが問題になるだろう。屋外の撮影ではF5.6ではフォーカスシフトは気にならなかったが、F8の画像の多くは若干甘かった。
  • 周辺光量落ちは、開放ではフルサイズで1.5EV前後で時折気になるが、それほど大きいわけではない。F5.6では周辺光量落ちは半分になるが、F8でもまだ0.4EVの周辺光量落ちが残っている。
  • 倍率色収差は、若干見られるが、低いレベルだ。
  • 軸上色収差はある程度見られ、前ボケと後ボケでハイライト部分の色が変わっているのが見て取れるが、F5.6に絞ると大きく改善する。軸上色収差のサンプル画像(宝石の画像)でも、絞るとピント位置が移動する(フォーカスシフト)のが見て取れる。
  • 逆光耐性はとても良好で、フレアの量は比較的少ない。
  • 歪曲はごくわずかな糸巻き型で、これが気になる被写体はほとんど無いだろう。
  • 玉ボケは周辺部に同心円状のボケが見られるが、中央部分はとても滑らかに描写されている。
  • AFは非常に速い。AF精度は5Ds R では中央は正確だったが、周辺部は中央ほど安定しなかった。1D X Mark II では、全ての測距点で、より一貫性があった。動体追尾では、このレンズの合焦率は良好で、まずまずの結果だった。
  • フォーカスリングは極めて大きく、動きは非常に滑らかで、十分な重さがある。回転角は180度で、どの距離でも正確なピント合わせが可能だ。
  • 鏡筒は、軽量だが強度のあるマグネシウム合金製だ。鏡筒の造りは、プログレードの品質で、見た目も素晴らしい。
  • キヤノンのEF500mm F4L IS II との画質の比較では、キヤノンが若干有利でテレコン使用時にはこの差が広がる。大きな違いはフォーカシングで、フォーカスシフトの問題と、キヤノンがAF精度で優っている点を考慮する必要があるだろう。
  • このレンズは実に素晴らしいレンズで、鏡筒の造りはミリタリーグレードだ。画質は見開きや大伸ばしにも対応する。しかし、フォーカスシフトの問題がいくらか見られる。

 

シグマの500mm F4 Sports は、開放から非常にシャープで、申し分の無い画質という印象ですが、フォーカスシフトの問題が指摘されていて、実写では、絞り込むと甘い写真が多くなると述べられているのは少々気になるところですね。

2017年3月18日 | コメント(8)

コメント(8)

フォーカスシフトって電子的に補正出来ないんですかねぇ?
シグマならUSB DOCKで距離ごとのピント調整出来るけど、そこに絞りの数字も追加するような感じで、別にボディのほうでやってもいいんですが
このレンズに限らずせっかく良いレンズでもフォーカスシフト発生するのは使いにくいですよね

フォーカスシフトは意外でした。。。
テレコンの部分は難しいな。。。
ニコンのIII型でも差は大きそう。。。

たしかフォーカスシフトは球面収差による現象ですよね

後ボケが固いので過剰補正になっていて収差量も多めなのかもしれませんね

ピンポイントに焦点が合って欲しい事が多い超望遠でフォーカスシフトは困りますね。絞る場合はAF微調整でずらすしかないでしょうか?

芳しくない話題で、心穏やかではいられず、先ほど試し撮りをしました。
MFで合わせてから解放からF11まで、50m、30m、10mそれぞれ撮ってみたのですが、当方の個体では顕著な例はありませんでした。
それよりも、この手の大砲って、絞ってつかうもの?
ぼくは、1絞り以上絞った記憶は思い出せない。(設定ミスはよくやります)

比較対象がキヤノンII型なので、価格なりの差が出てしまったということですかね。
キヤノンは現行ですが、そこそこ年数経ってるので解像力はシグマが上かと思ってたので意外ではありました。
300/2.8待ちなので、こちらはもっと上を期待したいです。

確かに絞って使わない類のレンズではありますね。
解放からキレキレなレンズ多いですし、テレコンでも使わなければ、
あえて絞ったりしないかな。
ただそれとは別に個体差の問題でないなら、期待していた分、ちょっと残念ですね。

ちょうど購入予定だったのでシグマに相談してみたのですが、フォーカスシフトについては

・フォーカスシフトの原因となる球面収差が全く無いレンズは無く、当レンズが特別にそのフォーカスシフトが大きいというわけではございません。当レンズは非常に解像力が高く、そのため僅かなフォーカスシフトでも影響が出る可能性がございます。

とのこと。

引用元レビューでも「非常に近い被写体を絞りを絞って撮影する時に問題になり~」とのことなので特殊な条件での問題ですかね。

普通に撮る距離だと被写界深度の範囲内で影響がないとのことですし、レビューのサンプルも100%トリミングでの比較のようです。
このレンズで超近距離の被写体を絞って撮って等倍トリミングするか?というと・・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「焦点工房がFマウントレンズ→Xマウント用のレデューサー入りマウントアダプターを発売」です。

次のブログ記事は「ソニーFE28-70mm F3.5-5.6 OSSは高画素機で使うには力不足」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る