富士フイルムGFXとライバルとの画質の比較レビュー

dpreview の比較ツールに富士フイルムGFX 50S のデータが追加され、645Zや5DsR、α7R II との画質の比較レビューが掲載されています。

Fujifilm GFX 50S added to our studio test scene

  • GFX 50S の解像力は素晴らしいが、とは言うものの、EOS 5Ds Rも同じようによく解像している。4機種のカメラ(GFX、5Ds R、645Z、α7R II)全てで、細かい部分にモアレが見られる。
  • 高感度ノイズに関しては、GFX 50S は645Zとかなり近い性能で、センサーサイズから予想された通り5Ds Rよりも良好だ。しかし、裏面照射型センサーを採用するα7R II は中判センサーとの高感度ノイズの差を縮めている。
  • GFXのJPEGの画質は、発色は明るくパンチがあり、空の色と肌の色の双方が良好に再現されており、Xシリーズのカメラと同じくらい好ましいものだ。デフォルトのシャープネスはかなり強いが、これは細部のディテールを強調するには効果的で、あまり副作用もなく、ディテールのレベルでライバルをリードしている。
  • 同様にノイズリダクションも、ノイズの抑制とディテールの維持のバランスに優れており、最高感度の設定でも十分に実用になる。富士フイルムが、GFXの最高感度をISO12800で抑えているのが奇妙に思える。
  • ダイナミックレンジのテストでは、このセンサーが非常に良いセンサーであることを示唆しているが、ラチチュードのテストでは、D810より若干良い性能に過ぎなかった。

 

dpreviewのスタジオシーンでは、RAWでは、GFXと645Zの差はあまり見られず、35mmのフルサイズ機と比較しても低感度では意外と差は小さいという印象です。

ただ、JPEGになると、GFXは他の機種よりもノイズが少なく、かつ解像感も高いので、かなり差が広がるように感じます。GFXのJPEGは、とても見栄えがしますね。

2017年3月14日 | コメント(16)

コメント(16)

富士フイルムはJPEGでの画作りが上手いですよね。
これはXシリーズにも言えて見栄えがよく、フィルム時代からのノウハウが画像処理に生かされているように思います。
ただRAWだとセンサーの地の性能が肝なので、あまり差が出てこないといった印象ですね。

サイズや画素数が値段も違う機種がライバルといえるのかは別として、やはり大きいセンサーと高画素だと解像感が違いますね
スチルカメラは一体どこまで解像度を向上させていくのでしょうかね。

富士のJPEGは相変わらず素晴らしいですね。PENTAXのJPEGも相変わらずもったいない。

皆さん、富士のJPEGの評価が高いようですが、ここまでコテコテだと被写体によっては使い辛い気がします。
個人的にはシャドウ部の諧調がもっと欲しいかな。

等倍鑑賞での解像感であれば、最終的にローパスフィルターレスのベイヤーセンサーはどれも似たような所に落ち着くんじゃないでしょうか。
センサーが大きいので画像そのものは大きくなるのですが…。

なるほど やはり中判デジタルは凄いですね
カーソルを移動させて 色の部分で比べると
富士フイルムとPENTAXは安定した色乗りですね
右上や左下の ふさふさした草?みたいな部分に合わすと
諧調たる懐の深さが 際立って見えます

また注意深く見ると ふさふさの草?では
富士フイルムとPENTAXは似たような色乗りですが
女性の頬にカーソルを移動させると
人物だと これまた各社 違った色乗りですね
4社どれが優れているのか? ここら辺になると
自分が普段 何を撮るか?で 好みがわかれそうですね

フクロウさんへ
こちらの環境では、どの機種も問題なく羽根の部分の画像が表示されています。

むしろSONYのJPEGで撮った人物描写のリアルさに驚きました。
Fujiはちょっと、ケバいですね…

四隅は、そんなに解像していないように見えます。

フィルム時代の中判と比べて、35mm判とのサイズ差はかなり小さいので、サイズなりの順当な結果だと思います。
ただ、JPEGは独特の色味で、好き嫌いはあるにせよ人によってはGFXを選択する大きな理由になり得ますね。

JPEGの画質差はRAWのレタッチ耐性と高い相関があると思いますので、やはりセンサーサイズがそのまま画質差に繋がっているな、という印象を持ちました。

ダイナミックレンジに一番期待していたんですがそこはそれほどでもないのですね。もちろん基本性能が素晴らしくはあるのですが…

こういうての話、すごくシビアではあるけど、様々なシーンでのデーター欲しいですね!
他のカメラとの比較など、私にはできないですが、じゃぁ取っ替え引っ替え出来るものでもありません。
今日は、GFX初めて撮影しました。ニコンのフルサイズでも撮りました。
野草の葉、JPGの緑が綺麗なのは富士でした。

四隅は645Zのほうが若干良い感じに見えます。
フランジバックが長いと、中心と四隅の均質性には有利なのかな

645ZからGFX使っていますが、まさにこの通り。ほとんど差を感じませんでした。このテストでは645Zのレンズはハーフマクロの90mmを使っているようですので、あのレンズはやっぱりいいですね。

有珠場景老さんへ
ご指摘ありがとうございます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス12-100mm F4 PRO と12-40mm F2.8 PRO の比較レビュー」です。

次のブログ記事は「ペンタックスKPのサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る