キヤノンが近日中にPowerShot SX60 HS 後継機(SX70 HS?)を発表?

Canon Rumors に、キヤノンの高倍率ズームの新型PowerShotに関する噂が掲載されています。

PowerShot SX60 HS Replacement Finally Coming? [CR1]

  •  SX60 HSの後継機がついに登場する? 新しいPowerShot SXが、比較的近いうちに発表されるという話を聞いている。このカメラがPowerShot SX60 HS の後継機であることに期待している。詳細がわかり次第、伝えたい。
  • 新しいEF-S 35mm F2.8 Macro IS STM は、2017年4月5日(あなたの住んでいる地域にもよるが)に発表されるだろう。そして、新しいPowerShotもこの日に発表されると考えるのが理に適っていると思われる。

 

高倍率ズーム機のPowerShot SX60 HS が登場したのは2014年なので、そろそろ後継機が登場しても不思議はありませんね。

超高倍率ズームのコンデジでは、ニコンがP900で換算2000mmを実現していますが、キヤノンも対抗してレンズの望遠端を伸ばしていくるのでしょうか。

あと、以前から噂が流れているEF-S35mm F2.8 は、当初の噂では型番に「M」という謎の文字が入っていましたが、結局、これまでのマクロレンズと同様に「Macro」の文字が入るようですね。

2017年3月26日 | コメント(8)

コメント(8)

SX40HSで鳥屋を始めたモノです。
手持ちで満足な絵が得られないのならテレ端は伸ばさなくてもいいと思います。
キヤノンのコンデジやミラーレスはAFが最重要課題ではないでしょうか。
焦点距離よりも早いフォーカスと追従性に力を入れて欲しいですね。
あと、ライバルのP900はいくら2000mm相当といっても大き過ぎと感じています。


  SX50HS 50X  24X50=1200㎜
  SX65HS 60X  21X65=1650㎜
  SX70HS 70X  21X100=2100㎜ 
  
  50,60と使ってきました。70は100Xとの噂がありますし
  パテントも出ているのでズバリ2100㎜ではないでしょうか?
  これは望遠に特化したものと考えるべきかも・・・!

キヤノンが商売上手なことを考えれば100倍というフレーズを掲げる機種をいずれ出すだろうと予想してました。実用性が伴っていると良いのですが・・・

鳥撮りでSX60HSとP900同時に使用してました。SX60HSの焦点距離ではP900の方が良く写ると思ってましたので、SX60HSは手放してしまいました。ただ超望遠では取り扱いをシビアに行わないと綺麗に撮れないのはどれも同じと思ってます。普段使いでたまに望遠みたいな使い方なら全く問題ないですけどね。
個人的には、600mm相当位で良いのでセンサーを1/1.7にしてEVFをもう少し見やすくしてもらえたらとても嬉しいです。
そう、STYLUS1sを600mmまで伸ばしたみたいなやつ!1インチセンサー機は高いので。

「望遠域は高倍率ズームでもいいかな」とおもうときがあるんですよね。
いまバイクや車イベント用にデジイチ二台体制ですが、超広角と標準単焦点で、望遠域は予備レンズとして持っていきますが人混みの中で交換とかピーカン屋外人混みではモワッと曇ることあるしそれに面倒だしで。
SX70HSは万能感の仕様でしょうけれど、それとは別に性能重視の換算70mm〜1200mmくらいの高倍率コンデジ出してくれないかなぁ。もちろんEVF付きで。

DPPが使えるCanonは魅力的なのですが、動体AFはパナが3枚くらい上でした。
AFが向上していたら迷わなくなるんですが…。

キヤノンの高倍率機を使ってきましたけど、画素数が増えて、ズーム倍率が増えて、AFが遅く迷うようになって、使わなくなりました。夕方や室内だと、新型になって画質が下がる時も多くて。

パナの1インチはかなり大きいし、ニコンDLは中止だし。ニコン1でもいいんですけど、超望遠レンズだけ飛びぬけて高価で、標準レンズは中途半端に貧弱だし。

1/1.7とか、2/3あたりで、明るくて写りの良いレンズで、換算600mmくらいで、AFが早くて、遅れの少ないEVF内蔵というのを、期待しても無理かな。手頃な大きさ重さで、手頃な値段で、画質もある程度となると。。。売れそうもないですものね。

SX60HSを使用中です。改善希望点としては、
(1)アイセンサーの搭載
(2)EVFの解像度アップ
(3)ワンタッチでピントを無限遠にできるようにする。
の3点です。
多少高くなってもいいので、実現してほしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年3月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外の認証機関に登録されている未発表機種の一覧」です。

次のブログ記事は「ソニーが認証機関に登録したカメラは確実にハイエンドEマウント機?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る