キヤノンが次に発表するレンズはEF85mm F1.4L IS?

Canon Rumors に、キヤノンから次に登場する交換レンズやNABの新製品などに関する噂が掲載されています。

The Next Lens from Canon & NAB Announcements

  • 次に発表されるEFレンズは、EF85mm F1.4L ISになるだろう。このレンズは、第2四半期か第3四半期の早い時期に発表されると考えており、我々は近日中に発表日を明確にしたいと思っている。

    EF85mm F1.4L IS は、EF85mm F1.2Lの後継機ではなく、EF85mm F1.2Lも引き続き販売される。

    数週間後のNABに関しては、4月20日前後に発表があると予想している。Cinema EOS用の単焦点レンズは登場しないが、代わりにシネマ用のズームレンズが登場すると聞いている。

    唯一確実に分かっているのは、4月20日前後に、EOS 5D Mark IVの大きな新ファームが発表されるということだ。まだ、絶対確実な裏付けは得られていないが、以前に報告したアップデートの内容は100%筋の通ったものだ。

    新しいCinema EOS のボディは登場するが、以前に報告したように、NABでは発表されず、今年の後半に発表されるだろう。わずかしかない情報から判断するなら、このカメラはベイビーC300 Mark II になる。ことによるとCinema EOS C200だろうか?


    EOS 6D Mark II に関しては、まだ静まり返っているが、近日中に間違いなく騒がしくなると予想している。

 

EF85mm F1.4L IS はEF85mm F1.2Lの後継機ではなく、F1.2Lも併売されるということですが、F1.2Lの後継機もいずれ出てくるのかどうか気になるところです。

NABの発表では、5D Mark IVの動画機能を大幅に拡張すると言われている新ファームが注目を集めそうですね。

2017年4月 9日 | コメント(14)

コメント(14)

本当にキヤノンは商売上手ですね。
シグマとガチ勝負で負けてもISで選ぶという選択肢が残っているし、既存の1.2はリニューアル無しに1.2という存在価値で、ラインナップ上で共存できます。

ここはぜひもうひとつ、寄れるという要素を追加して欲しいですね。
寄れる85単はタムロンも達成できていない未踏の領域だと思うので。

先日も噂がありましたよね。だからEF85mm F1.2Lを手放して新型発表を待っていました…が、後継機ではないんですかね?

EF85mm F1.2Lはもちろんすごいレンズなんですが自分には少し難しかったです。

EF 85 F1.4L IS お待ちしていました!
15万円くらいだと即決できるのですが、甘いですよね。
せめて20万は切ってほしい。。。

F1.2でないとは残念です。
そこがキヤノンの価値だと思っていたので。

ツァイスやシグマに本気で挑むにはサイズ的にも光学性能的にもISは大きな障害になりそうですが…
性能はそこそこにIS付きの利便性を取ってコンパクトな設計に、ツァイスやシグマにはF1.2後継でぶつかり合うのか。
それとも何か手ぶれ補正に関する技術を新たに開発したのでしょうか。
もし後者だとすると他社からすると恐ろしい存在になりそうでユーザーとすると楽しくなりそうなのですが。

F1.2にISを載せても大きさや重さで実用性が損なわれそうですからいい判断だと思います
5DsRでF1.2を使用していますが性能的に不足はないなので
更なる高画素機が登場するまでこちらのリニューアルの必要はないように思います

EF85mmF1.2IIは三脚固定か自前フォーカスブラケティングで保険をかけなければ
開放で合焦させられなかったので、開放F1.4は比較的好意的に受け止めています
ただ…やはり単焦点なので、ISを付けるなら描写力に全振りして欲しかったです
それにしても楽しみです

本当にIS付くんですかねぇ?
画質追求するL単にはISは邪魔になると思うので
F1.8にIS付ければ良いだけのような

85mm F1.2Ⅱは所有していますが重いのが辛いのでF1.8ISでも良いので軽量コンパクト。ハンドリングの良いレンズが嬉しいです。

24/2.8等のIS化に倣うとすれば、現85/1.8をディスコンにして
リニューアルは消えたということでしょうかね。
期待とガッカリ(装備重量視点で)が半々な気持ちです。

クラシック枠のF1.8、ド級スペック枠のF1.2の間を取ったラインナップとしてのF1.4に期待です。
お値段は量販店価格9万~10万と少しくらいが理想でしょうか?

EF85mm F1.4L ISがEF85mm F1.2Lの後継機ではないという話ですが、F1.2はキヤノンの個性だと思っているのでラインナップに残るのが本当なら嬉しいです。
EF85mm F1.2Lの後継機にはISは搭載せず、画質とボケ味を重視の究極レンズを希望します。(大きさ・重さ・価格がどうなってもどうせ買います)

EOS6Dですが、先週末広島市内のカメラ店で、「生産終了のため特別価格」と貼られているのを見かけました。何の裏も取っていませんが、後継機の発表が近いのかもしれません。

キヤノンだから1.2、1.2だからキヤノンと思ってます。1.2LⅡはずっと愛用しています。ピントリングは「50/1.2Lくらいの重さ」といって、スカスカピントリングをSSで改造してもらいました。ただ、AFはあまり使わないので、また、このレンズの時は、殆んど三脚使用してます。1.4Lはフォーカスが多分、IFでしょうね。AFスピードを重視してくると思います。1.2LⅡはあまりにも遅いので。IS 1.4Lは見てから考えます。他の皆様もおっしゃってますが、ISは1.4では無く、1.8の考えに賛同いたします。1.4でIS付けて、1.2LⅡより更に重いとなると、シャレにもならないと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年4月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーはAマウントとEマウントの両方を必要としている」です。

次のブログ記事は「D810の後継機はD850ではなくD820?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る