タムロンSP70-200mm F/2.8 Di VC USD G2はズーム全域でとても良好な解像力

LensRentals に、タムロンの望遠レンズ「SP70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)」の解像力の比較テストが掲載されています。

MTF Lens Tests of the New Tamron 70-200 f/2.8 SP Di VC USD G2

  • MTFは、いつものように10本のレンズによるテストの平均値だ。
  • タムロン70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(70mm):このレンズは、隅まで解像力が落ちないことに感心した。通常、ズームは隅の解像力が落ちるものだが、タムロンのこのレンズは落ちない。非点収差はいくらか見られるが深刻なものではない。
  • タムロン70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(135mm):70-200mmのズームは中間域が弱いものが多いが、タムロンは135mmでは70mmよりも更に解像力が高い。非点収差も70mmより少ない。
  • タムロン70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(200mm):200mmでは若干解像力が低下し、70mmと同程度になるが、それでもなお、とても良好だ。全体として、このレンズのMTFは素晴らしく、非常に良好な性能だ。
  • キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II との比較(70mm):中央はキヤノンが明らかに良好で、特に高周波(細部のディテール)では良好だ。しかし、周辺部では、タムロンはキヤノンに追い付き、隅ではタムロンの方が良好になる。
  • キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II との比較(135mm):キヤノンとの比較では互角だ。隅ではタムロンがわずかに優っているが、それ以外では、ほとんど差はない。
  • キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II との比較(200mm):135mmとほとんど同じ状況で、中央は互角で、隅はタムロンがわずかに良好だ。(図は左がタムロン、右がキヤノン)

tamron70-200_canon_comp_001.jpg

  • ニコン70-200mm f/2.8E FL ED VR との比較(70mm):70mmではニコンが良好だ。
  • ニコン70-200mm f/2.8E FL ED VR との比較(135mm):135mmは、中央は大きな差があり、特に高周波(細部のディテール)でニコンが優っている。しかし、隅ではタムロンが優っている。
  • ニコン70-200mm f/2.8E FL ED VR との比較(200mm):200mmでは、ニコンが若干優れているが、非常に近い結果だ。(図は左がタムロン、右がニコン)

tamron70-200_nikon_comp_001.jpg

  • タムロンの70-200mm F/2.8 G2 はMTFの点では、キヤノンの70-200mm F2.8L IS II やニコンの70-200mm f/2.8G VR II (旧型)と同程度の性能だが、ニコンの70-200mm f/2.8E FL ED VR(新型)ほど良くは無い。もし、あなたが70-200mm F2.8のズームを探していて、純正が高すぎると思うなら、タムロンは検討する価値があるだろう。

 

タムロンの新型の70-200mm F2.8 は、ズーム全域で高い解像力を維持しており、とても優秀なレンズという印象です。純正との比較では、ニコンの最新型には若干及ばないようですが、キヤノンとは同等の性能で、価格を考えるととても魅力的な選択肢になりそうです。

2017年4月14日 | コメント(9)

コメント(9)

凄いですねぇ
あとはボケと逆光耐性とかの比較も見てみたい

D7100で使用しています。
AFもスッときまり、開放時のボケもごくわずかのクセはあるかもしれませんが非常に気に入っています。

ニコンは持っていたので性能がすごく良いのを知っていたのですが、
タムロンの前モデルでも結構健闘していたのを記憶していますので
納得です。

ずいぶんハイレベルな戦いですね。ドングリの背比べならぬキリンの背比べという感じ。たぶん実写では違いがわからないでしょうね、私には。

AFの性能さえ良ければ検討の余地ありですね。
EFの70-200IIは高性能で
全域単焦点とも言われていましたが
5000万画素時代になるとさすがに
「全域単焦点」とも言えなくなりました。

サードパーティの頑張りが
純正の更新を急がせるなら
どんどん頑張って欲しいですね。

 もはやレンズ本体の基本光学性能は、
レンズメーカー製でもう充分、
純正と競えるレベルになったとは思います。

 後は、
1.AF速度の性能
2.手振れ補正の性能
3.フォーカスシフトの有無
4.実効F値問題やAFのピント精度等の挙動安定性の問題
5.使い勝手・操作感等の撮影者の感性の部分の問題
6.製造ロットによるバラツキや耐久性の問題
7.過去・将来における動作保証対象機種等の、
  品質保証体制問題

等が、
「純正と較べてどうか?」
という事になるかと思います。

旧型のA009をD810で使用しています。公式サイトを見てみると新型と殆ど変わらない光学系(二群の凹レンズの硝材がLDガラスに変更となり、四群のLDガラスの厚みが僅かに変更)ですが、開放から3600万画素にも十分耐える良好な解像力を発揮するレンズです。また、日の入り前の暗がりで旋回する鷹を狙った事もありましたがAF-Cモードでのピントの食いつきはあくまで私の感覚ですが十分なほどでした。手ぶれ補正も良好です。それでいて純正の半額以下の10万円を切るコストパフォーマンスです。等倍画像を穴が開くほど見比べなければ分からないような解像力の違いと、一部のプロでなければ必要の無いAF性能や防塵防滴性能の為に、2倍以上の金額を払って純正を選択する意味を考えさせられるレンズだと思います。

中間域の周辺だけとはいえ最新の純正を一部で上回っているのは凄いですね
おそらく純正の100周年モデルを買ってしまいますが、シグマがこのカテゴリでこの先どう出てくるか楽しみです

5d4で使っていますがとても良いレンズだと感じます
AFはそこそこ速く合焦した際の解像力は素晴らしいです
タムロンG2シリーズは落ち着いた高級感のあるデザインなのでとても気に入っています


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年4月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来週の各社の新製品発表に関するまとめが掲載」です。

次のブログ記事は「富士フイルムの究極のXシリーズのカメラの価格は2000~3000ドル?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る