パナソニック8-18mm F2.8-4 はズーム全域で際立った画質

Photography Blog に、パナソニックの広角ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4 ASPH」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Vario-Elmarit 8-18mm f/2.8-4.0 ASPH Review

  • このレンズの全長は88mm、重さはわずか315グラムで、このような明るい超広角ズームとしては、意外に小さく軽量だ。ズーミングはインナーズームで、鏡筒は繰り出さない。フィルターは、67mmのものが取り付けられる。
  • フォーカスリングはバイワイヤ(モーター駆動)で、とても自然な感触だ。
  • AFは静かなので、動画には最適だ。AF速度は、G8との組み合わせでは非常に速い。
  • 色収差の問題は見られない。周辺光量落ちは、8mmの開放ではいくらか見られるが、それほど強いものではない。歪曲は、8mmではタル型が目立つ。
  • 逆光では、太陽を直接画面に入れた場合はフレアが出やすい。
  • ボケは、少なくとも我々の意見としては、とても素晴らしいものだった。
  • 8mmの解像力はF4からF11では、中央から隅まで素晴らしいが、F16からは解像力が低下し始める(10mm、12mmでも同様の結果)。18mmでは、F5.6からF11で中央から隅まで素晴らしい解像力だが、F16からは解像力が低下する。解像力は、開放ではわずかに低下する。
  • このレンズは小型軽量で、画質はズーム全域で際立っているが、望遠端は開放では若干甘いので、ベストの結果を得るには絞った方がいいだろう。広角端で歪曲がいくらか見られるのと、太陽を画面に入れるとフレアが出ること以外は、全域で画面の隅まで最高の画質だ。鏡筒の造りも良く、防塵防滴も嬉しい仕様だ。スチルと動画の両方を撮る人には、作動音が全くしないことと、汎用性の高い広角のズーム域で人気を得るだろう。

 

8-18mm F2.8-4は、超広角ズームにもかかわらず画面の隅までとてもシャープで、かなり優秀なレンズのようですね。サンプルでは、遠景はどの焦点距離でも細かい部分まで解像していて、風景は得意そうです。

このレンズは、パナソニックの7-14mm F4やオリンパスの7-14mm F2.8と異なり、フィルターが使えるのが嬉しい仕様ですね。

2017年5月18日 | コメント(7)

コメント(7)

広角域での1mmの差は思いのほか大きいですが、それでもフィルターが付けられること広角端でF2.8の明るさなこと解像力が高いこと防塵防滴なこと超広角ズームとしては小型軽量なこと等、かなり優秀で汎用性が高いように思います。
写真でも動画でも使ってみたくなるレンズですね。

私も1mmの差はとても大きいと感じていますが、フィルターが使えて重量がパナ7-14mmとほとんど変わらないとなると、触手が伸びますね。
これでオリンパスで変なフレアとかが出なければ、パナ7-14から即買換え決定なのですが・・・

既に心揺れ動いていたけれど、このニュース見て確信。買うしかないね、と。今からYカメラ直行。
もともとP社を侮っていたのに、今やO社以上のレンズ、ボディ保有している自分が不思議。

7-14mmも持っていますが、望遠端の換算28mmがいつも物足りないと感じていました。こちらは換算36mmまであるので、旅行で広角側は風景・屋内撮り、望遠側は人物記念撮影にと幅広く使えるので、これ1本でほとんど万能旅レンズになりそうです。

厳密にはインナーズームではないですよね。全長変化はしませんが、7-14mmのように鏡胴内で前玉が動きます。
フィルターが使用できるのもメリットですが、超広角ズームにありがちな2倍(8-16mm)ではなく、テレ側が18mmまでカバーしているのもさりげなく使い勝手が良さそうです。たかが2mm、されど2mm。
広角は永らくオリンパスの9-18mmを愛用してきましたが、これはリプレイスするしかないかなあ。この勢いで6-12mm/F4とかも出してくれませんかね。

いいレンズですね。これ
オリンパスの9-18mm使っていますが、欲しくなってきました
機能的に不満はないのですが、古くなってしまったデザイン、ニョキニョキ伸びる鏡胴がちょっと
あとちょっと広角欲しいけど、出目金に行くほどではないという層にピッタリ

フィルム時代、当時超広角ズームの名品と言われたキヤノンFD20−35mmF3.5を買いました。

実際に素晴らしい写りだったのですが、20mmという焦点距離、私には使いこなせず、歪んだ写真を量産しただけでした。

寧ろ、このレンズも少し広角側を狭めることで、フィルターが使えたり、望遠側が18mmまで広がったり、様々な恩恵が出ているので、非常に魅力的ですね。

フィルターが使えず、あの巨大な前玉というのは、正直気になるので・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年5月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「FE12-24mm F4 G」と「FE16-35mm F2.8 GM」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニー「FE12-24mm F4 G」と「FE16-35mm F2.8 GM」の実写サンプル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る