ソニーが新型コンパクトカメラの登場を示唆するティーザー画像を公開

SonyAlphaRumors で、中国のソニーが掲載したティーザー画像が紹介されています。

(SR5) Sony China teases a new "compact camera" launch!

  • 今週か来週に、更にもう1つのソニーの発表が行われることになるだろう。中国のソニーが、新型カメラを明確に示唆するティーザー画像を掲載している(新型機はおそらくRXシリーズだ)。覚えてない人のために言っておくと、画像の最初の2台のカメラはソニーの「DSC-F1」だ。このカメラの特有の機能は、レンズとフラッシュが180度回転できることだ。

    スペックに関する情報はまだ無いが、ティーザー画像から次のことが予想できる。

    - 完全に新しいRXシリーズの機種で既存のカメラの後継機ではないかもしれない。
    - 新しいハイエンドコンパクトカメラ(自撮り用のRX?)かもしれない。

    しかし、実際、このティーザー画像の意味は完全には分からない。

sony_teaser_20170529.jpgティーザー画像では、DSC-F1の画像の後に「What's the next?(次は何?)」と記載されているので、新製品はレンズ部可動式のコンパクトカメラなのでしょうか。

現在では、自撮り用のカメラは、モニタを動かす方式が主流ですが、レンズ側を回転させるタイプの自撮り対応カメラが登場するのでしょうかね。

2017年5月29日 | コメント(19)

コメント(19)

画像の最初はDSC-F1じゃなくてマビカですね

往年のDSC-F707みたいなカタチだったらいいな。
あのカタチでRX10(かAX100)の後継機か派生機を作って欲しい。

リコーのTHETAみたいなVRとかでしょうかね?

常識的に考えれば,RX100M5のAFを載っけたRX10M4でしょうけど。
ながらくF717を愛用していた身としては,スイバル機に期待です。
ホントに使いやすいんだよ!

もし自撮りを重視したコンデジというのであれば、中国専売モデルの可能性もありますね。
数年前にも曲面センサーを使用した?ちょっとお高い自撮り用カメラを中国で出しましたよね。

下段がフルサイズ兄弟ですね。
意味がないとは思えません

フルサイズのスバイル機?
分離モニター付きQX?

これでレンズ交換式Xperia出てきたら
相当なサプライズですがw


今まで市場にない新しいタイプのカメラということでしょうかね?
でもそれですとRX100が入ってないのはおかしいですね

上段の系譜の商品で、下段のRX1→a7→a9の流れに相当する様なものが登場するということでしょうか?
私もQXとかXperiaとかそういうのが思い浮かびました。

もしくはカシオのFR100の様な分離式の。

RX10Ⅲの後継機(もしくは新ラインのカメラ)はキヤノンのビデオカメラXC10のようにグリップが可動する機構になり、更に1インチ(もしくはフルサイズ)の曲面センサーが採用されていたりしたら興味を引かれますね。

いよいよ湾曲センサーの登場かもですね。
今後レンズ固定式は湾曲センサーがスタンダードになるかもしれません。
そうなると固定式の優位点が明確になります。

このノリだと画質面より形状に凝ったものが出てきそうな予感がしますね。

ソニーのサイバーショットの原点で名機だったFシリーズの後継機が出るなら欲しい(≧∇≦)b

707とか717なんて当時は高嶺の花過ぎて買えなかったよ。

最先端のスペックで復刻してくれたら、迷わず購入する。

中国のソニーが、と言うのが気になります
中国ではセルフィーが人気ということで以前も自撮りカメラを中国限定で販売してたような
F1みたいのが出る気はしますがRXシリーズでは無さそう

上段はコンパクト、下段はフルサイズセンサー。
上段も下段も、右に行くほどズーム倍率が高くなっている。
ということはパナのTX1の対抗機?

マビカ,DSC-F1と同じくらい画期的なものと考えると

ドローン一体型全天球カメラくらいしか思いつかない。

yhila さんに一票! 1 型センサーの中央部だけクロップして利用した、200g 少々の 10 倍ズーム機がなんてどうでしょう!

曲面センサーを2つ使った全天球カメラなど画期的ではないですかね?
機は熟してると思うんです。

F828の進化判なら面白い!
4色フィルタが再現する赤は出色だった。
パープルフリンジで悪評を買い一代で消滅したが、画質・機能は名機に匹敵。
1台を新品購入。あと3台をオークションで入手。
今も1台が手元にあります。

本気に出すなら1000ミリ超で!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年5月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが近日中に28mm f/1.4を発表?」です。

次のブログ記事は「EOS 6D Mark II とKiss X7後継機は7月に同時に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る