シグマ24-70mm F2.8 DG OS HSM Artは望遠端の周辺部と逆光耐性がウィークポイント

LensTip に、シグマのArtシリーズの標準ズーム「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma A 24-70 mm f/2.8 DG OS HSM

  • 全長は、ニコンの24-70mm F2.8 VRよりもずっと小さく、タムロンの24-70mm F2.8 VCやキヤノンの24-70mm F2.8L II よりも若干小さいが、重さは1キロを超えており、シグマはニコンと並んで最も重い。
  • フォーカスリングは、遊びが無く、適切な重さがあり滑らかに回転する。最短から無限遠までの回転角は90度で、AFレンズとしては標準的だが、正確なMFは保証できない。
  • 手ブレ補正の効果は3.3段分で、公称の4段には若干届かないが、ライバルと似たような性能(ニコンは3.5段分、タムロンは3段分)で、十分に良好な結果だ。
  • 中央の解像力は、中間域と広角端では開放で既に40lpmmに近い値(良像の基準は30-32lpmm)で、F4に絞ると44lpmmに改善する。望遠端では若干解像力が落ちるが、それでも開放で35lpmmを超えており、ここでも非常に肯定的な評価だ。
  • 中央の解像力をライバルと比べると、シグマはニコン(VR付き)と比べると若干優れており、タムロン(G2ではない旧型)と比べると大幅に優れている(特にタムロンの苦手な中間域では)。ニコンの旧型(VR無し)はズーム全域でシグマよりも良好で、キヤノンのII型もシグマより少し良好だ。トキナーのAT-X PRO24-70mm F2.8 も45mm開放時を除いてシグマより良好だ。
  • 隅の解像力は、中間域の45mmがベストで、とても良好な解像力だ(開放で34lpmm、ピークのF5.6で42lpmm前後)。広角端も開放から実用的なレベル(30lpmm前後)で文句は無い。望遠端は弱く、解像力はF5.6からF8に絞って初めて実用的なレベル(31lpmm前後)になる。
  • 隅の解像力をライバルと比べると、キヤノンもニコンもシグマと同様のウィークポイントを持っており、ここでは、唯一、トキナーだけがより肯定的な評価をすることができる。
  • ボケの色付きはわずかで、軸上色収差は全く問題無い。ここではシグマはニコン(VR付き)と同等で、トキナーよりも良好だが、キヤノンとタムロンより若干劣っている。
  • 倍率色収差は、全く問題無いのは中間域だけで、開放付近では望遠端は中程度のレベル、広角端は高いレベルだ。それでも、ニコン(VR付き)よりは良好で、タムロンとは同程度だ。
  • フォーカスシフトは若干見られ、F4に絞った時に、45mmと70mmで、後ろ側にピントが移動する。
  • 歪曲は24mmでは陣笠状で平均すると-3.31%だが、画面の1:1(正方形)の内側では-4.19%の大きさだ。28mmでは-1.83%で改善するが、歪曲はここでも陣笠状なのでこの値は現実に即したものではない。キヤノンとタムロンは24mmではシグマよりも大きい陣笠だが、28mm以降では陣笠は消失する。ニコンは-4.23%だが24mmでも陣笠は見られない。
  • コマ収差は24mmでは目立ち、45~70mmでは若干良好になるが、まだ完全ではない。このカテゴリでは、シグマはトキナーやタムロンよりもずっと良好だが、ニコン(VR付き)やキヤノンよりも劣っている。
  • 非点収差は、平均では12.7%の穏やかな値だが、望遠端では16.5%に達する。このカテゴリではシグマはライバル達にたやすく敗れている。
  • 玉ボケは同心円状の模様が見られ、中央に円が積み重なった頂点が来るのが少々煩わしい。70mmでは口径食も目立つ。
  • 周辺光量落ちは、24mmでは57%(-2.41EV)で、絞るとゆっくりと改善する(F4で44%、-1.66EV、F8で36%、-1.31EV)。開放の値は、ニコン(VR付き)よりも悪く、トキナーより若干劣っているが、キヤノンとタムロンよりは良好だ。
  • 逆光耐性は弱く、焦点距離や絞り、画面内の太陽の位置にかかわらず多くのゴーストが現れる。太陽が画面外の遠い位置にある場合でさえ、ゴーストやフレアが出ることがある。逆光耐性はトキナーほど壊滅的ではないかもしれないが、ニコン(VR付き)とタムロンの方が良好だ。
  • AFはノイズレスで、速度に関しても全く問題はない。最短から無限遠までは0.3秒未満(望遠端では0.4秒)で、これは見事な速さだ。AF精度は良好で、最も条件の厳しい望遠端の開放でAFを外したのは5%(許容範囲内が7%、的中が88%)だった。テストに使用したどのボディでもAFのキャリブレーションは必要なかった。
  • このレンズは中央は極めて良好で、隅は広角側は良好だが望遠側は犠牲になっている。色収差は良好だが、球面収差は問題がある。コマ収差は悪くないが、非点収差はこのクラスで最も弱い。陣笠状の歪曲も感心しないが、これはライバルよりは良好だ。逆光耐性はとにかく弱い。
  • 全体として、シグマはキヤノンやトキナーより少し光学性能は劣っているが、手ブレ補正が搭載されており、キヤノンよりも安価で、AFはトキナーよりも良好だ。このクラスは製品が豊富で選択が難しい。このクラスのレンズに性能の悪いレンズは無く、私の意見としては、シグマは価格が高いので楽な勝負はできないと思う。
  • 良い点:堅牢な鏡筒、中央の素晴らしい画質、軸上色収差の問題が見られない、コマ収差が良好、静かで速いAF、効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点:望遠端の隅の解像力、球面収差の問題が顕著、逆光耐性が弱い、非点収差が少々大きい、周辺光量落ちが顕著、広角端で陣笠状の歪曲が目立つ。

 

解像力は、以前のLensRentalsのテストとは逆に、望遠側が弱いという結果になっているようです。ライバルとの比較では、項目ごとに勝ったり負けたりで、全体としてはどのメーカーの24-70mm F2.8ともいい勝負という印象です。このクラスのレンズは、選択が悩ましいところですね。

2017年7月30日 | コメント(10)

コメント(10)

やっぱり、このクラスは各メーカー力を入れてますし、山木社長の言うように設計上の難しさもあり、さすがのSIGMAもトップ争いは厳しそうですね。
このレンズは少々コンテンポラリー的な要素もあるので、いつもみたいに巨大にしてたらどうなったかわかりませんが(笑)
でも、やっぱりSIGMAといえばコスパとモノづくりとしての質の高さなので悪いレンズじゃないかな?
うちで飼ってるA24-105は広角から望遠に向かって少しずつ甘くなるので似た性質ですが、A24-35は広角→望遠→中間の順に甘くなるので別物ですかね?いずれにしてもSGVになってから選択肢が増えて嬉しいです!

ニコランドさんへ
タムロンは記事に記載してある通り旧型です。

フルサイズで50lpmmに届くと非常に優秀かと思いますが単焦点でもなかなかでない数字ですよね
otusやペンタFAリミテッドが50lpmmに到達しててソニーFEの単焦点は60から70lpmmを叩き出してるんですよね(汗)

ARTなので期待値が非常に高かったですがライバルと比較して同等レベルにはあると言えそうです

値段的にシグマを取るかどうか少し微妙な気はしますね
キヤノンは手振れが無いですが純正に手が伸びる価格ですし
ニコンならタムロンにトキナーVR無の旧型という手もあります
なかなかに厳しい戦いになりそうでしょうか

>>ぱんたさん
ここの解像力はカメラに依存します。EFマウントは22MPの5D3、Fマウントは24MPのD3Xでテストしてるので、42MPのα7RIIでテストしてるFEレンズの数値が高くなるのは当然かと。

個人的にはフォーカスシフトが嫌ですね・・・
こうやってみると本当に24-70mmは激戦ですなぁ

24-70ではVR採用、非球面EDガラスを使ったニコンが先行していますが、トキナーの24-70も、非球面EDガラスと、蛍石相当のFK03というガラスを使っていますので、高性能です。

画質の低下よりも手振れ補正の利便性を考えると、シグマやタムロン
が選ばれると思いますが。

シグマのCラインとAラインの区別はあいまいで、
金属鏡筒、フルタイムマニュアルになればAライン昇格という感じですね。
17-70Cも高性能ですが、上記2点を満たさず、
外装やAFユニットのコストを抑えて、Cにした感じがします。

逆光に弱いですかぁ……

僕にとって1番気になる項目ですが
現状で優秀なのはタムロン2型あたりでしょうか?
とりあえず今の段階での逆光耐性のランキングが知りたいですね(笑)

けど、サイトによって評価も別れたり
こちらに書き込まれるユーザーの方の話を見ても
まちまちな意見なので困惑してしまいます〜

D750と組み合わせて使っています。
シグマらしからぬ立体感のある繊細な絵を出してくれるうえ、AFも速くOSもまあまあ効くので概ね満足です。
ですが一点だけ残念なのが、中央付近以外のAFポイントが全く使い物にならず、外に向かうに連れて後ピン傾向が大きくなるという点。
因みに中央はバチピンです。
ニコントラップなのかそもそもそういう設計なのか個体差なのか……
早速シグマに送って回答待ちです。

毎回逆光に弱いとまで言われるシグマですが、そろそろ対策を講じないと広角域では他社と勝負にならないかと思います。逆にここが改善されれば・・・ですが。

>>やまさん
なるほどそういうことでしたか
α7系で調べれば恐らく50あたりに落ち着くのかもしれませんね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年7月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのミラーレスカメラの販売台数は対前年70%を超える伸びでレンズ交換式カメラ全体の販売を牽引」です。

次のブログ記事は「ツァイスBatis 2.8/18は素晴らしい解像力で逆光耐性はクラストップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る