ニコンD850の詳細スペック

Nikon Rumors に、リークしたプレゼン用の資料に基づくD850のフルスペックが掲載されています。

Translation of the leaked Nikon D850 slides

  • 以下は、リークしたD850のスライドを翻訳したものだ。

    - FXの一眼レフで画素数は45.75MP(ローパスレス)
    - D5と同じEXPEED5プロセッサ
    - 連写はMB-D18 + EN-EL18a使用時に9コマ/秒、本体のみ7コマ/秒
    - 連写枚数は14bit非圧縮RAWで51枚
    - 3.2型可動式235.9万ドットタッチ式液晶モニタ
    - D5&D500よりも機能豊富なタッチパネル
    - プレイバックで「I」ボタンを使った素早い拡大
    - プレイバック:完全なタッチパネルによる操作
    - メニュー:完全なタッチパネルによる操作
    - ライブビュー:タッチメニュー、タッチAF、タッチシャッター
    - 8Kタイムラプス
    - 4K動画
    - ISO64-25600(拡張でISO32-108400)
    - D5と同じ153点AFシステム(暗所は中央は-4EV、それ以外は-3EV対応)
    - AFの画面のカバー範囲はD810比で130%の大きさ
    - 通常の1/2の大きさの測距点のスポットエリアAF
    - 45MP静音撮影モード
    - OVFの倍率は0.75倍(現在の全てのデジタル一眼レフで最大の倍率)
    - D5と同じ18万ドットRGBセンサー、顔認識とシーン認識の精度向上
    - 深度合成(他社のソフトウェアが必要)
    - 深度合成の最大の枚数は300枚、ピントの間隔調整10段階、連写5コマ/秒
    - 電子シャッターによる45MPの無音・無振動の静音撮影モード、
    - 静音撮影モードの連写はAF/AE固定で6コマ/秒
    - 静音撮影モードで8MPでは30コマ/秒(最長3秒、DXモード、AF/AE固定)
    - 自然光でより良好な色再現の新しいナチュラルライトAWB
    - 照明付きのボタン
    - RAWのサイズでL、M、Sが選択可能
    - 拡張された多重露出機能
    - アスペクト比1:1が追加
    - SDとXQDのデュアルカードスロット

nikon_d850_010.jpg


D850は画素数、ファインダー、連写、AFシステムなどのカメラの基本的な部分を大幅に強化した上で、更に電子シャッター(静音撮影モード)や深度合成などの有用な機能を多数盛り込んだモンスターマシンになっているという印象です。8MPで30コマ/秒の4Kフォトのようなモードも用意されているようですね。

2017年8月12日 | コメント(67)

コメント(67)

やればできるじゃないか、ニコン!
地味に嬉しいと思う機能が入ってますね。
特にアスペクト比1:1は嬉しい。

タッチパネル操作が豊富なのも地味に嬉しい。

深度合成は良くわからないけれども...(なぜ合成?)

 予想以上の高スペックに感心しています。なかでも私が期待しているのは「深度合成」の機能。PCEレンズでティルト機構を多用していますが、近距離において、一般の望遠レンズでは被写界深度を深くすることができずに困っていました。他社のソフトウェアが必要とのことで、どの程度威力を発揮するのか未知ですが、期待が高まります。
 一方、モニター画面のティルト機構が横画面でしか出来ないようで、縦位置でローアングル撮影を多用する立場からすれば、依然としてあの使いづらいアングルファインダーを手放すことが出来ず、残念です。

これは本当にすごいものが出来上がりそうですね!
早々に予約しないと・・・

I'am a Perfect Camera.
といったカメラに思えます、
1台でほとんどのことができそう
ほしい!

あとは、DXモードで連写何コマですかね。
これによっては、この画素数なら、DXも十分なので、
D810とD500は、これ1台に買い換え統合かな。

動体・静物、屋内・屋外、三脚・手持ち……なんでも万能、まさにモンスター。
動体関係の「お下がり」はコスト的に無理でも、静物撮影に優位な機能群は今後出てくる下位機種へ逐次欲しいものばかりです。
実装が楽しみ。

これは魅力的ですね。
予約特典でバッテリーグリッププレゼントとかやればすごいことになるかも。

無振動撮影て事は手ブレ対策はバッチシて事ですか
KPに搭載されてる電子シャッターみたいな感じなのかな
レフ機で出来る事は全てやるって意気込みが伝わってきます

ピントの間隔調整10段階なのに深度合成の最大の枚数は300枚、ってどういう意味があるんだろう?

MB-D18の値段が気になりますね。
しかもEN-EL18aがないと9コマ/秒にならないとは…。

まさにモンスターという感じですね。これまでのNikonカメラでは電子シャッタ使用時は後幕も電子のときはRAWで保存ができなかったので、完全電子シャッタでもRAW保存できるといいですね。

このスペックで初値が5DⅣと同じくらいならスゴイ!D850に対するニコンの気合いの入りようが初値で判断できるような気がします。それにしてもフラッグシップ機の立ち位置が微妙に...動きものの決定的瞬間を狙う人はD5一択かもしれないけど、D850のスペックがここまで上がるとD5への買い替え、D5の買い増しを考えているユーザーはかなりD850へ流れるのでは...

GAVAさん。
文字通り、ショット毎のピント移動の間隔を広くするか狭くするかの設定だと思います。
大きめの物を撮るときは広く、小さな昆虫などを撮るときは狭く、でしょうか。
オリンパスのTG5などで撮影したことがないと、ピンと来ないかもしれませんね。

無音無振動!?
驚きです
α9に移行検討していましたが本音であればニコンを使いたいので
実用的な機能であることを願います

ボディはマグ+セリーボですかね。
グリップは電源スイッチあたりの造形を見ると深そうですね。
軽くなってたら嬉しいです。

静物撮影には有利な機種のようですね
静音撮影モード(LIVEVIEW)の連写はAF/AE固定 というのが
正統進化での割り切り、このカメラの性格を示しているように思われます

ファインダーが凄そうな感じ。(期待大)
私は使用しませんが、深度合成は昆虫や物撮りをされる方にはかなり魅力的ではないでしょうか。
ストロボのコマンダー機能はどうなっているのかな?(電波式が内蔵されていて欲しい。)
後は価格が気になる!

OVFの倍率は1DXⅡの0.76倍が現在の全てのデジタル一眼レフで最大では?と思いますが、このクラスの一眼レフで出来ることは全て詰め込んだという本当に最後の一眼レフになるのではといった具合のスペックですね。
これなら仮に40万円超えで登場してもD810が併売されるなら納得のカメラだと思います。
D810とD500の二台体制かD850一台に纏めるか悩めますね。

深度合成は最初の合焦位置をずらしながら撮影して全面にピントを合わせるために上限300枚なのでは?

4K動画が60pなのか否か気になるところです。
動画撮影のクリエイターたちがマウント変更を余儀なくなくされている現状に歯止めをかけるべく、4K60p、Log記録ができるNikon機が欲しいのです。

D500の時もそうだったですが、ニコンの執念を感じるものが出そうですね。8月26日のファンミーティングで見れるのでしょうかね。

かなりのモンスタースペックですね。とても手が届かないかな。
しかしプレスラインは入っているけど、D800系はどんどんEOSに近いデザインになっていくな〜

ファインダーをしっかり性能アップしてきた。
実際、この辺が一番コストがかかるところではないでしょうか。
素晴らしい。
あとは価格、キヤノン未満ペンタ以上の価格帯でしょう。

機能がすごいですね。 これまでどちらかといえばニコンらしさというか、無頓着に見えた方面にも本気で力を入れ始めたといったところでしょうか。

いきなり完全電子シャッター?を入れてきたのも驚きです。タイムラプス撮影がメカ動作レスで可能になるといいのですが、どうですかね?

ファインダーの進化も大きなトピックですね。ただ口径が必ずしも大きくない今の丸窓 (DK-17) では倍率…見かけ視界が大きくなった分だけアイポイント長 (アイレリーフ) が犠牲になる可能性もあるので正式発表時に仕様をチェックしたいところです。

全方位トップ級スペックなんですね。
価格戦略にも注目したいと思います。

D800のように価格を抑えてしまうと
同様な供給不足になりそうですね。

市場全体の大幅拡大が難しい以上
キヤノン・ソニーに倣った戦略を採ると
予想します。
D810併売でガッチリ製品ラインナップ
も固められますのでD850が収益回復へ
貢献するだろうとのニコン社内の期待は
凄いと察します。

D850の優位性は膨大なハイパフォーマンスレンズ群
を既にユーザーの手元に届けている所にもある
でしょう。
D800以降のモデルの実力を発揮させるために既存ユーザーがレンズシステムへの投資を充分していて、
高額レンズのキャシュバックなどで
新ボディ導入への地ならしを済ましている事実は
D850の人気を揺るがないものにすると思います。

私の場合は、深度合成を使う場面が想定し難いのですが、このスペックなら、バッテリーグリップと共に発売日に店に直行します。
重量が記載されていませんが、どうか少しでも、D810より軽くなって欲しい。

久々にワクワクするカメラが登場ですね。
風景写真撮影で大活躍しそうな一台ですね。

早々に金策しないと!!

凄まじい性能ですね。
まさに全方位対応、オールインワン、ワークステーションといった感じでしょうか。

これは、もはや単にD800系の後継機という立ち位置を越える、異次元の機種になりそうです。

静音モードの無振動(?)というのも非常に気になります。

あとは値段ですね。
確か、以前の記事で4000ドルを下回るくらいとありましたので、日本円で44万円前後でしょうか。

もしこの機種が、初値45万円を切るのであれば予約が殺到する予感がします。

無音・無振動の静音撮影モードは光学ファインダーでも使えるのかが気になります。

うはっ!凄!全部盛りですね。 できる事なら低感度はiso50スタートが良かった。
ただ値段は凄い事になりそう、、、バッテリーグリップまで入れたらD5が買えそうな。。。どうせ買うんだけど予算10万程オーバーしそう。
でも絶対買います!

- 深度合成(他社のソフトウェアが必要)
- 深度合成の最大の枚数は300枚、ピントの間隔調整10段階、連写5コマ/秒
と、ありますが・・・
お手軽深度合成は出来るけれど、緻密な合成に関しては他社ソフトが必要になります。
フォーカスブラケットが300枚まで可能で、ピント間隔が10段階調整出来て、秒間5コマの撮影が可能です。
という意味なのでしょうね。オリンパスと同じように。
オリンパスもそうだけれどカメラに機能を付けるだけではなく、他社ソフトにおまかせというのはどうなんでしょうね? 有料ソフトでも良いので折角の機能なのですからニコン完結でいって欲しいものです。
もちろん買います!

・FXフォーマットの4k UHDビデオ(切り抜きなし)
・Slo-moフルHD 120fpsビデオ
・SDスロットはUHS-II
・バッテリー寿命改善
・D810より軽量
・約3600ドル

などの情報も出てますねぇ。
楽しみですねぇ~

D850を待ちきれず、D5、D500を購入しましたが、
D810があるので、それを高画素機入れ替えでD850にしようかなと考えてます。

D810から一気に1000万画素も増えるのですね。
そしてISO感度が64始まり(拡張32)と。
素晴らしいダイナミックレンジが期待できそうですね!
都市夜景を撮るときなどパチンコ屋が白飛びしない明るさで暗部を持ち上げるとやはりシャドウにはノイズが乗ってきますからダイナミックレンジの向上が一番大きなポイントだと思います

最近のカメラは、どこのメーカーでもスペックなど数字に現れる部分はどれも充分に高性能。その中でどの機種を選ぶかというと、操作性やカメラの微妙な設定などの使い勝手の部分、例えばライブビュー時に、絞りが常時開放になってる開放式(ペンタックス、キヤノン方式)か、あるいは常に設定値の絞りになっている常時実絞り方式(ニコン、ソニー方式)かなど(私は常時開放式でないと使いづらい)、数字に現れない、微妙な使い勝手の部分で決めてます。どれだけスペック的に高性能であっても、使い勝手の悪い(あくまでも自分の使い方では、という前提ですが)機種では撮影でストレスがたまってしまうので。ただ、全ての人を満足させる使い勝手というのは、どれだけカスタマイズ性を向上させても難しいかもしれませんが…

さりげなく感度帯がD500より狭まっている点に一抹の不安が…
ペンタックスK-1は高感度でも画質を維持するためにあえてコマ速を抑えたらしいですし、これでD810と同等以上の画質が出せるのかどうか。とりあえずは様子見ですね。

ニコンが保有する完成されたテクノロジー全部盛り?
でしょうか??
連写と丈夫さ以外でD5が優っているものってなんでしょうか??

ちなみに社外のソフトっていうのが気になります…
最近lightroom6を買ったばかりなので。

もしかして7が出るのかな??

もうこれは予約するしかなさそうです.が,同時に5KiMacも買わないといけなくなりそうな点がちょっと辛いですね(笑).ついでにプリンターもなるとかなり厳しいですが,それはどうしてもA2以上でプリントしたい写真が取れてからでもいいかもですね.

連写枚数はRAWで51枚ですか。RAW+JPEGならもっと少なくなるだろうから、
D500を手放すかどうか迷うな。でも手放さないと資金が苦しいですな。
1.2×やmRAWで増えんかな。

TKさん

CPUもGPUもメモリーもSSDもてんこ盛りにしないと、多分キツイですよ。

初期型5Kのてんこ盛りを使ってますが、
lightroom6 現像時、
最初だけ30メガくらいの画像が詳細に表示されるまでに2秒くらいのタイムラグがありまして、ちょっとストレスです。

5Kもてんこ盛りにすると
D5の初値くらいしますので、
winベースの方が良いかもです。

NR新記事きてますね。
・地味にWi-Fi&Bluetoothのダブル搭載と改良版snapbridgeがうれしいです。
・SDはUHS-2対応!
・価格は3,600ドルとありますが、さすがに何かの間違いでしょう。4,000ドル以上、ほぼD5並になるのでは?
・8月16日発表???えっ、もうすぐじゃないですか!

内蔵ストロボ撤去、プリズム大型化、望んでいたことが現実になって嬉しいのですが高画素化に伴う手ブレ対策がどうなるのか気がかりです。

深度合成(他社のソフトウェアが必要)ってカメラ内で収まるわけじゃないんだ・・・・
まあいいでしょう。
アスペクト比1:1が追加は8-16mmが追加したので妥当なところですね。
アスペクト比1:1もAPS-Cも含めて他の機種にもファームアップで出来るようにしてほしいですね。

うさぎさん
・D810より軽量
・約3600ドル

同じ情報元でしょうか?
約40万でこの機能が手に入るなら少し無理しても
購入する人は多いと思います(さらに軽量であれば
なおさら)7Dmk2の時のようにバッテリーグリップ
キャンペーンでもあれば入手困難難民が続出するよ
うなきがします・・・
ソニーにマウント替えを考えてましたがもう少し様
子見です。

電子シャッターによる無音撮影、4K動画に8Kタイムラプス、タッチパネル等、新機能の多くがライブビューとの親和性が高く、従来のモデル以上にライブビューの使用頻度は上がると思います。

ただそうなってくると、ライブビューでのAF速度が気になります。
ニコンのコントラストAFも、モデルを重ねるごとに確実に改良されてますが、D850の機能を十分に生かすためにも飛躍的な改善を期待したいところです。

本当に凄いスペックですね。
同じ内容で天体専用バージョンを出して欲しいです。特に深度合成機能は、星野写真の幅を広げてくれそうです。

戦略的に40万円を切った値段にするのか興味深いですね。

改めて個々のスペックを見ると810の後継モデルとは違いますね。
全く新しいNikonからの提案なんでしょうね。
進撃のNikonの初陣となる記念すべきカメラになりそうですね。

あまり話題になっていないですが手ブレ補正の有無はどうなのでしょうかね
45MPともなると中々に手ブレ補正無しでは厳しい場面も出てくると思います。

まぁなにはともあれ楽しみです。

今日キタムラのネット販売で、D610が品切れではなく終売名目でディスコンになってるのをみたんですけど、D620って噂はあるんでしたっけ?

もしないなら、ニコンのレフ機は高級路線に完全にシフトする方針なのかもと思ってしまいました。
D5と切迫するような高スペックてんこ盛りも、それなら納得いくなあと。

しかしこのスペックならD900の名前で発売したほうが売れたのではと思いますね。それは噂の7000万画素機にとってあるんでしょうかね。

デジタルカメラの再構築ですね
今までの概念でニコンの各シリーズを考えない方が良いですね
こうなると、D750 D610の後継機はどのように変貌するのでしょうか?
楽しみになってきました。
ミラーレスの発売も楽しみです

namakeさん

多分同じ情報元だと思います。
これだけの性能で40万以下になりますかねぇ…
発表が楽しみです!

1桁機はあれはあれでまた別ものと考えた方がいいので、
D850と比べちゃいけないと思ってます。
高画素機で連写できるとはいえ、やはり1桁機とはまた違いますもんね。
気軽に撮れるD5/D500
しっかり撮るならD850
で使い分けできてよさげですね。

深度合成は合成用にピントを自動でズラしながら連射してくれるということでしょうか。
他社ソフトとやらの一つはレイヤの自動合成で深度オプションがPhotoshopでしょうか。
パノラマ合成はよくやりますが、深度合成は試したことがないので気になります。
パノラマと同等の動作であれば各レイヤのピントが合っている部分が自動でマスクされることになるので、被写体の切り抜きが劇的に楽になりそうです。

まさに全部載せと言う感じだね、キヤノンの5Dの価格があんなに上がってるのにもかかわらず売れてるのでニコンにとってこの道しかなかったと思います!

この4700万画素センサーは何処のメーカーなのかも気になるのですが、そこまで画素数を上げるならマーケティング上5000万画素を超えておけば良かったのではないかと少し思います。一番気になるのは像面位相差AFや動画撮影のスペックです。キヤノンはプロユースでも像面位相差AFを導入しています。弱いミラーレス分野に注力するなら必須の技術ですし、同じく弱いと言われている動画分野にも必須です。そういう意味でハイブリッドファインダーの噂には注目していたのですが、搭載されないようで残念です。

うさぎさん

レスありがとうございます。私も45万~50万コースだと
思ってます・・(バッテリーグリップ入れると約50万で
すね)

もし40万ならこの価格帯にはa9や5Dsもいますから使用
目的が合えば他社への流出を防ぎ、買い替えも促せる魅
力的な価格提示だと思います。実際に自分がマウント替
えを留まりましたし(やはりレンズの充実度は捨てがた
いです)

ヒトマさん

キヤノンさんもこれを見越しての画素数《5060万》設定かもしれないですね。

手ブレ補正はないでしょうから、
(D500にある動画の電子手ブレ補正はありそう)
modeにAやSだけではなく、AとSを固定してのisoを変更するモードが追加されるといいかもしれませんね。

地味ですが、Natural Light AWBの記載に目が止まりました。
自然光でより良好な色再現が求めらるならば、さらに好印象です。
以前の噂で低感度のさらなる改善とありましたが、現行14EV強あるISO64でのダイナミックレンジがいかほど伸長するのか期待しています。
なお、機種や世代ごとに多少画作りが変化していても、理想とする画に近づくならば歓迎です。
デジタル写真は未完成の技術なのですから。

積める限りの重いスペックを積んでおきながら、モニターやボタンなどちょっとした所までブラッシュアップしてありますね。無音無振動という大きなオマケも付いて、D750のような心地いいバランス感です。ファインダーもすごい。
静物には縦グリ無しで、必要とあらば連写機にもなれるところが、器用だなという印象です。超高画素ですから、例え超望遠が必要な被写体でもクロップを活かす前提でレンズは小さいもので済みそう。

Nikonが苦手なライブビュー撮影も、タッチAFを使える場面であればこれまでよりテンポ良く撮影できそうです。

スペックは確かにモンスターですね。
いいカメラだったら買ってしまいそうです。

ただ、いまのニコンは品質が心配・・・

現在の情報からは、すごく真っ当に「D810」をアップグレードさせたカメラと想います。
しかし正式発表ではないので、これ以外のサプライズがないとも言えませんね。
いままでにない機能がたくさん出ていますが、それを担う肝心のセンサーについては「47.75MP(ローパスレス)」と電子シャッターの機能強化、ということしか読み取れません。
タッチAF、タッチシャッターはライブビューだけしか使用できないのでしょうか?そうなるとコントラストAF速度が改善されたのか、ということが気になります。
深度合成はAF-Pタイプ限定とかではないか心配です。
静音撮影モードは高輝度時(シャッタースピード1/8000)でも使用できるのでしょうか?
ニコンの正式発表まで、まだまだ妄想で楽しめそうです。

レリーズタイムラグと、
XQDとSD買うための1ファイルの大きさが知りたいところかな。

MRAWが高画素の欠点を補いそうで良さげですね。
グリップ込みで50万以下に抑えて欲しいけど。

新規ファインダーは、興味津々です。

ソニーのミラーレス機では、カラーシフト対策で高コストの裏面照射センサーを採用せざるを得ない事情があるのでしょうけど、そのコスト負担をフランジバックが長いニコンFマウント機が負うことはないでしょう。

また、像面位相差画素からの反射による干渉縞の悪影響が懸念されていましたので、そのリスクも負わず、D810の後継機として低感度での画質に配慮した、より高画素センサーを採用し、かつ、コスト増が抑えられているなら、そちらを歓迎したいです。D810の低感度の画質はやっぱり素晴らしい。

一方でD810はOVFの品質が今ひとつだったと思うので、それが抜本的に改善されてのコスト増であれば、それは我慢できるのですが・・・・動画対応やセンサーの高機能化でハイアマ機が軒並み価格高騰していくのは、勘弁して欲しいと思っていました。

いよいよ詳細仕様が出てきましたね。感想として
一眼レフとしての仕様改良は
1.光学ファインダーの改良
2.高画素機としながら連写速度の向上
3.像面位相差測距点数の改良
などで、技術的にはすでにニコンが持っている既存技術の延長線上の進化ですね。
一方今回盛り込まれた
1.静音無振動
2.深度合成
などはミラーを使わない撮影用の技術で、ニコンとしては今回初ということで、これら以外の改良点も将来のミラーレスを見据えた技術を取り入れてきたと見られますね。

各性能が改善され、d810より軽くてジョイスティック
も付いたので、買い替えざるを得ません。

4K60Pはまだちょっと難しいのではないかと、現在発売されている業務用ビデオカメラ群を見ながら考えます。
あとは動画撮影時のバッテリーがどれくらい持つかですが、(XC10を使用していますが、これだけのためにバッテリーを5個買ってます)

ともあれ、発表が待ち遠しいです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年8月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD850のプレゼンテーション用のスライドがリーク」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-E3の上面の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る