キヤノンEF85mm F1.4L IS のスペックに関する追加情報

Canon Rumors に、キヤノンEF85mm F1.4L のスペックに関する追加情報が掲載されています。

Updated Canon EF 85mm f/1.4L IS Specifcations

  • 近日中に登場するEF85mm F1.4L ISに関するいくつかの追加情報を得た。

    - 最短撮影距離は85cm(EF85mm F1.2L II は95cm)
    - 重さは950グラム(EF85mm F1.2L II は1025グラム)
    - フィルターサイズは77mm(EF85mm F1.2L II は72mm)
    - 最大径は88.6mm(EF85mm F1.2L II は91.4mm)
    - 全長は105.4mm(EF85mm F1.2L II は83.8mm)
    - 4段分の効果の手ブレ補正
    - フッ素コーティング
    - モールド非球面レンズ1枚
    - 絞り羽根は9枚

    価格と正確な発表日・発売時に関しては、まだ裏付けが取れるのをを待っているところだ。

 

EF85mm 1.4L IS は、現行のEF85mm F1.2L II と比べると長くなっていますが、少し細くなり、軽くなっているようです。フィルター径はワンサイズアップしていますね。最短撮影距離の短縮は、使い勝手がよくなりそうです。

2017年8月15日 | コメント(7)

コメント(7)

シグマの85mmF1.4 Artを使用していて、その性能に満足していますが
やはり、長く安心して使用できる純正に強く惹かれます。
シグマのArtより若干軽く細いのも嬉しいです。自分は手のひらが小さいので。

一つ気になるのが、漏れ伝わるスペックの中に 防塵・防滴の文字が無い見当たらない事です。

Lレンズなので、防滴防塵は言わずともでしょう。

自分としてはやはり、F1.8のリニューアルに期待したいですね。20万オーバーは厳しいです笑

思ってたよりも軽いですね、手ぶれ補正付くので1キロは確実に超えるかと思ってました
凄く欲しいけど・・・高いんだろうなぁ

この情報だけで判断するのは難しいですが、IS用レンズが入っているうえに
モールド非球面1枚ですか……
SWCやASC、BR素子も無いとすると描写には期待出来ません

シグマの存在がやはりまだまだちらつきますね。
IS有は大きいかもですが
それのためにシグマの倍以上の値段(倍の予想)で
解像度もシグマを越えれるとは到底思えないスペックで
果たしてどこまで闘えるのか見物です。
それはそうとBR素子は全くなんですね...
いつになったら2号機が表れるのですかね

いつも値段のことばかり書いていますが、20万以下ということはないでしょうね。評判のいいシグマは値段はなんとかなりそうですが、でかい、重い。ということで、やはり1.8待ちですかねえ。
それにしてもキヤノンはDOとかBRとか興味をそそるレンズを出すのですがほとんど単発でしかもバカ高い。なんとかならないですかね?

スペックから解像力を過剰に追わないレンズに見えます。
IS付きは良いけど、片ボケが心配になります。

サイズから SONY の 85mm F1.4 GM に近いので、
初値 20万円くらいでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年8月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムの2018年第1四半期は電子映像事業が大きく売上を伸ばす」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがX-Pro2に4K動画などの新機能を追加する新ファームを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る