海外の認証機関にEOS Kiss X80後継機(Kiss X90?)が登録

軒下デジカメ情報局で、Kiss X80後継機だと思われるカメラの認証機関への登録情報が紹介されています。

キヤノンのEOS Kiss X80後継機が海外の認証機関に登録

  •  キヤノンの「EOS Kiss X90」だと思われる機種(DS126701)が海外の認証機関に登録された。
  • DS126701

    - 台湾NCC(pdf)・アメリカFCC
    - デジタルカメラ
    - Wi-Fi搭載
    - 台湾製
    - サイズ(サンプル機の実測値):W129.0 mm × H101.6 mm × D77.1 mm
    - 固定液晶
    - Bluetooth非搭載

 

キヤノンはKiss X9を先週発売したばかりですが、海外の認証機関にKissの最廉価モデルと思われるカメラが登録されたので、近日中にKiss X80後継機(Kiss X90?)が登場しそうです。

新型機のサイズは、現行のKiss X80とほぼ同じで、モニタも固定式のままということなので、Kiss X90(?)は現行機と同じボディを採用した正常進化モデルになる可能性が高そうですね。

2017年8月 3日 | コメント(3)

コメント(3)

なかなか影の薄いモデル…
X9とうまいこと差別化できるといいですね。

まぁ、こういうところがCanonの上手なところなのでしょう。
エントリーモデルの大切さ、間口を開けて、幅広い層を取り込む戦略なのでしょう。
実際、まずは、子供の為に、と奥さんが買って、旦那がハマるケースもあるのではないでしょうか?
ボクの友人は見事に、Nikon D40(嫁買い)から、D7000といったケースでしたが。まぁ、ちょっと(・・かなり・・)昔の話ですね。
今でも、このヒエラルキーが上手に回ってるのは、CanonとSonyだけでしょうか?(最近、相談されることも無いので調べてないですが)

OLYMPUSは、かつては、E-PMのラインがあって良かったのだけど・・。

海外ではそれなりに存在価値のある機種なのでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年8月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年6月のデジタルカメラ・交換レンズの出荷金額は前年同月比よりも増加」です。

次のブログ記事は「キヤノンが3本のティルト・シフトレンズを近日中に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る