シグマ「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」はボケが非常に綺麗なレンズ

ePHOTOzine に、シグマArtシリーズの標準ズームレンズ「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 24-70mm f/2.8 DG OS HSM Art Lens Review

  • このレンズは大きく、重さも1020グラムとかなり重い。5Ds Rとのバランスは良好だが、重さからは逃れられないので、短時間の持ち運びでもカメラスリングを使用するのがベストだろう。
  • レンズマウントはゴムでシーリングされ防塵防滴となっているが、鏡筒は防塵防滴ではない。
  • ズームリングは重く、ズーミング時にはレンズが伸びる。フォーカリングには距離目盛りはあるが、被写界深度目盛りは無い。
  • AFは速く静かで、とても信頼できる。AFの迷いは見られず、常に正確にロックする。
  • 手振れ補正は、3段分から4段分の妥当な効果だ。
  • 24mmの解像力は、中央は開放からF8まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放からF5.6でとても良好な値(very good)、F8で素晴らしい値(excellent)だ。

sigma_2470art_MTF24mm.jpg

  • 35mmの解像力は、中央は開放からF8まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放ではとても良好な値(very good)、F4からF8で素晴らしい値(excellent)だ。

sigma_2470art_MTF35mm.jpg

  • 50mmの解像力は、中央は開放からF5.6まで素晴らしい値(excellent)で、F8からF16はとても良好な値(very good)だ。隅は開放からF4でとても良好な値(very good)で、F5.6で素晴らしい値(excellent)になる。

sigma_2470art_MTF50mm.jpg

  • 70mmの解像力は、中央は開放からF4まで素晴らしい値(excellent)だ。隅は全ての絞り値でそこそこのシャープさで、絞っても優れた解像力にはならない。

sigma_2470art_MTF70mm.jpg

  • 倍率色収差は隅でいくらか見られ、特に70mmで目立つ。
  • 歪曲はこの種のレンズとしては良好だ。24mmでは-2.86%のタル型で、建築物ではかなり目立つ。35mmでは、-0.07%のタル型で、ほぼ完璧に補正されている。50mmでは+0.98%の糸巻き型になるが、それでもまだ妥当な大きさだ。70mmでは+1.70%の糸巻き型で、目立つこともあるが、ズームとしては十分良好だ。
  • フレアは、複雑なレンズ構成にもかかわらず問題は見られなかった。厳しい逆光では若干のコントラスト低下が見られるかもしれないが、概ねフレアは見られない。
  • ボケは非常に滑らかで、望遠端ではポートレートレンズとして満足できるポテンシャルがある。
  • このレンズは妥当な価格で、全体的な性能も十分良好だ。ボケは見事でポートレート用としても使える。歪曲も小さい。防塵防滴が強力でないのは残念で、また、望遠端の性能が弱いので万人向けではないが、たぶんポートレートや花の撮影をする人達は大いに喜ぶだろう。このレンズを推薦する。
  • 良い点:解像力のバランスが良好、歪曲が良く補正されている、中央の色収差が少ない、美しく滑らかなボケ、70mmでポートレートに使える。
  • 悪い点:防塵防滴ではない、70mmで甘くなる、隅でいくらか色収差が見られる。

 

解像力は中間域までは非常に優秀ですが、望遠端の周辺部は少々甘く、絞ってもあまり改善しないのは少々気になるところです。ボケは、サンプルを見る限りでは後ボケも玉ボケも滑らかで、確かに標準ズームとしてはとても綺麗なボケ味という印象です。

2017年10月19日 | コメント(7)

コメント(7)

悪くはないんだろうけど、単焦点のArtみたいな凄みは感じられないレンズですね。無難な出来というか、そんな感じです。

ニコンで使っていますが、概ね同様の印象を持っています。
ボケがスッキリしているのと、シグマらしいアッサリした色描写があいまって主題がとても綺麗に浮かんでくる印象です。

私の個体では、70mmの周辺部は解像だけでなく流れも大きくて絞っても改善しません。そのかわり、中央は巷でいわれるほど悪くないです。

キヤノン用を使っています。
ARTの名称で期待すると少しガッカリ
する人もいるかも?ズームレンズだから
仕方ないですが。
でも、概ね画質は良好ですよ。

ただ、自分の個体だけなのか手ぶれ補正は
効いているのか分からないくらいです。
ファインダー像がピタリと止まりません。

キヤノン純正を使っているんですが知り合いがシグマ購入してしばらく借りてました
手ぶれ補正が弱く感じました、2段は実感出来るけど3段が微妙・・・?
解像感もあまりなく、タムロンのほうが映りが良い印象でした
あとは値段ですよね、この金額だすなら純正でいいんじゃ…と思ってしまいます

あのシグマをもってしてもこの結果なのだから標準ズームの設計って本当に難しいんだろうなあ〜

キヤノン用を使用しています。
タムロンの新型と撮り比べましたが、他の方がおっしゃるとおり周辺や収差などはタムロンが良いと思います。
あと手振れ補正は断然タムロン。シグマは2段ぐらいな感じでここだけ不満点です。
しかし、タムロンは年輪ボケが出てしまうことやソフトで後がけしたようなボケが撮影の仕方によっては出ることがある点が気になりました。シグマのコントラスト、色味が好きだったこととタムロンよりAFが早く静かで精度が高かったのでこちらにしました。

フルサイズの2470は24を取ると70が、70を取ると24が犠牲になるといいますが、やはりその通りで難しいですね。
周辺が気になる場合は少し広めに撮って、後でトリミングしたほうがいいのかもしれません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが10月25日から始まるPhotoPlusの前に記者発表を行うことを確認?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの新タイプの可動式モニタの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る