DxOMarkにハッセルブラッドX1Dのスコアが掲載

DxOMark にハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Hasselblad X1D-50c Sensor Review 

 

     X1D         D850       α7R II     645Z(非公式) 
Overall Score
(センサーの総合点)
102 100 98 101
Color Depth
(色の再現域と分離)
26.2 26.4 26.0 26.0
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
14.8 14.8 13.9 14.7
Low-Light ISO
(許容できる最高のISO感度)
4489 2660 3434 4505

  • ハッセルブラッドX1D-50cは、これまでテストした市販のセンサーで最も高い102のスコアを達成している。色再現とダイナミックレンジのスコアは際立っており、高感度はこれまでテストした中で最高のスコア(※645Zは非公式のスコアなので、DxOのランキングに入っていません)だ。
  • 色再現はX1DとD850、α7R II の差はわずかで、実写では違いは分からないだろう。
  • ダイナミックレンジは、全てのISO感度でX1DとD850は同等で、どちらの機種も最低感度でα7R II に1EVの差をつけているが、感度が上がるにつれてその差は小さくなり、ISO800-3200では3機種が同等になる。
  • X1Dの画質は見事だが、D850やα7R II のような高解像度のフルサイズ機と比べて、高感度を除けば大幅に優れているというわけではない。

 

X1Dのスコアは中判センサーだけあって非常に高い値ですが、D850やα7R II などのフルサイズセンサーとのスコアの差は、高感度を除けば、それほど大きくは無いようで、センサーサイズを考えるとフルサイズセンサーが、かなり健闘しているという印象です。

X1Dと645Zのスコアは同傾向で、この2機種は同じセンサーを採用している可能性が高そうですね。あとは、富士フイルムGFXともスコアを比較してみたいところです。

2017年10月29日 | コメント(10)

コメント(10)

裏を返せば、高感度は大幅に優れていますね。
1.6倍以上もある面積比の違いはAPS-Cとマイクロフォーサーズくらいの差があります。

センサーのスコアの性能はそれほど違わなくても、センサー面積が大きければ、出てくる絵はやはり余裕がありますよね。数値では見えない部分を侮ってはいけないと思います。

需要や画素数から考えると645Z、GFX50s、X1Dは同じセンサーなんでしょうね。
そう考えると645zを発売当初に買った人はとってもお得でしたね。

感度すごすぎるなあ
中判ミラーレスが20万円くらいで
買える時代が早く訪れますように

中判フォーマットの優位性はしっかりありますね。

せっかく新規格のミラーレスですが、
ハッセルブラッドらしくレンズシャッターにこだわってしまったため、
レンズの拡張性、撮影機構の発展性が著しく制約されてしまう残念なカメラだと思います。

ペンタックスにもミラーレス中判に挑戦して欲しいです。

645Zって、3年以上前の機種なんですよね。
頑なにスコアを載せなかった理由は何なんだろう。

スコアの特に高感度はさすが中判ですね。
しかし上を見たらデジタルバック等キリがなく、35mm判はレンズラインナップや高速連写・高画素・高感度といったボディラインナップや周辺機器の豊富さ等で大衆にとって一つの到達点でデファクトスタンダードなのだと思います。
スコアもセンサーサイズ差ほどの開きはなく肉薄していて、ただスコアに表れないところで物理的な大きさによる中判のアドバンテージはあるのだと思いますし、それがなければハッタリになってしまいます。
それでも中判が普及するにはハードルがいくつもありそうに思いますね。

X1Dは、高価で買える機種ではありませんが、実際にヨドバシさんで触らせてもらうと、しっかり撮りやすいカメラでした。
大きさも大きさも、ニコンのD1桁よりも小さい感じで、なにより、はったりが効きます。

ボディのデザインがポルシェデザインぽくって好きなのですが、ハッセルゆえに、10年経っても良い値段でしょうね。

ボディに対しての撮像素子の比率が非常に大きく、同じミラーレスのsdクアトロと変わらない大きさは、魅力です。

ただ、もっと、値段はこなれて欲しいです。

DxOの測定方法については良く知らないんで何とも言えませんが、中判5000万画素と35mmフルサイズ4000万画素では画素ピッチからのレンズの解像力に対する要求が中判のほうが2割弱程度低くて済みます。この画素数では既にセンサーの性能がレンズのそれを超えていると言えるので、実写ではその分確実に差があるのではないかと。

センサー性能としては肉薄していても、フォーマットの違いによる描写は全く違うと思いますので、この値だけで総合的な描写についての比較としては別物とも思います。
m43が、同じセンサー性能になったとしても、大判フォーマットの描写にはならないので、それぞれのサイズが目的に合わせて使われるんでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7R III のダイナミックレンジのデータが掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニックG9には80MPの撮影モードが搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る