シグマが「16mm F1.4 DC DN Contemporary」を正式発表

シグマがミラーレス用の広角単焦点レンズ「16mm F1.4 DC DN Contemporary」の発売日と価格をアナウンスしています。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary 発売日決定のお知らせ

  • SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、フルサイズ一眼レフカメラ用交換レンズに匹敵する贅沢なレンズ構成に、特殊ガラスを多数採用。最新の光学設計技術を駆使しつつ、カメラ内収差補正機能にも完全対応。諸収差を抑え、絞り開放から高い解像度を実現する。
  • 動画AFに適した光学設計とステッピングモーターの採用により、オートフォーカスによる自然なフォーカスワークが可能。マウント部のシーリングなど、簡易防塵防滴機構も備えている。
  • 発売日は2017年11月22日(水)、希望小売価格(税別は57,000円、対応マウントはマイクロフォーサーズ用、ソニーEマウント用。

 

10月24日に開発発表された16mm F1.4 の発売日が早くも決定しました。店頭価格は、最安値で43,740円(税込)で、レンズのスペックを考えるとリーズナブルという印象です。

Eマウントにはこのクラスのレンズが無いので、特にAPS-CのEマウントユーザーには注目を集めそうですね。

2017年11月10日 | コメント(24)

コメント(24)

パナライカの15mmで十分と言うのが正直なところですね。メインターゲットはEマウントユーザーでしょうから、マイクロフォーサーズユーザーにとってはおまけ感が拭えません。Eマウントユーザーにとっては広角24mmの1.4ですからスペックも値段も魅力的ですが、マイクロフォーサーズでは32mmであの大きさですから、大きさも値段も無駄が多すぎです。
シグマは60mmのみ価格も大きさも換算120mm魅力的だったので試しに購入しましたが、今後はどのメーカーであれ、マイクロフォーサーズ専用マウントしか購入しないと思います。

olympusの17/1.2にするかsigma16/1.4にするか?
値段が倍ですが常用レンズとなるのでどれくらい寄れるかで決めます。

M4/3ユーザーですが即予約しました。
換算32mmというのも個人的には合いそうで楽しみにしてます

30mm F1.4は、APS-Cで換算45mm、MFTで換算60mmとどちらのマウントユーザーにもバランスの良い焦点距離でしたが、今回は確かにMFTはおまけ感が拭えませんね。しかし30mmの時もそうでしたが、Eマウントにも対応できる余裕あるイメージサークルの為、MFT版はすこぶる良好な光学性能を有しており、「隠れArt」と一部では言われていたかと。16mm F1.4も解像指向なら、オリンパス17mm F1.2PROのボケ味指向とよい補完関係になるかもしれませんね。

今回の16mm1.4はContemporaryとして製品になっていますが、
19・30/2.8・60はArtのシリーズになっています。
本来はArtのシリーズの方が位置付けが上のはずですがミラーレス用レンズは30/1.4と共に大口径のほうをContemporaryにしたので、ちょっとややこしいラインナップになってしまいましたね。

富士フィルムXマウント、キヤノンEF-Mマウントもそろそろ手掛けたら良いなと思います。

最大撮影倍率は0.1倍ですね。
35mm換算で0.2倍です。
レンズの仕様は↓
https://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/contemporary/c_16_14/specifications/

単焦点なのに13群16枚で
FLD ガラスSLD ガラス採用で
でもContemporaryで安いなんて
うれしいですね

マイクロフォーサーズの場合
その価格帯なら
パナライカとの勝負になりそうですね
F値をとるか、距離をとるか
ますます悩みそうだ

定価が57000円?このご時世でそんな額なわけないでしょ・・・と疑ってしまう感じですね(笑)
安価ながら魅力的なレンズと思います
Xマウントユーザーですが羨ましいですorz

位置づけはよくわからない部分もありますがこちら16mmは光学性能だけじゃなくコンパクトさもウリなのでしょう

明らかにAPS-Cで35mm判換算24mmでの使用を念頭に企画されたレンズだと思いますが、M4/3での35mm判換算32mmも35mm判換算35mmの単焦点レンズより一歩引いた画角を得られると考えるとイメージしやすいかもしれませんね。
またAPS-Cのイメージサークルで設計されているためM4/3ではレンズ周辺部を使わず所謂オイシイところだけ使えるのでそれが画質面で優位かもしれません。
価格も初値最安4万円台なのでスペックを考えるとコスパが素晴らしいですね。

m4/3はおまけでしょうけど、カメラ本体が大型化しているのでAPS-C用レンズを付けても違和感はなくなっていますね。
EF-Mはともかく純正志向の方が多そうなXマウントへの対応は難しそう。

パナライカの12mmとほぼ同じレンズ構成ですね。メニスカスレンズの位置が少し違うぐらい。
価格は半値以下というバーゲンプライスなので、量産品の品質が良ければ買いたいです。

xマウント への対応もお待ちしています。。

Xマウントもお願いします!!

多くの方もおっしゃってますが、私もXマウントを待っております。
価格は抜きにシグマの描写を好む人も多いのではないでしょうか。

わがまま次男が仰る様に、マイクフォローサーズのユーザーは、余り惹かれないかも知れませんね。

私も15mmF1.7を持っていますが、16mmの方が、もしかしたら使い易い?とは思うものの、やはり15mmのコンパクトさの方が魅力です。

しかし、12、14、15、16、17mmと揃ったのは、良いことですね。こんなにきめ細かく揃ったマウントも、そう無いでしょう。

>>わがまま次男さん

上のコメントで呼び捨てになってしまいました。
失礼致しました。

昔、シグマの19mm初期型は電源オン時に撮影可能になるまでの時間がかなり長くなるのが我慢できずに手放しました。
個人的には描写性能よりも、そういった使い勝手の部分で純正に劣らないかが気になります。

かなり贅沢なレンズ構成でF1.4の単焦点が、この値段はかなりお得感があります。
EF-Mマウントには、専用の単焦点が少ないので、EF-Mで出してもかなり売れると思うのですが、ぜひ検討して頂きたいです。

m43には微妙ですねぇ
30mmF1.4にも特殊レンズを沢山使って色収差を抑えてくれたら良かったのに…
後に出るらしい中望遠でもこんな豪華仕様なら人気レンズになりそう

昔々のpen sは30mm/2.8でした。
mFTuserにとっても32mm/1.4。悪くない画角と思います。

artだから上とかcontemporaryだから廉価みたいな位置づけはないでしょう。
これまでも説明してたと思いますけど

このシリーズのメリットとしてマウントが変更可能というのがありますが、もう少し種類が欲しいですね。
Xもあるし、Qとかに対応(MC-11みたいなアダプタになる?)できると面白そう

APS-C用に12mmくらいのコンパクトな単焦点を出して欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがミラーレスカメラによるプロ市場攻略を宣言」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが中国の認証機関に未発表機種を登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る