パナソニックが「LUMIX DC-G9」を正式発表

パナソニックが海外で、スチル写真家向けのハイエンドm4/3カメラ「DC-G9」を正式に発表しました。

Panasonic G9 offers pro-level features (dpreview)

  • パナソニックが、特にプロのスチル写真家をターゲットにした「LUMIX DC-G9」を発表した。G9は、20コマ/秒の高速連写が可能で、GH5と同じ20MPのセンサーを採用しているが、より良好なJPEG画質が得られるように調整されている。
  • G9はセンサーシフトで8回撮影し、80MPの超高解像力のRAW画像を生成する機能も備えている。
  • G9の手ブレ補正は6.5段分の効果(広角側ではボディのみで、望遠側ではDual I.S.2を使って)で、レンズ交換式カメラの中で最高の性能がうたわれている。この手ブレ補正には、ジャイロセンサーだけでなく、撮像センサーや加速度センサーからの情報も使用してより高精度な手ブレ情報を演算する新開発のアルゴリズムを採用した。
  • AF測距点は225点で、DFDは改善され、AFは速度と動体追尾の両面で進化している。連写はAF追尾で電子シャッターで20コマ/秒(機械シャッターでは9コマ/秒)で、AF固定では60コマ/秒(機械シャッターで12コマ/秒)だ。バッファーはAF固定の連写の場合、RAWで50枚まで撮影できる。ファインダーは高速連写時でもブラックアウトしない。
  • G9のボディは金属製で、防塵防滴仕様、耐低温-10℃だ。また、AF測距点選択用のジョイスティックを備えている。
  • EVFは368万ドットの有機ELで、倍率は換算0.83倍になる。液晶モニタはバリアングルで、UHS-II対応のデュアルSDメモリーカードスロットを搭載している。
  • 動画は4K 60fpsで、最大ビットレートは150Mbpsだ。動画は全画素読み出しでクロップはしない。4K 60fpsのスローモーション動画や、フルHD180fpsのスローモーション動画も撮影できる。6Kフォトと4Kフォトも搭載している。
  • バッテリーはGH5と同じDMW-BLF19で、バッテリーライフはCIPA規格で400枚。
  • ISO感度は、ISO200-25600(拡張でISO100-25600)
  • シャッターは機械シャッター60秒-1/8000秒(シンクロ1/250秒)、電子シャッター1/32000秒。
  • 大きさは137 x 97 x 92mm、重さはバッテリー込みで658グラム。
  • G9の発売は2018年1月、価格はボディのみ1699ドルだ。バッテリーグリップDMW-BGG9も同時発売で、価格は349ドルになる。

panasonic_g9_010.jpg

G9のスペックは、ほぼ噂通りで、AFの追従20コマ/秒の連写や、連写時にブラックアウトしないファインダー、80MPのハイレゾモード、改善されたAF、6.5段分の効果の手ブレ補正など、スチルに関する機能はGH5よりもかなり優れているようです。

加えて4K60fpsの動画も撮れるので、動画機としてもハイスペックですね(GH5とは10bit記録やV-Logの有無、録画時間などで差別化するのでしょうか?)。G9の価格は1699ドルで、先日の噂よりは安価になっているようです。

2017年11月 8日 | コメント(53)

コメント(53)

なんとクロップしない!
全ての要素を詰め込んできましたね。
これで高感度性能とフリッカー対策ができていれば死角なしですが。

パナからこんなのが出てくるとは!!
E-M1Mk2まだローン全然終わってないよ〜
完全に狙い撃ちされてますね。E-M1Mk2

動画機能は無いと思ってました!!
ますます欲しくなりました。
外観は、スクープ写真と全く同じですね!!

以前GH5のファームウェアの噂で20コマが
あるかもしれないという記事がありましたが
G9のことだったようですね
広角での手ぶれ補正が発表通りの性能なら
GX8からたった数年で物凄い進化ですね

動画は30分縛りがあるのかな?、スチル重視だから合っても仕方ないですが。
4K60pのために買ってもいいと思えるカメラですね。

GH5と同じバッテリ-が使用出来て、しかもシンクロ同調が1/250secで購入したいと思います。

でもGH5との差別化でDCI4Kには対応してませんが、
4K60P行けるんですね。

他サイト見てると、4k60Pは10分制限ありとありましたね。
動画はとらないから個人的には大丈夫ですが。

多分、買います(笑)

機械式シャッターのスペックはE-M1IIより抑えめなものの、電子シャッターではほぼ同等、ローリング歪みの低減もうたっているようなのでオリンパスとどこまでやりあえるのか、あるいはさらなるユーザーを取り込めるほどの能力を持っているのか、楽しみになってきました。

あと噂通りブラックアウトもしないようですね。
よく分からないのですが、ブラックアウトレスはどういう技術的バックボーンがあれば実現するものなのでしょう?
α9のようなメモリ搭載センサーでなくても読み出し速度さえ速ければ制御次第で可能なのでしょうか?
E-M1IIでもファームアップで実現すればいいのになと思いました。

値段が予想より安くて良かったです。USB充電ができるみたいですね。
あと、GH5で可能になったデザー撮影がG9でも可能なのかが気になります。

LUMIX G1登場から9年でここまで到達したかあ
という風格がありますね。
G5までは女性ユーザーを意識したライト路線のシリーズだったのに凄い豹変ぶりだと思いました。
G10が既に出ていますから9ナンバーは最高位モデル専用になって次世代からはMarkIIになると予想。

カシオを除くデジカメメーカー全てが本格的レンズ交換機を広く展開し、
全てのシステムにフラッグシップ系のモデルが用意されている日本のカメラ産業の凄さを再認識しました。

広角側だけとはいえ、ボディのみで6.5段とは!

これはオリンパスもうかうかしてられませんね。

X-T1メインでサブにGX7 MarkⅡも併用していますが、チルト液晶派にとって大いに残念なのを差し引いても、発売前からここまで気になるパナのミラーレスは初めてです。
電子シャッターの幕速はα9と同等の1/160秒をクリアしてるのか?
秒20コマでAF追従するというDFDの実力は?
…といった気になる点がクリアされれば、場合によってはα7Ⅲのために貯めてた購入資金をG9に回してもいいかも?

G1桁も使い切ったことだし、今後はG9にMark〜を加えるネーミングルールに切り替えてくるというのは自分も思いました。
となるとG8の真の後継機はG8 MarkⅡ? それとも奇数ルールでG7 MarkⅡ?
ヒエラルキーの見直しもどうなっていくのか、今後も目が離せませんね。

噂より安いですね。
やっぱりこれにします!

外形寸法と重量が気になりますね…

買います。

全画素転送が1/60で終わるなら、実質ブラックアウトレスになりますね。EVFのフレームレート次第です。

>nobushiさん
記事に大きさや重さを含むいくつかのスペックの情報を追加しました。

ほほう。G1から歴代「DMC」だったと記憶しています。型番からMを除くほど今回は写真に本気、ということなのでしょうか、それともマーケティング的に一銭もかからないでアピールできる、という判断なのか。実物をじっくり見たい気にはさせられます。

LVFですが、GH5では60fps/30fpsだったのに、G9では、同じ画素数で、なおかつ、120fps/60fpsとなっていますので、GH5より滑らかに、他社でいうとα9やα7RIII並みの見やすいLVFになっているのではないかと期待しています。倍率も高いですしね。

手ブレ補正は6.5段分の効果とは静止画?だけでしょうか
オリンパスの最強手ブレに匹敵するのでは?

もし動画4K60Pで6.5段分の手振れでしたらGH5超えてますよね。
GH5にもファームアップでなんとかしてほしいです。

スペックも盛り込んでますが、マイクロフォーサーズの小型軽量路線から外れてどこかオリンパスフォーザーズ機E-一桁機を思い起こさせるボディもありだと思います。フラッグシップモデルならミラーレスといっても大きくごつくて構わない、むしろ歓迎という方も多いのでは?

ブラックアウトしないのはどうなんだろう?
逆に使いにくそうな感じがする

ブラックアウトすると、脳が勝手に補完するけど、しないと実際の映像だと思うけど、それはタイムラグがあるので

これくらいならギリギリ手が出せる値段です。
Gh5と同じセンサーで画質をどの程度レベルアッブできるか?
ボディ内容手振れ補正がオリンパス機と比べて同程度か?
が気になるところです。

結局センサーはマルチアスペクトでもなんでもなかったようですね。
ちょっといろいろ妄想し期待もしてたので残念と言えば残念ではありますが。
次は動体AF性能がどの程度のものか、に注目が移るかと思いますが、E-M1IIやα9と比べて果たしてどうでしょうか。
私はE-M1IIを買ってまだ1年経ってないので購入する余裕もなく対象外ですが、マイクロフォーサーズの地位向上のためにも頑張ってもらいたいものです。

α7R III(約657g)とほとんど同じ重さですね。
センサーサイズ関わらず手ブレ補正を搭載した高性能ミラーレスは
650g以上700g未満が主戦場になってくるんでしょうか。

E-M1 markⅡを予約購入して使ってますが優位性が無くなりました。
手ぶれ補正やハイレゾショットといったお家芸まで物にされ、初値も10万以内に収まりそうで、EVFのスペックは上。
正直複雑な気持ちです。

動画の録画時間が気になったので調べて見たところ、パナソニックのイギリスのサイト(?)にスペックの詳細が出ており、それによると4K60pでリアモニターなら60分、ファインダーなら55分との記述がありました。
リアモニターとファインダーで違うのは、この制限がバッテリーの持続時間で決まってるからなのでしょうか?
とにかく欲しいです。
http://www.panasonic.com/uk/consumer/cameras-camcorders/lumix-g-compact-system-cameras/dc-g9.html

E-M1mark2とa9の双方を同時にライバルに取る機種ですね!

しかし、GX7では完全にオリンパスの後塵を拝していた手振れ補正が、ここまで急速に改善されるとは…。

SDスロット周りに本気度を感じますし、AFとEVFのレビューを早くみたいです

普段はペンタ機使いですが、コレまたすごいのが出たんですね。
性能もすごいですが、重さもKP以上K-3くらいとは、剛性も凄そうですね。
なんとなくですが、フォーサーズの名機オリンパスのE-5みたいなサイズ感に戻っていくような気も。個人的には、剛性の高いカメラが好きなので良いかなあ。
このマウントはレンズも沢山あるし、買っちゃいそうです。

ここまでやられたら、GX勢の立ち位置は…。
軽量機のカテゴリとして扱われるのでしょうか。

大きく、立派なのは素晴らしいですが、以前のGシリーズの流れはどうなってしまうのでしょう。

EM-1markⅡの電子シャッター連写時のブラックアウトは敢えてそうした処理をしてるそうですよ。
実際あれ位短いブラックアウトは撮影時に影響ないし撮ってる気になるので自分としてはあった方がいいです。

GH5より多くの人はこっちのほうがいいんじゃないかな。

EM1mk2対抗機は必要だったかもしれませんが
ネームをG9とすべきだったのかどうか…

SDダブルスロットが次期GXに乗りますかね?
GH、G、GX3ラインをハイグレードに置く販売は
微妙な気がするので、次期GXはミドルグレード扱いに
なって小型化路線になる気がしますね

他社の上位機種の様に、静かに押し込むタイプのシャッターボタンか否か気になります。
パナは代々、プチっと衝撃のあるシャッターボタンなので。

名前をつけるやり方があっちこっちいってるけれど
一旦G8までのラインナップで完成形なったと思うし
スチル系のミドルをG8mark~
フラグシップをG9mark~
レンジファインダー型でGX
動画系をGH5mark~
こっちのほうがいい気がする

はらぽさん

パナソニックのデジタルカメラはGF9を皮切りに、今年発売のモデルから全てDMC→DCに変更になっています。
Digital Media Camera の Media を外した格好ですが、どういう意図なのかはパナソニックから公式にアナウンスがあったわけではないので不明です。

すみません。前の書き込みの訂正です。
海外のパナソニックのサイトにある仕様を再確認したら、4K60pの連続録画は10分で止まるという注意書きがありました。完全に見落としていました。ちなみに、それ以外(4K30pやFHDを含む)は29分59秒まで連続録画可能なようです。
お詫びして訂正いたします。

動画の時間制限早めてほしかったなぁ。
4K60pについては排熱周りでGH5ほど対策していないのであればしようがありませんが、FHDなどこれまでの機種はバッテリーとメモリの続く限り録画可能でしたので、残念です。

2K以下での録画時間制限がなければ、ビデオカメラを別途用意せず、これ一台で済んでしまうのですが。

29分59秒に制限したのは、完全にEUの関税対策ですね。(ビデオカメラ扱いになり、関税が高くなる)

OM-D E-M1MkIIの優位性が低くなりつつありますね。
スチルならオリンパスという感じがありましたが、これからそれが少しずつ変わるのでしょうか。

マウントが同じなのだから互換性をもう少し向上させてほしいですね。
デュアルISとシンクロISの互換が有ればいいのに、といつも思います。

凄いものを出してきましたねー
ボディ重量が400g以下じゃないと買いませんが、手に取って色々いじってみたいです。
大型のGH5とG9
中型のGX7mk2
小型のGF
こんな感じなんでしょうね。
GX9はたぶん出ない?

最近のパナの型番がDC-で始まるのは海外に合わせているから、とメーカーに聞きましたよ。

型番のDC-は単に部門が移ったからでしょう。
今年の3月の事でこちらでも話題になりましたよね?

G9は、これまでのm4/3の集大成ともいえる機械になりそうです。
次はオリンパスのE-M5 Mk3がどう対抗してくるか、ですね。
3年サイクルを守るのであれば、あと半年程度?
それともG9の仕上がりっぷりをみて、夏までかけて新しい提案を模索するのでしょうか。フラッグシップとしてのテンコ盛りをする必要のない機械です。

オリンパスとペンタックスが磨いてきたボディ内ISはミラーレス陣営で均一化されつつあります。canonも時間の問題でしょう。
ピクセルシフト撮影に先鞭をつけたのををはじめ、先鋭的な提案をおこなってきたE-M5が次に打ち出すのは何なのか、G9をみて楽しみになってきました。

以前、Gシリーズは消滅するかもしれないという話題がどこかにあった気がしますが、これでシリーズ安泰、中核を担うことになるでしょう。

GXシリーズをミドルクラスの中核として、10万円以内の価格にすれば、バランスがとれると思います。

システムカメラの王道はG、GH、ストリート、ファッションカメラはGXがよろしいかと。
レンズ構成を見てもズームは大きめ、単焦点は小さめなので、ボディもグリップボディとフラットボディ2系統がしっくりきます。

G9とLeica200の山歩きのレビューがヤバいくらい。
かなり欲しくなってくる。

http://jacobjamesphotography.co.uk/panasonic-lumix-g9-the-ultimate-m43-stills-camera/

操作性とか大きさ・重さとかは製品を触ってみないとわからないけど、
軍艦部の液晶はよくやったと思います。

GH5は業務用動画機的側面が強くスチルを蔑ろにしているわけではないですがスチルユーザーにとっては動画機能部分へのコストが逆に二の足を踏む原因にもなっていたように感じます。
そこで動画機能はほどほどに(とはいってもスチルユーザーには十分過ぎる性能ですが)スチルにパナソニックの現在の全力を注いだG9が登場というわけですね。
こうなるとM4/3マウントにて動画第一にリソースを割いたGH5がイレギュラーな存在と見たほうがラインナップとして分かりやすいように思えてきました。
上からG・GX・GFがあり(GMは消滅?)GHは体半分以上が動画機としての役目を担ったフラッグシップですね。
GX(GM)は形状的に収納しやすく取り出しやすいので日常的な需要に応えられるミドル機として富士フイルムでいうX-E3のような方向性になるのでしょうか。
ともかくG9の日本での公式アナウンスが気になるところです。

海外ではG8はG80/85だったのでG一桁シリーズと二桁シリーズになるのでは…。もしかするとGXも…!?

①上から見て露出がわかる
②マニュアルフォーカス時に拡大表示を全画面ではなく窓で表示できる
③距離目盛をもつ自動絞りのレンズシステムがある
という 3 つの特徴を備えた EVF のカメラはこの G9 が初めてだと思います。

これまで

①→α マウント機、サムスン NX1、ライカ SL、X マウント機 (シャッターダイヤル)
②→LUMIX 全般、富士フイルム X-T2
③→α マウント機、E マウント機、シグマ sd Quattro、sd Quattro H、マイクロフォーサーズ機

となっており、①②③を同時に満たせるミラーレス機がありませんでした。LUMIX は元々②③を充足していたので、今回①を充足してくれたのが嬉しかったです。

今回 G9 を出してくれたパナソニック、素晴らしいレンズを提供し続けてくれているオリンパスとトキナーのマイクロフォーサーズ陣営に拍手を送りたいです。

地味ですけどフォーカスブラケットも付いてますね。
年末はE-M1ii買おうと思ってましたがこれは・・・
http://www.panasonic.com/uk/consumer/cameras-camcorders/lumix-g-compact-system-cameras/dc-g9.specs.html

当たり前ですが、E-M1 mark IIを超えてきましたね。しかも、E-M1 mark II初値より若干お安くなりそうな気が・・・。この1年意識して開発してきたと思います。ボディ手振れ補正も、手振れ補正連携対応レンズもパナソニックが上。オリンパスもうかうかしていられませんね。ファームアップで同レベルに上げられるか?超望遠レンズと相性良さそうなので、そろそろオリンパスも超望遠ズーム出して欲しいです。

GH5より重いのですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムは1インチコンパクトの市場には参入しない?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが「LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER OIS」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る