タムロン「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」は素晴らしい光学性能で価格も魅力的

ePHOTOzineに、タムロンの一眼レフ用の超望遠ズーム「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」のレビューが掲載されています。

Tamron 100-400mm f/4.5-6.3 Di VC USD Lens Review

  • このレンズはスペックの割りには比較的コンパクトだ。鏡筒の造りも良好で、操作系はすべて滑らかに動く。
  • 解像力は100mmでは中央は開放(F4.5)からF11まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放(F4.5)では良好な値(good)、F5.6からF16ではとても良好な値(very good)になる。

tam100-400_mtf100.jpg

  • 200mmの解像力は、中央は開放(F5.6)からF11で素晴らしい値(excellent)で、隅は開放(F5.6)でとても良好な値(very good)、F8とF11で素晴らしい値(excellent)だ。

tam100-400_mtf200.jpg

  • 300mmの解像力は、200mmと非常によく似ていて、中央は開放(F6.3)からF11では素晴らしい値(excellent)、隅は開放(F6.3)ではとても良好な値(very good)でF8では素晴らしい値(excellent)だ。

tam100-400_mtf300.jpg

  • 400mmの解像力は、中央は開放(F6.3)からF16でとても良好な値(very good)で、隅は開放(F6.3)では甘いが、F8とF11では良好な値(good)になる。

tam100-400_mtf400.jpg

  • 色収差は、中央は広角端では極めて低い値で、望遠側に行くに従って次第に増えるが、それでも素晴らしい性能だ。隅も良く補正されていて、超望遠ズームとしては素晴らしい。
  • 歪曲は、ズーム全域で糸巻き型で、100mmで+0.66%、200mmで+1.51%、300mmで+1.55%、400mmで+1.61%だ。これは他の多くのズームレンズよりもずっと良好で、多くの被写体では後処理での補正は必要ないだろう。
  • 逆光耐性は問題ない。逆光でフレアは容易には出現せず、コントラストは良好に維持されている。
  • ボケは、広い部分は上手く溶け込んでいるが、細かい部分、例えば小鳥の背後の木の枝の部分などは少々うるさく見える。幸いなことに超望遠は背景がボケやすいので、ボケは許容範囲内だ。
  • 手ブレ補正は効果的で、レビュアーは、シャッター2段分までは厳密にシャープネスが維持された画像が、4段分までは、小さなプリントなら使える画像が得られた。
  • 価格は790ポンドで、非常に魅力的な価格設定だ。
  • このレンズは満足の行くレンズで、価格も間違いなく魅力的だ。回折の影響を非常に受けやすく絞り込むと解像力が落ちやすいが、全体的な光学性能は素晴らしい。Photoshopで若干シャープネスをかけると、シャキっとした非常に印象的な画像が得られる。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が少ない、フレアが少ない、素晴らしい使い勝手、高速で静かで正確なAF、防滴仕様、TAP-Inモジュール対応、1.4倍のテレコン対応。
  • 悪い点:開放F値が暗い、三脚座が付属していればよかった、三脚座の設計が洗練されていない、若干ボケがうるさい。

 

タムロンの100-400mmは、低価格にもかかわらず光学性能はかなり優秀で、特に200mmと300mmは開放から隅まで極めてシャープで素晴らしい性能ですね。望遠端の400mmでは、他のレンズ同様に少し解像力が落ちますが、十分実用的な性能を維持しているようです。

ボケは、若干のうるささが指摘されていますが、サンプルで見ると悪くないという印象です。

ライバルのシグマ100-400mm(同じePHOTOzineのレビューがこちらにあります)との解像力の比較では、広角端はシグマの方が良好ですが、中間域は逆にタムロンが良好で、望遠端はいい勝負という感じでしょうか。

2017年12月10日 | コメント(3)

コメント(3)

自分は三脚座必須なのでタム一択だけど、ボケはシグマのがよさそうだし悩ましい。シグマも三脚座付くタイプにモデルチェンジしてくれないかな。

三脚座の設計が洗練されていないというのは気になりますね
せっかく三脚座のオプションが用意されているのに残念です
解像力に差がないのであれば、SIGMAはボケ、TAMRONは色乗りと好みで選べば良さそうですね

発売日に購入して運動会等で使いましたが,
AFや描写については満足しています。
一方で,三脚座については台座部分が70-200(A025)のものよりだいぶ長く,
手持ちで使う時ズーミングの邪魔になるのが残念です。
70-200と同じコンパクトな形状だったらよかったのですが。

手持ちの時は外せばよいと言われればそれまでなのですが,
速写ストラップを三脚座のネジ穴に固定する形で使ったほうが移動時の重量バランスがよいので,悩ましいところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「画質比較ツールに「PowerShot G1 X Mark III」のデータが追加」です。

次のブログ記事は「今年ソニーから登場したデジタルカメラの数は1998年以降で最低」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る