シグマ「16mm F1.4 DC DN Contemporary」は素晴らしい性能でコストパフォーマンスに優れたレンズ

ePHOTOzine に、シグマのミラーレス用の広角単焦点レンズ「16mm F1.4 DC DN Contemporary」のm4/3版のレビューが掲載されています。

Sigma 16mm f/1.4 DC DN Contemporary Review

  • 重さは380グラムと控えめで、持ち運びは苦にならない。フォーカスリングは電動で、非常に滑らかに動く。
  • AFはステッピングモーターが採用され、とても速く静かだ。
  • 解像力は、中央は開放からF2ではとても良好な値(very good)で、F2.8からF8では素晴らしい値(excellent)になる。隅の解像力も立派なもので、開放からF2.8ではとても良好な値(very good)で、F4とF5.6では素晴らしい値(excellent)だ。

sigma_16mmf14_mtf_001.jpg

  • 倍率色収差は中央はわずかで、隅では少し高い値になる(開放で0.9ピクセル前後)が、大部分の状況で問題はないだろう。
  • 歪曲は-0.08%とほぼ完璧で、これがレンズの光学補正によるものか、後処理によるものかは、自動補正がOFFにできないので分からないが、いずれにしてもこれは素晴らしい結果だ。
  • 逆光では、フレアを出すことがとても困難で、太陽を直接入れた場合でさえフレアはでなかった。
  • ボケは全体的にとても滑らかで、後ボケには全くうるささは見られない。
  • 全体として光学性能は素晴らしく、「Artレンズにほぼ匹敵する性能」というシグマの主張に沿うとても優れたレンズだ。
  • 価格は449ポンドで、このレンズの直接のライバルは不在だが、大口径を考えると、コストパフォーマンスは良好なように思える。
  • シグマの16mm F1.4 は素晴らしい性能で、非常に明るく価格もリーズナブルで、m4/3ユーザーとEマウントユーザーの双方にとって魅力的なレンズだ。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が少ない、歪曲が無視できる大きさ、価格が安い、F1.4の大口径、動画に使える静かなAF、防塵防滴。
  • 悪い点:距離目盛りと被写界深度目盛りが無い。

 

シグマの16mm F1.4は、解像力は開放付近から十分に高く、ボケもとても綺麗で、非常にコストパフォーマンスの高いレンズという印象です。あとは、Eマウント版のテスト結果も見てみたいところですね。

2017年12月 3日 | コメント(8)

コメント(8)

APS用だけあって、M43だと周辺までバッチリですね。でも換算32mmの画角はちょっと中途半端かな。

ずーっと気になっていたので、背中押してくれて有り難いです。

32ミリ。50ミリだと狭すぎて使い難い自分には(シグマの3014は同じ理由で却下しました。)、35よりちょっと広めということでむしろ安心感があります。人それぞれじゃないでしょうか?

クリスマスセールで気持ち落ちるか、在庫払底するだけか、、。
様子を見て買います。

換算32mmといっても歪曲収差補正が入るので、実際の画角はもう少し長い焦点距離になると思われます。
35mmの画角が好きな方には丁度良いのではないでしょうか。

純正のm43レンズは歪曲補正後の焦点距離をレンズに表示してますが、シグマは違うんですか?

Eマウント目線で言うと、SONYのレンズ開発リソースは目下のところFEに注がれているようなので、APS-Cの高性能レンズは非常にありがたいですね。絶妙なところを突いてきていると思います。

想像以上に素晴らしい性能ですね。加えてこのコンパクト性と手頃な価格は、EOS-Mシステムのユーザーからみても羨ましいです。
TAMRONにEOS-M対応レンズがあるくらいなので、SIGMAにも対応して欲しい。

APS-C、MFT関わらず、歪曲補正後が16mmでは?
MFTが実質35mmならば、APS-Cは26.25mmなんて、それこそ中途半端な画角ですから。

オリンパスの17mmf1.2が10万を超える価格になるでしょうから
4万円台でこのレンズが手に入るのは魅力的です
コンパクトさなら17mmf1.8
やや大きくても解放から使えて明るさを求めるなら16mmf1.4
と棲み分けできそうですし


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-H1とX-T2の大きさの比較」です。

次のブログ記事は「富士フイルムの新フィルムシミュレーション「Eterna」が現行機種に追加される可能性がある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る