オリンパスが「E-M1 II」「PEN-F」「E-M5 II」の新ファームウェアをリリース

オリンパスが「E-M1 Mark II」「PEN-F」「E-M5 Mark II」の機能拡張ファームウェアをリリースしました。

ファームウェアのアップグレードを実施

  • オリンパスは、「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」用ファームウェア Ver.2.0、「OLYMPUS PEN-F」用ファームウェアVer. 3.0ならびに「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」用ファームウェアVer.4.0を2018年2月28日(水)から公開する。各製品の機能追加と性能向上などを実施すると共に、新アートフィルター「ブリーチバイパス」を追加した。
  • 「OM-D E-M1 Mark II」 ファームウェアVer.2.0主な内容
    1. プロキャプチャーモードの機能向上
    2. 深度合成対応レンズに「12-100mm F4.0 IS PRO」を追加
    3. スモールAFターゲット設定を追加(S-AF、C-AFとも)
    4. ボディー内Fisheye補正(8mm F1.8 Fisheye PRO使用時)を追加
    5. 再生時の拡大倍率の指定と、ピクセル等倍表示を追加
    6. 「フリッカースキャン」機能を追加
  • 「OLYMPUS PEN-F」 ファームウェアVer.3.0主な内容
    1. 撮影画像のモノクロ・カラープロファイル情報をPC経由でカメラに保存が可能
    2. モノクロプロファイルコントロールのシェーディング効果をカラープロファイルコントロール、カラークリエーターでも使用可能
  • 「OM-D E-M5 Mark II」 ファームウェアVer.4.0 主な内容
    - 深度合成機能を搭載
  • 各製品ファームウェア共通内容
    1. 新アートフィルター「ブリーチバイパス」追加
    2. 「LEICA DG ELMARIT 200mm / F2.8 / POWER O.I.S.」対応

 

以前からよく噂が流れていたオリンパスの新ファームウェアが正式にリリースされました。特にE-M1 Mark II は今回は大きなアップデートで、要望の多かったスモールAFターゲットも実現されているので、ユーザーに大いに歓迎されそうですね。

2018年2月28日 | コメント(15)

コメント(15)

制約こそありますが、魚眼が11mmF1.8として使えるのは凄いですね。
マイクロフォーサーズでも良い感じに星が撮れそうです。

pen-f今まで不具合修正のファームアップばかりだったし、やっとまともなアップデート来た感じがします。

M1mk2をアップデートしました。
H限定とは言えプロキャプチャー機能のレンズ制限がなくなったのは嬉しいです。

CAF性能の向上がどんなものかは実際に撮りにいかないとわかりませんが、今まではAF優先でも連写一枚目だけピントが妙に甘いことがあったりしたのが改善されているのだったら助かります。

カード2枚にRAWとJPEGを振り分けた際にUHS2対応スロットがRAWだとO.I.SHAREで画像が見えない問題も解決してるといいのですが、さすがにこちらは無理かな。

E-M5MarkIIで深度合成キター!
深度合成やりたいけど、これのためだけにM1MarkIIを買うのは…と思ってましたが、これで心おきなく35mmマクロ買います。

昨夜、PEN-F・E-M5 Mark IIのアップデートをしました。
個人的には恩恵は余り無いのですが、アップデートで初期設定に戻ってしまう項目は余りいただけませんね(画質設定など)。 でも、ファームアップが適時行ってもらえるのはうれしいです。

同時にDaVinci用のLUTファイルがダウンロードできるようになってますね!
現状はlog収録が出来るわけではないので、あくまでグレーディング向けのFlatモードで撮影したデータに適用するだけですが、
近い将来、log収録もできるようになるんでしょうかねー。
次のE-M5 IIIか、もしくは動画に特化したモデルが出るとか?!

楽しすぎ! 色々な機能アップで、シャッターチャンスの可能性がひろがりますね!
少しずつ試してみます。
昨夜はfisheye8mm f1.8で、広角補正試しました。優秀です。パースの効いたf1.8広角レンズもどきに早変わり。楽しいですね。さすがに、fisheye広角補正と、シフト補正 両方同時には効きませんが、充分です。
次はプロキャプチャーとスモールスポットの組合せ試してみます。

書いてないですが、E-M1も一応アップデートがされていて、LEICAの200/F2.8のAF対応だけされていますね。

けどまあ、これだけのためにリセットまでするのもあれなので(このレンズ持ってないし)、次回のアップデートまで待つかなあ(けど、そろそろ新機能の追加は終わりでしょうかね。まあ現行で十分使えますけど)。

M1mk2のプロキャプチャーの全レンズ解禁!はありがたいですね。
最初から妙な制限つけなければ・・・っていう心の声もありますが。

OV3のアップデートも地味に行われていて、そっちだと過去のOM-D機でもブリーチバイパスが使えるようになってますね。
初代M10で撮ったRAWにもブリーチバイパス可能でしたが、PM2のRAWには適用できませんでした…。

PEN-Fをアップデートした方で、シャッター音が変わったと感じた方はいらっしゃいますか?
特に低振動モードでのシャッターの動きというか音が変わっているのですが個体差とかでしょうか??
低振動モードのシャッター音が好きだったので少し残念に感じています…

>通りすがり様

情報ありがとうございました。小生が過去に保持していたオリンパス機のRAWデータで試してみました。ブリーチバイパスの使用可否ですが、

 E-M10Ⅱ 〇
 E-PL6  ×

となりました。推測するにTruePicⅦ以降のボディであればOV3のアップデートでブリーチバイパスを使うことができるようになるのではないかと思います。

ついでですがOLYMPUS Viewer3のアップデートで、
E-M1 MarkIIのRAWにもE-PL9に追加された
「ネオノスタルジー」をかけることが出来ますね。

使い勝手はこれで良くなったのですが、カメラのWi-Fiは「認証に問題あり」とスマホへの接続ができなくなりました。

俊さまさんの書込みを拝見してスマホとタブレットのWi-Fi接続を確認したところパスワードエラーで接続できず、プロファイル(iOS)を登録し直して接続できるようになりました。アップデートの際、Wi-Fi設定がリセットされてしまうのでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年2月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7 III の41枚のサンプル画像が掲載 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「コシナが「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」など3本のレンズをCP+に参考出品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る