タムロンの新レンズのティーザー画像

Photo Rumors で、タムロンの新しいレンズのティーザー画像が紹介されています。

New Tamron lens teaser

  • タムロンがアジアで新しいレンズのティーザー広告を出している。個人的な推測では、フルサイズ一眼レフ用の100mm前後の新しい望遠単焦点レンズではないかと推測している。

tamron_lens_teaser_20180214.jpg

タムロンからも新しいレンズが登場するようですね。新レンズは、PhotoRumorsが言ってるように、中望遠程度のレンズのように見えます。

Canon Rumorsは、画像のレンズを100mm F2 VC か135mm F2 VCと予想しているようです。また、SonyAlphaRumorsは、新規ソースからの信憑性の低い情報ですが、Eマウント用のフルサイズ対応のレンズ「28-75mm F2.8 Di III RXD(Model A036)」という噂を掲載しています。

2018年2月14日 | コメント(17)

コメント(17)

FE用28-75だったら躍り上がって喜ぶなぁ。
ボディに見合わぬデカオモズームには辟易しているので。

フォーカスリングとズームリングがあるみたいなんでズームレンズですかね
デザイン的にはEマウント用に見えます

タムロンのティザーは珍しいですね。
最近のタムロンレンズに付いているブランドリングなるものが見受けられません。
既存のFマウント用ともEFマウント用とも違って見え、Eマウント用によく見られる形状に思えます。

フォーカスリングの他にズームリングがあるようにも見えるのでズームレンズでしょうか。
鏡筒のデザインやマウント付近の形状からEマウントレンズのように感じますね。
わざわざティーザー広告を打つことからタムロンもフルサイズEマウントレンズを出すということなのでしょうか。

オレンジ色って所でEマウント用ぽいですね。
シグマのFEマウント用も発表が有りそうなので、ぶつけてきたなと。
楽しみですね。

少し画像を弄ってみると前玉が伸びるように見えます。
28-75mmF2.8だとするとeマウントにしてはマウント部が大きく感じるのでレフ機用でしょうか。

Eマウント用の高倍率ズームレンズと予想

これは、確実にEマウント用ですね
シグマも発表するようなので、タムロンも続くでしょう~

Eマウント用ズームレンズだとするとスリムなレンズみたいで、小型軽量化が期待できますね。結果発表が楽しみです。

みなさんFE予想の人が多いですが私は一眼レフかなと思ってます。ズバリ135mm F2 VCかと。タムキューがあるので100mmより長いでしょう。銘レンズの180mmf3.5だったら嬉しいなあ。

135㎜かなと思いますが、f1.8かf2か?やっぱりVC付きでf2かな。

シナバーカラーやデザインがいかにもEマウントっぽいですね。
径の細さからそこまで大口径レンズには思えませんがどうでしょうか。

これはFEレンズだと予想。135mmだったら寸胴すぎてかっこ悪いかも!?

FEレンズなら嬉しいなあ。

過去の28-75mmF2.8も良いレンズでしたので、あの軽さと写りの良さを再び出してもらえるなら願ってもないです。
CP+で実物見られるかな?

Facebookには24-70㎜GMが並んでいたから、タムロンらしく小型軽量の24-70㎜f2.8なら良いかも。

一時Canon用の28−75を某グラビア系カメラマンが絶賛していたのに
釣られ、価格も手頃だったので求め使っていましたが、純正標準ズーム2本に
比べ使用頻度が落ちたので手放しましたが、当時28−75で撮影した
画像を見ると今更ですが良かったなと思っているこの頃なので
ソニーFEとして、小型、軽量、安価の三拍子で復活してくれたら
嬉しいところです、デザインもFEと見まごうシルエットですね。
大きい、重い、高いで無い事を切に願います。

eマウントaps-c用高倍率ズームかな


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX K-1 Mark II の詳細スペック」です。

次のブログ記事は「パナソニックが36MPの有機CMOSセンサーを開発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る