富士フイルムX-H1の手ブレ補正の動作に関する詳細

Fuji Rumors に、組み合わせるレンズごとのX-H1の手ブレ補正の動作に関する情報と、手ブレ補正効果の簡単なインプレが掲載されています。

All About Fujifilm X-H1 New IBIS

X-H1のボディ内手振れ補正の動作の詳細

  • OIS非搭載のレンズ使用時(例、XF16-55mmF2.8):ボディ内補正5軸、レンズ内補正なし、合計で5軸。
  • OIS付きのレンズ使用時(例、XF18-55mmF2.8-4):ボディ内補正3軸(Xシフト、Yシフト、回転補正)、レンズ内補正2軸(ピッチ、ヨー)、合計5軸。
  • OIS付きのXF80mmF2.8使用時:ボディ内補正1軸(回転)、レンズ内補正4軸(Xシフト、Yシフト、ピッチ、ヨー)、合計5軸。
  • ツァイスのOIS無しのレンズと、OIS付きのレンズ使用時:ボディ内補正5軸、レンズ内補正なし、合計5軸。
  • Mマウントアダプター使用時:ボディ内補正3軸(ピッチ、ヨー、回転、レンズの焦点距離情報が必要)、レンズ内補正なし、合計3軸。
  • MK-Xレンズ使用時:ボディ内補正5軸、レンズ内補正なし、合計5軸。
  • マクロエクステンションチューブ使用時:ボディ内補正3軸(ピッチ、ヨー、回転)、レンズ内補正なし、合計3軸。
  • まとめると、レンズ内補正が2軸の場合はX-H1が残りの3軸をカバーし、レンズ内補正が4軸の場合(XF80mmF2.8使用時)は、X-H1は残りの1軸のみをカバーする。そして、レンズに手ブレ補正が搭載されていない場合は、当然、X-H1が5軸をカバーする。
  • X-H1の手ブレ補正はオールドレンズ使用時にも動作すると、Fuji Guys(※北米富士フイルムの広報の人です)が述べている。


レンズごとの手ブレ補正の補正効果

  • OIS非搭載のレンズ
    - XF14mm F2.8:5軸、5段分以上
    - XF16mm F1.4:5軸、5段分以上
    - XF18mm F2:5軸、5段分以上
    - XF23mm F1.4:5軸、5段分以上
    - XF23mm F2:5軸、5段分以上
    - XF27mm F2.8:5軸、5段分以上
    - XF35mm F1.4:5軸、5.5段分以上
    - XF35mm F2:5軸、5段分以上
    - XF50mm F2:5軸、5段分以上
    - XF56mm F1.2:5軸、5段分以上
    - XF60mm F2.2:5軸、5段分以上
    - XF90mm F2:5軸、5段分以上
    - XF16-55mm F2.8:5軸、5段分以上
  • OIS付きのレンズ
    - XF80mm F2.8:5軸、5段分
    - XF50-140mm F2.8:5軸、5段分
    - XF10-24mm F4:5軸、2.5段分
    - XF18-55mm F2.8-4:5軸、3.5段分
    - XF55-200mm F3.5-4.8:5軸、4.5段分
    - XF18-135mm F3.5-5.6:5軸、5段分
    - XF100-400mm F4.5-5.6:5軸、5段分
    - XC16-50mm F3.5-5.6:5軸、3段分
    - XC50-230mm F4.5-6.7:5軸、3段分
  • X-H1のボディ内補正は、実写ではどれだけ長いシャッターを切ることができるのだろうか? もちろんレンズと、撮影者の手ブレの大きさによるが、Keith Wee氏が「X-H1の手ブレ補正は、XF35mm F1.4との組み合わせで、5秒の露光は十分に可能で、オリンパスの手ブレ補正と互角の性能であることが分かった」と述べている。

 

X-H1の手ブレ補正は、「レンズが2軸の時はボディが3軸」「レンズが4軸の時はボディが1軸」のように連携して、合わせて5軸で手ブレを補正するシステムのようですね。

ただ、OIS付きのレンズでは、OIS無しのレンズよりもむしろ補正段数が低くなるケースがあるのが少々気になるところです。レンズ内補正を切ってボディ内補正優先にできないのでしょうか。

X-H1の手ブレ補正の効果は、オリンパス並みという報告が上がっているので、かなり期待できそうですね。

2018年2月17日 | コメント(9)

コメント(9)

オリンパス程と信じていいものか。オリのEM-1mark2の手ブレ補正を体感したがかなりのモノだったのを覚えてます。a7mark2のそれとは別モノで本当に公表通りの補正性能ならちょっと考えてしまいますね

オールドレンズの動作は展示実機で確認してきました。設定で焦点距離を登録すれば動作しますね。

>レンズ内補正を切ってボディ内補正優先にできないのでしょうか。
こちらの件ですが富士の方に聞いたところレンズ側の方が、手振れ補正に関しての光学性能が優秀だそうです。
なので画質を優先するならボディ側よりレンズ側を使った方がいい、との事でした。

とはいえOIS付きのレンズでもボディ内との組み合わせで、古いレンズなど5段に到達はしていないものの、実質段数は1段ほど上がっているので無意味ではないと思います。

マクロエクステンションチューブはせっかく純正の高精度なものが出ているのに、点像復元処理や手振れ補正などの制限がサード製と変わらないのは本当に残念ですね

これから二強がミラーレスに本格参入して競争激化が確実なこのご時世。
こんな素晴らしい手振れ補正は、今後すべてのXシリーズに標準装備してほしいですねぇ!

IBISに関する知識が皆無だったので手振れ補正は純正レンズにしか効かないと思ってました。なのでスルーするつもりでしたがSPEEDMASTER 35mm F0.95 IIなどサードパーティーのレンズでも有効なのなら俄然、購入意欲が出て来ます。
どうしよう。H1を買うとT3 or Pro3の為の購入資金が減ってしまう。。。。

今日、量販店で触ってきましたが、マウントアダプター経由の非純正レンズでも補正は物凄く効きました。
マクロレンズのマクロ領域だと流石に効きが鈍りましたが、それでも従来のレンズ内ISマクロレンズと同等の効きがあると感じました。

ボディサイズがT2に比べて大きいのは、手ぶれ補正ユニットが原因なのか、それとも動画系のものなのでしょうか。
手ぶれ補正なら、やっぱりT3やPro3には搭載はムリなんでしょうかね。
オリンパスなどはあんなに小さなボディに搭載されているのに。。。

手振れ補正はX-E3から搭載してほしかったなあ、と思いました。
次があればですがX-E4まで4年は待たなければならないのか・・・
そもそも手振れ補正付けてくれるかな。

センサーの進化で高感度の撮影が可能になるとおもってましたが、手ぶれ補正で低感度に落とすことが可能になるとは、、、、。
5秒の手持ちなんて考えられない世界だけど、これがブレークスルーとなってペンタのリアルレゾが手持ちで出来るようになるかもしれないね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのAPS-Cミラーレス用の広角ズームの特許」です。

次のブログ記事は「ソニーが2月26日にミッドレンジのαシリーズのカメラ(α7 III?)を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る