ソニーα7 III のDxOMarkのスコアはα7 II から6ポイント改善 [内容更新]

DxOMark に、ソニーα7 III のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Sony A7 III: Low-light performer(found via SonyAlphaRumors) 

 

  α7 III      α7 II      α7R III     α7S II       α9    
Overall Score
(センサーの総合点)
96 90 100 85 92
Color Depth
(色の再現域と分離)
25 24.9 26 23.6 24.9
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
14.7 13.6 14.7 13.3 13.3
Low-Light ISO
(許容できる最高のISO感度)
3730 2449 3523 2993 3517

  • α7 III の総合スコア96ポイントは、ソニーのセンサーではα7R II とRX1R II に次ぐスコアで、同じ画素数のα9のセンサーをリードしている。
  • α7 III は色再現もダイナミックレンジもとても良好だが、目玉は高感度の3730のスコアで、これはこれまでにテストした35mmフルサイズセンサーの中で最高のスコアだ。
  • α7無印シリーズは、これまでα7Sとα7Rシリーズの間で常にバランスを取ってきたが、今回のセンサーは高感度性能でもα7S IIをしのいでおり、全体としてα7R III に迫っていて、もはや今までのバランス志向ではない。

 

α7 III は、旧型のα7 II からダイナミックレンジと高感度が大幅に改善していて、特に高感度の3730は、αシリーズでトップだったα7Sの3702を超えるすごいスコアですね。

同じ24MPのα9と比べると、α7 III がダイナミックレンジで大きく上回っていて、α7 III はα9のような高速読み出しが採用されていない分、やはり画質的には有利のようです。

[追記] 当初、α7 III のセンサースコアだけが公開されていましたが、α7 III のレビューも公開されたので、記事に追記しました。

2018年3月26日 | コメント(15)

コメント(15)

α7S III への期待が高まりますね。
ハードル上がりまくってる気がします。

α7S以上のISO値というのは予想外で凄いですね。
α9は超高速連写に特化した革命モデルなので堅実に順当な進化をさせたα7Ⅲのほうがセンサーの素性を引き出せているということなのでしょう。
こうなるとα7SⅡ後継機は裏面照射型の12MPセンサーとなるのでしょうか。

色の再現域と分離があともう少し良ければ、100点超えでしたね。
十分に良いセンサーですが、ある意味、惜しい!

スコアが全てではないですが、これは驚きですね
次は裏面照射型になるであろうα6000シリーズにも期待してしまいます

このスペックでベーシックモデルという位置づけで20万円ちょっとで手に入るとはSONYの価格はものすごく戦略的ですね
手に届く価格のカメラで ISO Auto上限3600で使えるなんて興奮が止まりません

高感度耐性はデュアルベースISOですかね?

期待通りのスコアですね。
先日DPReviewの画像比較ツールでA7RiiiとA7iii を見比べてみて、A7iiiの方が高感度耐性がわずかに良さそうな印象を持っていました。その時の感覚的にも、この結果には納得です。

a7ⅲには違った性能(動画分野)で驚きを与えてほしい。写真はRとノーマーク、さらにa9と3つも完璧な選択肢があるので、動画でもプロユースの一流機材の選択肢に入るような進化を見せてほしいです

高感度性能が良いため100STF T5.6でも室内静物でしたが、ISO3600で余裕で撮影できました。

正直大きな欠点が見当たらない、一つの完成形に達したなという印象で大満足です。
あとはホコリ除去機能が良くなれば、屋外でも気兼ねなくレンズ交換が出来るのですが・・。

将来の8K時代を考えると3600万画素くらい欲しいですが、α9とセンサーの基本的な部分を共用する事で、コストを下げているでしょうから文句が言えませんしね。

初めてこの価格帯で最低5年は持てる機種が出てくれました。笑

ベーシック≒廉価版という印象を払拭するスコアですね
操作のレスポンスなどまだまだ他社に劣る部分もあるのでそのあたりも着実に煮詰めていってもらいたいです

α7Ⅱにも、そこそこ満足しているのと、センサーダスト対策として
レンズ交換を減らすために、
7ⅢとⅡの2台持ちにする事にしましたが、使い出したら
7Ⅲを2台にしたくなりそうなのが怖いです。

見事なスコアですね
スペックに対しバーゲンプライスな撒き餌さレンズと呼ばれる製品がありますが、α7Ⅲは撒き餌さボディと言えるかもしれません

そしてα9,α7RⅢ、α7Ⅲと、後発に登場する機種は毎回期待を越えてきているのでα7SⅢのハードルも高くなってきました

α7SⅢははたしてどんなスペックになるのか
理想は18MP(AFポイントを増やしつつダウンコンバート)、
10bit4k60p、録画時間制限の撤廃、XAVC-Sのファームアップか上位のXAVCを採用、若しくはH265採用等々いろいろ要望はありますが、ただ一つだけお願いするならばGHシリーズのソニー版を切望します

もしも技術的にフルサイズでそれが不可能ならAPS-Cで上記のスペックの製品でも構いません
Super35mmモードもありますし、価格が25万以内なら売れると思います
その場合、新型α7シリーズの筐体にAPS-Cを積んだα7SA(aps-c)かα6500S等でしょうか

α7Ⅲと動画は繋ぎの外部レコーダーを購入しますが、Sシリーズ後継も楽しみにしています

レンジャーさん
DPReviewの記事でデュアルベースISOが採用さえていると書かれています。
http://digicame-info.com/2018/03/7-iii-7.html
ISO640から切り替わるそうです。

DxOで94点くらいか?と思ってましたけど、まさかの96点!
確かに、α7Riiiやその他のカメラとの比較動画を見たりしていましたが、もうすでにα7iiの進化版どころの話ではないって印象を受けていましたので、この結果は当然だろうなと納得の結果です。

同時にこれは、今後発売される未来の商品に自ら高いハードルを設定した訳でもあるんですが、もし今後SONYがエントリーモデルを出してきた時に凄い期待をしてしまいます。
(DxOのスコアがα5100で80、α6000で82ですから、後継機はα6300とα6500の85を超えてくるかもですね)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年3月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近日中に登場するm4/3関連の新製品の噂」です。

次のブログ記事は「キヤノンの未発表カメラのデバイスIDのまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る