キヤノンが「EF70-200mm F4L IS II USM」と「EF-M32mm F1.4 STM」のテストを行っている?

軒下デジカメ情報局に、キヤノンの2本の新型レンズに関する情報が掲載されています。

キヤノンが「EF70-200mm F4L IS II USM」と「EF-M32mm F1.4 STM」をテスト中?

  • キヤノンがテスト中のレンズで名称が確認出来たものを教えてもらった。
  • キヤノンが以下の名称のレンズを先月テストしている。
    - EF70-200mm F4L IS II USM
    - EF-M32mm F1.4 STM
  • 他のテストレンズには正式な名称が記載されていないので、次に発表する予定のEFレンズかもしれない。

 

現行のEF70-200mm F4L IS は2006年の発売なので、そろそろモデルチェンジしても不思議はありませんね。

新しいEF-Mレンズは、32mmなら以前の海外の噂通りのスペックで、F値はF1.4またはF1.8と噂されていましたが、どうやらF1.4になりそうですね。今後はEF-Mレンズにも大口径のレンズが期待できそうです。

2018年3月15日 | コメント(13)

コメント(13)

EOSMにもついに大口径レンズ来ますか
F1.4の広角と中望遠もお願いします!!

70-200f4Ⅱに期待してます、現行も味のある写りで全く不満は無いのですが余り値上げせずに出してもらえれば❗

EF-MでF1.4の大口径標準が出るとは、遂にキヤノンもミラーレスに本腰ですか。
ところで、EF-MシリーズにはLレンズは登場しないのですかね。フルサイズミラーレスまでお預けでしょうか。

70-200は鏡筒の強度と精度が上がって欲しい。
強い人口点光源にめっぽう弱いので改善していれば購入します。

F1.8ならまだしもF1.4だと、いわゆる「撒き餌」価格にはなりそうにありませんね。とは言え楽しみです。

キャノンのフルサイズミラレスが出るまで待っていようかと思っていましたが、EOS M用の標準大口径レンズが出るなら、EOS kissMと一緒に購入してしまいそうです‼️
大口径の広角レンズも是非、商品化お願いします❗️

キヤノンがAPS-C専用(おそらくフルサイズ領域はカバーしていない)にF2より明るい単焦点レンズ(しかも35mm判換算50mm相当)を用意するということはEF-Mユーザーにはフルサイズへのステップアップは加味していない(少なくともフルサイズは別マウントで)と考えられますね。
仮にEF-MでフルサイズをやろうとしていたらキヤノンならEFマウントのように明るいレンズは(撒き餌と呼ばれるEF 50mm F1.8のように)フルサイズ用でラインナップしたところでしょう。
つまりフルサイズミラーレスはEFマウントか新マウントなのかと思いました(EF-Mの可能性も捨てきれませんが)。
さておきEF-Mもようやく大口径の標準レンズが登場しそうでなによりですね。

70-200は二線ボケが酷いので新型に期待します

EF-M32mm F1.4 STM やっと気合を感じる一本が!
今日にでも発売して欲しいくらい待ってました。
XF35mm F1.4 Rくらいの価格だと嬉しいですが・・・。

インスタユーザーをターゲットにしてるなら高くても5、6万と思いますけどね。
スマホと違いがはっきり分かるレベルならインスタ目当てで買った人も今後写真を趣味にしてくれそうですし。
キットズームは便利でも撮れる写真がスマホと同じならすぐタンスの肥やしになっちゃう客層なんでKissMには間に合って欲しかったですよね。

これで、サイズがMシリーズサイズだったらビックリしますけどね(^-^;

EF-Mの35mm換算50mm大口径、やっと発売されるのですね。
先日キャノンがミラーレスに力を入れていくというニュースもありましたし、まずはAPS-Cで足場固めをしていくのでしょうか?

ソニーはフルサイズには力を入れているもののAPS-Cは手薄な感じがしますし、フジは何となくニッチな閉じた世界のようなものを感じるので、キャノンが力を入れ始めたらAPS-Cミラーレスでは一気にトップシェアを取ってしまうのではないかと思います。

これからさらにレンズが充実していくことを期待したいです。

KissMに合わせた大口径レンズ、うれしいですね。キヤノンがEF-Mも本気で伸ばそうと作戦を立てているのがわかります。70ー200F4はリニューアルされたら絶対に買います。それと50mmf1.4と135mmf2のリニューアルと200-600mmも待ってます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2018年3月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マップカメラの売上ランキングでは2月もニコンD850が首位をキープ」です。

次のブログ記事は「オリンパス12mm F1.2 PROの発表は2018年の終わり?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る