コシナが「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」など3本のレンズをCP+に参考出品

コシナが、フォクトレンダーブレンズの3本のレンズをCP+に参考出品しています。

フォクトレンダーのレンズ3本が「CP+2018」で参考出品 (デジカメWatch)

  • 株式会社コシナは、3月1日に開幕する「CP+2018」のコシナブースで、フォクトレンダーの交換レンズ3本を参考出品する。いずれも発売時期と価格は未定。
  • MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount:アポランター銘の1本。「色収差を始めとする画質の阻害要因を徹底的に排除した中望遠マクロレンズ」としている。35mmフルサイズをカバーし、ソニーEマウントカメラのイメージセンサーに最適化されている。等倍マクロに対応。フローティング機構の採用で、最短撮影距離から遠景まで優秀な画質を提供するという。
  • COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount:コンパクトと高性能が特徴のカラースコパーシリーズに加わる、21mm F3.5の超広角レンズ。撮像素子の構造に起因する、デジタルカメラ特有の周辺部の色被りを解消すべく、センサーへの入射光線角度を最適化した。
  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM:ライカMマウント互換のVMマウントを採用し、距離計連動に対応する交換レンズ。2枚の両面非球面レンズにより開放から安心して使える性能と、なめらかで大きなボケ味が楽しめるという。「レンジファインダーカメラに求められるコンパクトさを実現」としている。

 

MACRO APO-LHANTHARは既に発売されている65mm F2が好評のようなので、今回登場した110mm F2.5の仕上がりも楽しみです。COLOR-SKOPAR21mm F3.5 は、小口径のコンパクトな広角単焦点で使い勝手がよさそうですね。

2018年3月 1日 | コメント(10)

コメント(10)

サードパーティーのFEレンズの充実っぷりが凄いですね。
金欠だけど、アポランター110mmは絶対買います。

MACRO110mmはどんな描写なのか楽しみですね!どこかでサンプルがみれないのでしょうか?

50mmF1.2、Eマウントでも出して欲しいです。

E-マウントの充実ぶり!

F-マウントでも是非出して欲しいですね。

マクロは110mmでしたか。現在、7R3にシグマのMC11を介してマクロプラナー100㎜のキヤノン用を使っていて、とても気に入っています。昨年出たマクロアポランター65㎜も気に入っているのですが、110㎜だと100mmと差がないので、買うかどうか微妙です。f4くらいでよいので、150~180㎜位のが出ませんかね。

COLOR-SKOPAR 21mmF3.5の最短撮影距離20センチは良いですね。
あとは開放絞りで周辺部がどれだけ写るか。
楽しみなレンズです。

カラスコ21mmイイなー
α7と組み合わせれば軽くて小さくて魅力的かも。

本当にサードパーティー製のレンズが充実してきましたね。
SONYはPlayStationでソフト開発ツールをサードパーティーのソフトウェア会社に提供して、一気にソフトを充実させて人気を得ました。FEマウントでのサードパーティー製レンズの充実ぶりを見ると、彷彿とさせられます。

ソニーに変えてからマクロレンズはまだ揃えていません。純正に踏み切れず今に至ってます。ソニーのGレンズって、ソニーのGMレンズやツァイスなどのサードパーティレンズに比べて中途半端なレンズに思えるんですよね。

110mm。マクロの候補が現れました。続報が楽しみです。

MACRO APO-LHANTHARの先端の三色マークが
昔のブラウン管カラーテレビのマークに見えてしまう

マクロスキーなので気になりますが、
APOならば天体写真にも向くのでしょうか?
65mmの天体写真の画像を探しましたが、引っかかりません
以前のAPO LANTHAR 90mmの画像はかなり良さそうなので、
110mmも期待したいです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年3月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが「E-M1 II」「PEN-F」「E-M5 II」の新ファームウェアをリリース」です。

次のブログ記事は「PENTAX-DA★11-18mmF2.8は天体撮影を強く意識したレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る