ZENITのフルサイズミラーレスカメラD1の画像

Mirrorless Rumors で、ロシアのサイトに掲載されたZENITのフルサイズミラーレスカメラの画像が紹介されています。

Russian websites keep posting (fake?) inages of the Zenit D1 Full Frame mirrorless

  • ロシアのWebサイトPhotar.ruが、フルサイズミラーレスカメラZenit D1の画像(おそらくフェイク?)を掲載している。唯一、確実に分かっていることは、Zenitが、ハイエンドミラーレスカメラを2018年中にリリースすると言っているということだけだ。

zenit_d1_001.jpg

以前に、ZENIT D1 はM9ベースのフルサイズミラーレスになるという噂が流れていましたが、今回の画像のカメラはLEICA SLにそっくりですね。この画像がフェイクでないとすると、ZENIT D1は、M9ではなくSLベースのミラレースカメラということになりそうですね。

[追記] 3月30日付けの記事なので、エイプリルフールではありません。

2018年3月31日 | コメント(4)

コメント(4)

なんか写真が偽物っぽいですね。多分フェイクでしょうが、ミラーレス化の時代に来るとレフ機で培った技術が必要なくなるので、日本メーカー以外から参入があってもおかしくないと思います。ZENITみたいな昔のブランドが思わぬ形で復活するということもありうるのではと思います。

個人的に楽しみだったのですが、Mマウントではないんですね。ただ、ゼニットといえば一眼レフでしたね。ちょっと残念ですが、ゾルキーブランドならMマウントだったかなぁ。

SLマウントで比較的安価な互換レンズと互換ボディに需要があるんでしょうか?
一眼レフスタイルのMマウント機なら欲しいかも。

ライカは今後TLマウントに注力していく予定でしょうし、
SL、TLの売り上げはライカが期待するほど成功はしていないはず。 
今後TLシステムを充実させていく上でゼニットにTLマウントを採用させるのは
戦略的には間違ってないと思います。

逆にMマウントだとライカにもゼニットにもあまりうまみはない。
M9ベースとしたら中古の安いM-Eと競合するし、
M9CCDセンサーのサプライヤーもまだいるのか怪しいし、、、


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年3月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのAPS-Cのフラッグシップモデル(α6700?)が2018年中に登場?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムのネオパン100 ACROSが2018年10月に生産中止?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る