キヤノンのシネマEOS用のOVF/EVFのハイブリッドファインダーの特許

Canon Newsで、キヤノンの動画機向けのOVF/EVFのハイブリッドファインダーの特許が紹介されています。

Canon Patent Application CINI-EOS with hybrid OVF/EVF viewfinder

  • この特許(日本特許公開2018-56635)は、最近目にした特許の中でも特に興味深いものだ。ミラーはセンサーの周囲を覆うように切り抜かれ、そしてEVFはミラーの穴の空いた部分(この穴の大きさはSuper-35サイズだ)を埋めるように使用される。

    OVFの表示はEVF表示の周囲に表示され、ファインダーを覗くと中央にEVFの映像が、そして、大きなミラーによるOVFの映像がそれを取り囲む。このファインダーによって、動画撮影者は、Super-35を超える画角を見ることができるようになる。

canon_patent_2018-56635.jpg

canon_patent_2018-56635-2.jpg

キヤノンの特許のOVF/EVFのハイブリッドファインダーは、画面中央のSuper-35の範囲がEVF、その周囲の部分がOVFで表示する仕組みで、通常のEVFでは不可能な、画面の外側を確認しながらの動画撮影が可能になりますね。

このような複雑な光学系のファインダーが作れるなら、ミラーダウン時はOVFでミラーアップ時はEVFというハイブリッドファインダーも実現できそうですね。

2018年4月 7日 | コメント(7)

コメント(7)

キヤノンの革新的な特許が続きますね。小生は動画をあまり撮らないのですが、シネマを本格的にやっている方からすると、撮影に使われる外の情報というものは気になりますよね。それにしてもペンタプリズム部分の光学系がややこしくて複雑な機構に思えます。
この構造を読み解くとミラーをアップするとEVF部分だけ見えて、撮影部分の周りが見えなくなります。ミラーをダウンしているときにペンタプリズムの上に反射している小さなミラーを閉じてしまえば、OVFだけ見えるようになりますね。
ハイブリッドファインダーに対してのキヤノンからの一つの解答だと思います。

なるほどsuper35のカメラにフルサイズ対応レンズを付けて撮影する場合に、センサーでクロップされる外側のエリアだけをミラーで反射させて、EVFの外側にOVF像を出せるようにすると。
でもこれ、フルサイズのカムコーダーをsuper35クロップしたときに、ファインダーにクロップ域を示すボーダーが描かれたフルフレームのEVF像を出すようにしたら同じ事が出来ますよね

これはハイブリッドと言えるんでしょうか。
super35以上のセンサーでEVFにクロップ枠を表示するのに比べて、余計な熱や読み出しを抑えるメリットがあるとは思いますが。

光学系を見るとさすが光学メーカーと思ってしまいますね。
虚弱体質さんのおっしゃっている方法でも同等のことはできますし、
暗い中ではその方が強いなどメリットもあるかもしれませんが、
そのためだけにひとまわり大きなセンサーを使うのはコスト面や電力面でメーカーとしてもユーザーとしても得策とは言えないのではないでしょうか。

ミラーやペンタプリズムを搭載するコストや重量やスペースに対する効果がどれ程のものか何とも言えないですね。
ハイブリッドファインダーの前に既存の一眼レフに外付けEVFが装着できるようになってみてほしいですね。

面白いですね
可動させる必要はないからこれだけ複雑でもでも大丈夫で、135センサーのクロップよりも高速読み出しが簡単で低電力と良い事だらけ
気になるのはミラーボックスより径が小さいので下側に向かってケラれないのかどうか

NDフィルターを使用した時はどうなるんでしょう?
センサー面だけに作用するのか。映像と実像の露出の見え方の差など気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年4月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのBRレンズ採用の10mm F2.8の特許」です。

次のブログ記事は「キヤノンの新しいチルト機構の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る