ソニーFE16-35mm F2.8 GM は間違いなく良いレンズだが欠点もある

OpticaLimits(旧称Photozone)に、ソニーの広角ズーム「FE16-35mm F2.8 GM(SEL1635GM)」のレビューが掲載されています。

Sony FE 16-35mm f/2.8 GM ( SEL1635GM ) - Review / Test Report

  • 鏡筒は金属製で造りはトップレベルだ。ズームリングとフォーカスリングは滑らかに回転する。ズーミングで鏡筒は若干繰り出す(広角端で最も長くなる)。
  • AFは静かで良好に動作するが、それほど速くはない。フォーカスリングはモーターによる駆動で、動きは申し分ない。
  • 歪曲は、自動補正有効時には最大で0.6%のわずかなタル型で、16mmでは目には見えるかもしれないが心配はない。自動補正なしの場合は、16mmで4.2%の極めて強いタル型だが、この種のレンズとしては極端に大きい値ではない。24mmでは、歪曲はほとんどなくなり、35mmでは1.3%の穏やかな糸巻き型になる。
  • 周辺光量落ちは、自動補正有効にしても開放では1~1.5EV落ちる。絞っても改善はわずかで周辺光量落ちが残るが、問題は無いレベルだ。自動補正を無効にすると、16mm開放で3.3EVの極めて大きな値になるが、これはこのクラスの一眼レフ用の広角ズームと同程度だ。周辺光量落ちは、16mmではF8に絞っても解消しない(1.42EV)が、それほど顕著ではなくなる。
  • 解像力は良好だが問題が無いわけではない。中央の解像力はズーム全域で際立った値だ。隅は16mm開放ではかなり甘いが、絞れば改善する。解像力のピークはF5.6で、隅は16mmと20mmでは「良い」~「とても良好」の値になる。24mm以降では解像力が低下し、開放では甘いが、F4に絞ると良好な値になる。

sonyFE16-35F28GM_mtf_001.jpg

  • 像面湾曲は驚くほど小さい。テストした個体の偏芯は少なかった。
  • 倍率色収差は、ピークの16mmで平均1.2ピクセル前後で、高画素機によるテストであることを考えると非常に少ない。色収差は望遠側では更に少なくなる。
  • ボケはこのクラスのレンズとしては、思いのほか良好だ。
  • FE16-35mm F2.8 GM は間違いなく良いレンズだが、欠点もある。開放時の隅は20mm時以外はあまり芳しくなく、高い期待には少し届かない。とは言うもののこれは42MPの高解像度センサーでのテスト結果で、キヤノンEF16-35mm F2.8L III の50MP機によるテストも同じような結果だ。高い価格に見合う価値があるかは場合によるだろう。FE16-35mm F4 ZAというより安価で実に良好な性能の選択肢もあるので、本当にF2.8の明るさが必要なのか熟考するべきだ。

 

光学性能の評価は5点満点中3点で、42MP機による評価であることを考えると十分に高い評価と言ってよさそうですが、12-24mm F4G よりは若干低い評価(F4Gは3.5点)になっているようです。主に開放時の隅の解像力で減点されたようですが、実写サンプルを見る限りでは、このレンズは申し分の無い性能という印象です。

2018年4月15日 | コメント(7)

コメント(7)

F2.8かF4かで悩んでいた自分に取っては、実にタイムリーな記事です。

F4にはF4の良さがありますし悩ましいところですが、選択肢があるのはいいことですね。

私も軽量で使い易いFE16-35mmF4ZAから買い換えるか悩んでいたので助かりました、近々噂のある広角単焦点の発売を待つことにします。

こちらのGMを使っていますが、中心の解像度は半端なく、隅が流れない点が申し分ないです。プロのセミナーで、どちらを買うべきか質問したところ、隅の流れが気になるようなら、また資金があるならGMを買った方が良いとのことでした。
旅行用のレンズとして使っていますが、夜の街歩きなどもあるため、感度が上がると全体の画質を落とすためGMにして良かったと思っています。

>FE16-35mm F4 ZAというより安価で実に良好な性能の選択肢

あれ?F4ZAってそこまで絶賛されてなかったような…。
評価変わったんですかね。
たまにキャッシュバックの対象になるレンズなので目はつけていたのですが。

1635Zは人によって評価が180度違う変わったレンズだと思います
35mm側の使用頻度によって別れてる感じですね

このサイトの結果でも35mm側はZよりGMですね
解放2.8は必要な人には重要ですし、感覚通りではないかと

1635Zを使ってましたが、隅の写りが気に入らなくて、2.8GMが発売されて、買い換えました。
自分は、買い替えて良かったと、満足してます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年4月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが近日中に開催されるイベントで新製品を発表するかもしれない?」です。

次のブログ記事は「シグマ14-24mm F2.8 DG HSM Art は開放からシャープで逆光耐性も非常に良好」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る