オリンパスがフォトダイオード積層構造の2層センサーを開発

43rumors で、オリンパスが開発した2層式のセンサーが紹介されています。

Olympus shows new Multi-Storied Photodiode Sensor

  • 新しいオリンパスの資料によって、フォトダイオード積層構造のマルチバンドCMOSセンサーの詳細が明らかにされている。

    「我々はフォトダイオード積層構造のマルチバンドCMOS撮像センサーを開発した。このセンサーは、RGBと近赤外線の異なる2つの映像を同時に捉えることができる2層のフォトダイオードから成っている」

    この技術が将来のオリンパスのカメラに使用されるかどうかは分からないが、この資料はオリンパスが独自のセンサー技術を開発していることを示している。

 

オリンパスが開発したセンサーは2層式で、上部が通常のベイヤーセンサーのような構造で、下部が近赤外線の受光部になっているようです。このセンサーがどのような用途を想定しているのかよく分かりませんが、オリンパスが多層センサーの技術開発を進めているのは興味深いところですね。

2018年5月28日 | コメント(14)

コメント(14)

これですかねぇ。

https://www.titech.ac.jp/news/2016/035367.html
カラー画像と近赤外線画像を同時に撮影可能なイメージングシステムを開発―次世代画像センシングに向けオリンパスと共同開発―

近赤外線ですか。
医療用とか普通の写真撮影用のセンサーではなさそうにも思えますが、はてさて。

ohkujiraTさんのソースを見ると、近赤外を同時に取れるようにするだけでなく、近赤外線とGRBのデモザイク配列でセンサーを作っていますね。フジのセンサーみたいにモアレに強くなるのかもしれません。カメラ用途の他に防犯カメラや生体認証などにも使われそうな技術ですね。

赤外線は顔認識とかに使われてるんで普通に考えると内視鏡に積んで映像+3Dで患部を見られるとかそういう感じだと思うんだけど、一眼に応用できるのかな。

近赤外線だと、医療用途ではないでしょうか?

カメラはカメラでも胃カメラ向けの技術開発では?(内視鏡で近赤外線画像をどう使うかは分かりませんが…)

NHK技研公開2018で、ソードトレーサーというものが紹介されていで、そこで可視・赤外一体型カメラというのが登場しているので、このような特殊なセンサーも色々と使い道はあるのでしょうね。

http://www.nhk.or.jp/strl/open2018/tenji/24.html

近赤外線だと血流とか酸素代謝測定に使いますので、
可視光と近赤外光を同時/個別に撮像可能なセンサーなら
内視鏡には最適なのではないでしょうか。

近赤外線

フォーカスシフトしないレンズがセットで必要そうですね

ohkujiraT さんの資料は、近赤外線フィルタを追加しただけの1層配列なのでちょっと違いますね。
今回のは、Foveonと同じ原理で2層にしてるのがポイントでしょう。
Foveonの基本特許が切れるから、応用技術が色々出てきてるんでしょうか。

RGBフィルタを通過した後なので近赤外光に影響ありそうな気もするんですが、赤外光には透明なフィルタがあるのかな。

用途は、赤外線投光器を使った監視カメラなどでしょうか?
デジカメで近赤外って使い道あるのかな、近赤外のピント位置のずれを利用してAF情報に使える? 目に見えないAF補助光には使えそうですが。

内視鏡の場合、照明光の波長を切り替えて色を得るのが一般的と思うので、RGBフィルタがついたセンサーは使わないと思います。
人の目で見たRGBとは違う波長が有益だったりします。波長の狭い光を使ってがん細胞の血管だけ浮き上がらせる、などの観察法があるようです。

FOVEONはシリコンそのものに備わる、進入距離によって3色の強弱の形で分光して吸収される特性を元にしているわけで。
トップ層でのみRGBを割り当てているベイヤーセンサーに変わりはないと思う。
画像にも「ボンディング」とあるので貼り合わせているのかな。

天体撮影にも使えそうなセンサーですね。
近赤外線ということはHα波も拾えそうですし。

監視カメラで近赤外線と言うと暗視用カメラになりますね。2層式にする事で暗視の世界でカラー写真が撮れる一眼レフとか出ちゃうんでしょうかね。

図だけ見ると、これっぽいけどな
発表は2015年……

オリンパス、可視光と赤外光の観察像を同時に撮影するCMOSイメージセンサー
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/735136.html

記事によると、内視鏡用?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年5月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーE18-135mm F3.5-5.6 OSSは問題点はあるが概ね良好な性能」です。

次のブログ記事は「ソニーがUXGA(1600x1200)の有機ELマイクロディスプレイを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る