パナソニックがEVF内蔵のタフカメラ「DC-TS7 / DC-FT7」を正式発表

パナソニックが、EVF内蔵で31メートル防水のタフカメラ「DC-TS7 / DC-FT7」を正式に発表しています。

Panasonic Lumix TS7/FT7 is first rugged compact camera to have built-in EVF

  • パナソニックが、EVFを内蔵し防塵防滴のタフなコンパクトカメラ「Lumix DC-TS7(北米以外ではDC-FT7)」を発表した。
  • ファインダーは0.2インチサイズで、解像度は117万ドット、倍率は0.45倍だ。液晶モニタは3インチでタッチパネルは採用されていない。
  • センサーは1/2.3インチ、20.4MPの裏面照射型CMOSで、レンズは換算28-128mm F3.3-5.9だ。防水性能31m、耐落下2m、耐荷重100kg、耐低温マイナス10℃だ。
  • AF測距点は49点で、動体を追尾しながら5コマ/秒で連写ができる。動画は4K30p、1080/60pで、120fpsモードは720pのみになる。4Kからの8MPの静止画切り出しと、フォーカスセレクトにも対応している。Wi-Fiは内蔵しているが、Bluetoothには対応していない。
  • 価格は449ドルで、発売は今年の夏。色はブルーとオレンジとブラック。

panasonic_dc-ts7_dc-ft7_001.jpg

panasonic_dc-ts7_dc-ft7_002.jpg

パナソニックから本格的なタフカメラが発表されました。オリンパスのTG-5が15メートル防水なので、31メートルはすごいスペックで、EVFを内蔵しているのも大きな違いですね。デザインは中央にEVFがあるためか、かなり個性的という印象です。

[追記] youtubeのパナソニック公式アカウントでFT7/TS7のプロモーション動画が公開されています。

2018年5月11日 | コメント(28)

コメント(28)

ななしさんへ
youtubeの情報ありがとうございます。

これです。欲しかったカメラは。購入します。
カシオのコンパクトデジカメ撤退のスレッドに以前、書き込んだのですが、「ちゃんと写る防水カメラ」が、ほとんどないんですよ。
そこそこ使えるのがオリンパスTG-5くらいで、ニコン 1 AW1も実質的に開発ストップみたいで微妙ですし。

ニコノスの伝統を活かしてニコン、あるいはGショックのイメージの延長でカシオからこういったカメラが出ることを期待していましたが、パナソニックでしたか。
ボディのボタン類をみると、ほぼフルスペックで、気合が入ったカメラのようなので、画質にも期待します。

パナソニックから久しぶりのタフカメラ発売ですね。25mm始まりなら買うのですが、28mm始まりなので今回は見送りです。

オリンパスよりデザインがスッキリしてていいですね。
ただ少しレンズが暗いようなのが気になります。
レッドのラインはパナソニックコンデジに随時入れていくのかな?

レンズがもう少し明るければ完璧でした。
しかしEVF付きはいいですね。
一体型カメラが縮小していく中ですが、うまく住み分けていければいいですね。

31m防水いいですね。
普通のダイビングならそのまま使えますね。
ただマクロが5cmってのはかなり残念。
TGの顕微鏡モードは便利過ぎで・・・。
ズームしても5cmならかなりイケてますが・・。
ペンタックスにも頑張って欲しいですね。


なにやら黎明期のデジカメのデザインを思い起こさせますね(?)
敢えて真ん中に置いた赤の太いラインも斬新ですね

この手のカメラはNikonかカシオと思っていたらパナソニックから出てビックリです!
日本でもリリースされるんですかね?

1/2.3型の20MPですか。水中は見た目以上に暗いので、1/1.7型12MPのTG-5を水中画質で超えるのは難しいでしょうね。
暗所性能より解像度を優先した素子に加えて水中では使えないEVFを装備してる点からも、むしろ登山とかスキーとか、アウトドアのフィールドワークで真価を発揮しそうです。

Nikon AW130が30mでしたね。このカメラは少しうわまってきた感じですね。このくらい深くまで行けるとダイビング需要もありそうです。水中での操作性が良ければダイビング用として売れそうですね。

Panasonicからタフカメラが出るとは意外でした。タフブックやタフパッドのように法人需要(粉塵や水の多い屋外の生産現場など)を見据えているんでしょうか。製造業勤めていますが、4Kphotoが使えて、明るくてもEVFで確認でき、換算120㎜強までズームがあるタフカメラはTG-5にはない、いいところついているなという感想です。

防水は10mでもいい(ダイビングに使うならハウジングに入れるので)から
明るいレンズ、大きなセンサーを採用して欲しかった。
大きなセンサー積んだ防水カメラはどこが最初に出すのかな?

大型センサーの防水カメラならLEICA X-U typ113が出てます。APS-Cで15m防水です。個人的にはライカみたくレンズ出っ張ってるのは不便なので、センサーちっちゃくてもパナの方が欲しい。

EVFより1インチセンサーを実装した機種が欲しいのですが…。
需要あると思うのですが、レンズが繰り出せないので難しいのでしょうか?。

レンズとフラッシュの間にある小さいのは、LED照明でしょうか?
あとレンズの周囲がデコボコしていますがワイコンなどが取り付けられるのかな? それともデザイン的なものでしょうかね。
個人的には、ほとんど申し分ないのですが、やはり換算28mm始まりというのが唯一の悩みどころでしょうか。
ワイコン付けれると良いのですが。

うおおおおっ!
EVF内蔵の新規デザインですね。
この意匠はかつてのLC40を継承しているのかな?
https://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-LC40.html

しかし水中撮影を含むアウトドアカメラとしては画角が狭すぎます。
現在の市場の要求に充分応えるには18㎜相当ぐらいに広いと素晴らしいですね。

この路線のスーパーワイドバージョンもラインナップに欲しいです。

デザインとEVFはともかく、レンズはスペックを見る限りFT1以来のキャリーオーバーですね。
特に画質的には新しいところはなさそうですね

シャッターボタンが大きいのでスキーでグローブをはめていても押しやすそうなのが良いですね。雨の日でも安心なので購入の検討をしたいと思います。
ただ残念ながら画角が狭くなる水中では28mmでは標準レンズ並みになるので、別途ワイコンで対応するのでしょうか? それとストロボの位置がレンズに近く浮遊ゴミが写るので外部水中ストロボが使えれば良いですね。

>>通りすがりさん
TG-5は1/2.33インチセンサーですよ。

パナソニックらしいというからしくないというか何とか間隙を突いてやろうという姿勢が見えて面白い製品ですね。
一応ソニーが1インチ・24mm F4・10m防水のRX0を出していますが他にも大型センサーのタフコンデジが出てきてほしいですね。

パナソニックの防水カメラが気に入って、FT1、FT3、FT5と1代おきに使ってきましたが、FT5の後継のFT6が日本未発売でした。仕方が無いので、海外で購入しましたが、FT7は、ちょっとファインダーを内蔵したせいかちょっと大柄になりましたね。

個人的には、キャノンのGX9の性能で防水20M程度のカメラが欲しいです。
もちろんプラスして28mmスタートでなく、25mm程度から始まれば言うことはありません。

今回のFT7はFT6程度の性能を現代風にアレンジしてファインダーを付けただけ感が強いです。この分野こそ隙間で、まだまだ狙える分野だと思いますのでパナソニックの今後に期待しています。

デザインが秀逸。フォーサーズもこんな路線にして欲しいなぁ。
登山用に欲しい。

フィルム時代、ニコノス使っていました。そのときのイメージだと広角は最低24mm、できれば20mmがほしい。

広角が足りないのが惜しい・・・
24ミリからなら欲しいんだけどね。
広角と明るさでTG-5をお仕事用(工事関係)に使ってるのですが、実際もうちょっと広角が欲しいくらいなので。

防水系のカメラってRAWで取れない機種が多い気がしますがこれはどうなんでしょう?

ワイヤレス充電は無理なんかなー?
蓋を開閉すると防水性能が劣化していきますから、なるべく閉じたままにしたいんですよね。
あるいは、防水性能に影響しない端子があれば良いんですが…。

EVFあり内蔵メモリなしタフカメラ。こいつを待ってた、です。
TG-870ばりの広角だともっと良かったんですが。

>inferさん
どうやらRAWは対応していないようです。

黒いデジカメに赤い線を一本いれるとこんなにかっこよくなるんですね!レンズ性能は一世代古いコンデジな感じですが、抜群の写りでカバーして欲しいですね。
私はもうジャケ買い確定です!

続報がありませんね。やはり日本市場には投入されないのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年5月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマが「70mm F2.8 DG MACRO Art」とEマウント用の2本の単焦点レンズの価格と発売日を決定」です。

次のブログ記事は「イリノイ大学の研究者グループが真っ暗な写真を鮮明な写真に修正する技術を開発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る