富士フイルムが正方形フォーマットの「instax SQUARE SQ6」を正式発表

富士フイルムが、正方形フォーマットを採用した新型のチェキ「instax SQUARE SQ6」を正式に発表しています。

インスタントカメラ"チェキ"「instax SQUARE(インスタックス スクエア) SQ6」

  • 富士フイルムは、インスタントカメラinstax(インスタックス)シリーズの新たなラインアップとして、スクエアフォーマットのフィルムに対応した「instax SQUARE SQ6」を2018年5月25日より発売する。
  • シャッターボタンを押すだけでカメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整するため、暗い室内でも被写体と背景を明るくきれいに撮影可能。
  • 自分撮りを行う際には、撮影モードを「セルフィーモード」にするだけで、自分撮りに最適なピントと明るさに調整される。レンズ横に配置したセルフショットミラーで、撮影範囲を確認しながら自分撮りができる。
  • シャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる「二重露光モード」や、最短30cmまでの近距離撮影が可能な「マクロモード」、風景スナップに適した「遠景モード」など、充実した撮影機能を搭載。

 

SQ10はデジカメにプリンターが付いたような製品だったので、純粋な銀塩カメラのスクエアフォーマットのチェキがほしかった方には、このSQ6が待望の製品ですね。

インスタントカメラ市場は急速に成長しているということなので、この分野では、デジカメ全盛の現代でも、銀塩カメラがまだまだ非常に元気のようです。

2018年5月15日 | コメント(4)

コメント(4)

デザインでいえばSQ10のほうが好みなんですが、如何せんあのデジタル化が気に入らない…
でもフイルムサイズが大きくなったのは非常に魅力的なんですよね。
mini8持ってるので買い換えるかどうか非常に悩みどころです。

6×6判のフイルムカメラをまだ使っているマニアとしては、うれしいニュース。ポラロイドバック用のフイルムが無くなった現在、これは試し撮りに使えそうだ。

さすがにフィルムチェキだとF12.6とSQ10(F2.4)に比べてめちゃくちゃ暗いですね。
フラッシュ前提だから問題ないのでしょうが・・
これで普及すればスクエアフィルムももう少し入手性が良くなるのでしょうか。

余談ながら、ascii.jpのニュースだと
>液晶モニターはなく、簡易的なファインダーを搭載する。
とよく分かってないような書き方だったりするのが、カメラといえばデジタルカメラという今の世間の認識を思わせますね。
http://ascii.jp/elem/000/001/676/1676708/

非常に愛嬌のあるデザインです。旅行に持って行けば、それだけで盛り上がるかも。価格もかなり手頃です。ロモグラフィーの好敵手になるでしょう。

多重露光ができるという点が意外です。「カジュアルにチェキが撮れるアイテム」である他に、「作品としての写真づくりにも使えるカメラ」なのであれば、尚更良いですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年5月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF70-200mm F2.8L IS III は2018年の下半期に登場?」です。

次のブログ記事は「ソニーの5月末のイベントで新製品が登場する可能性は低い?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る