タムロン100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDは安価だが純正と同等の性能

LensTip に、タムロンの超望遠ズーム「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」のレビューが掲載されています。

Tamron 100-400 mm f/4.5-6.3 Di VC USD

  • フォーカスリングは軽く、回転は滑らかだ。フォーカスリングの最短から無限遠までの回転角は120度だ。
  • このレンズにはロックスイッチが付いているが、ズームの自重落下は見られなかった。ズーミングでレンズは73mmほど伸びる。
  • 手ブレ補正は約3.5段分の効果で良好な結果ではあるが、シグマ100-400mmは3.7~3.8EV、キヤノン100-400mmは4EV、ニコン80-400mmは4.3~4.5EVで、ライバルには若干及ばない。
  • 中央の解像力は開放からF8までズーム全域で均一で、これは称賛に値する。100-200mm域の方が300-400mm域よりも若干解像力が高いが、どちらも開放で40lpmm前後、ピークでは43lpmm(良像の基準値は30-32lpmm)で非常にハイレベルだ。

tamron100-400_mtf_center_.jpg

  • 中央の解像力はシグマの100-400mmの方が若干良好だが、その差は少なくほとんど誤差の範囲だ。中央はニコン80-400mmやキヤノン100-400mmの旧型と比べると、大幅に良好で、ニコンやキヤノンの新型と比べても、タムロンはずっと安いにもかかわらず互角の性能だ。
  • 隅の解像力は100mmが弱く、F8まで絞らないと良像の基準値に達しないが、それ以外の焦点距離では開放から問題はない。隅の解像力はシグマの方が若干良好(シグマはF5.6で良像の基準値を超える)だ。解像力テストの結果はとても肯定的なもので、タムロン100-400mmとシグマ100-400mmは、高価なキヤノンEF100-400mm II と同レベルの解像力だ。

tamron100-400_mtf_corner_.jpg

  • 軸上色収差は、200mmでも400mmでも全く見られず問題はない。ここではシグマ100-400mmとほとんど同じ性能だ。
  • 倍率色収差は、100mmの開放付近と400mmで絞り込んだときに大きくなるが、よく使う絞りの範囲では全域で0.09%は超えない。倍率色収差はシグマの方が若干良好だが、その差はごくわずかだ。
  • フォーカスシフト(絞りによるピントの移動)は全く見られない。
  • 歪曲は100mmで+0.48%の糸巻き型、400mmで+1.42%の糸巻き型で問題は無い。歪曲はタムロンの方がシグマよりも若干小さい。
  • コマ収差は隅でも問題はない。非点収差は4.5%の低いレベルで、称賛に値するが、シグマは2.6%で更に小さい。
  • 玉ボケは縁取りが目立つことを除けば問題はなく、口径食が目立つのも開放時の隅だけだ。望遠ズームとしては、タムロンのボケはとても満足の行くものだ。
  • 周辺光量落ちは広角端では開放で41%(-1.54EV)で、シグマと全く同じ値だが、シグマの方が開放F値は若干暗い。望遠端では開放で39%(-1.43%)で、ここでもシグマとほぼ同じだ。
  • 逆光耐性はしっかりしているが、弱点もあり、しばしばとても明確なゴーストが現れる。逆光時の性能は、シグマ100-400mmととても良く似ている。
  • AFは静かで速い。無限遠から最短までは約0.5秒で、これはとても良好な結果だ。AF精度の問題も無かった。AFはタムロンがシグマより顕著に優れていて、シグマは1.6mのフォーカスリミッターを使っている場合でも遅い。加えてタムロンのAFはシグマと異なり迷わない。全体としてタムロンのAFは、明確にシグマよりも優れている。
  • タムロンとシグマの100-400mmの個々のテストの結果はほとんど同じで、どちらのレンズも遥かに高価なニコン・キヤノン純正と同等の性能だ。タムロンとシグマで異なるのはAF性能と価格で、これが決定的な要因になるかもしれない。タムロンのAFは速く滑らかで、シグマで見られた奇妙なAFの揺れが見られない。価格もポーランドではタムロンの方が安価だ。

 

タムロンとシグマの100-400mmの光学性能は拮抗していて、ほとんど差は無いようです。どちらのレンズも、安い価格設定にもかかわらず純正並みの性能を持っているのは素晴らしいですね。

ただ、AFに関してはタムロンがはっきりと優勢で、シグマに明確に差をつけているようです。

2018年5月20日 | コメント(14)

コメント(14)

AF性能がこんなに違うとは・・
この評価だと自分はタムロン一択ですね

Nikon機(D7200)でSIGMAの方を使用しています
記事に書かれているようなAFの問題は全くありません
50Dと5DM3でテストしたと書かれているのでメーカー•ボディの問題だと思います

比較対象のキヤノン純正って旧型のCanon EF 100-400 mm f/4.5–5.6L IS USMですね。
新型に遜色ない性能なら即買いですが旧型なら値下がりしてるし微妙かな?

私もタムロンとシグマで悩みましたが70-200〜G2の性能があまりにも良かったこと、AFの走りにあきらかな差があったことでタムロンに決めました。とても満足しています。

>偽物さん
記事に記載してありますが、互角の性能という評価は新型と比べての話ですよ。

侮ってました。
これはコスパだけでなく、絶対性能で選んでも有力な候補ですね。
最近のタムロンはどんどんいい仕事してますね!

純正新型と互角と言われてしまっては…
心が揺らぎます。純正のために貯金してきましたが、サードパーティの選択肢も考えなきゃいけませんねぇ

発売時から惹かれていましたが、これは背中を押された気分です。

af性能どれだけ純正に迫れてるんでしょうね。。。

これは! シンデレラ望遠レンズ?
久しぶりぶレンズを追加したくなりました。

ずっと純正より劣るイメージでしたが、ついにここまで来たんですね。使ってみたくなりました。

タムロンいい仕事してますね。
このレンズのミラーレス版(ニコンの次期ミラーレスマウントやFEマウント)来年出してくれるといいですね
今後に期待します。

シグマは、ファームウェアアップデートでかなり変わりましたよ。
最新のものと比較したのかは不明ですが、私の場合はシグマでAFが遅いとか、迷うという印象はないですよ。

sigmaの100-400(キャノンマウント)は光学補正に対応したのもポイントですかねー


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年5月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレス用の広角ズームの特許」です。

次のブログ記事は「ニコンのフルサイズミラーレス用の沈胴式レンズの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る