Phase Oneが中判では世界初の裏面照射型センサーを採用した「iXM 100MP」を発表

Phase One が、ソニー製の100MPの裏面照射型センサーを採用した、中判の空撮用カメラを発表しています。

Phase One iXM 100MP aerial camera uses world's first BSI medium format sensor (DPR)

  • デンマークのカメラメーカーPhase One が、世界初の中判の裏面照射型センサーを採用した空撮用のカメラを発表した。このカメラの名称は「iXM 100MP」で、昨年の11月に登場したソニー製センサーを使用した最初のカメラだ。
  • 50MPバージョンの「iXM 50MP」も発表されているが、「iXM 100MP」は裏面照射型センサーが採用され、高感度性能とダイナミックレンジが改善されている。
  • この2機種のカメラは縦横比4:3の44 x 33mm のセンサーが採用されており、いずれのカメラもメディアはXQDで、HDMI端子、USB-C端子、10Gイーサーネット端子を備えている。
  • このシステム用に専用設計された4本の新しいレンズも登場している。シャッターは最高速で1/2500秒のリーフシャッターで、3コマ/秒で撮影できる。シャッターの耐久性は50万回だ。
  • iXMのカメラシリーズとレンズの発売は2018年6月で、レンズは10000ドル、iXM 100MP の価格は40000ドル、iXM 50MPの価格は21000ドルになる。

phaseone_ixm100mp_001.jpg

ソニーの裏面照射型センサーを採用した中判カメラが早くも登場しました。以前は、裏面照射型センサーの大型化は難しいと言われていましたが、技術の進歩は本当に速いですね。中判の100MPの裏面照射型センサーからどのような絵が出てくるのか興味深いところです。

iXM 100MPは完全な業務用で非常に高価ですが、このセンサーは、登場が噂されている富士フイルムのGFX 100Sにも採用されると言われているので、そちらはもう少し身近な価格になることを期待したいですね。

2018年5月 6日 | コメント(3)

コメント(3)

50MPバージョンとの価格差が19000ドルですか。
100MPセンサーは相当高価みたいですね。
GFX100Sは実売で100万円切って欲しいけど無理かな。

3コマ毎秒をXFの方もミラーアップでできたりしないですかね・・・
こう大胆にXQDを載せてくるなら、CaptureOneをバック本体からのブート起動とかもっと本体完結にしてもいいと思うんですが。

ロードマップにあった裏面照射型中判センサーですね。
恐らく今年以降に発売される中判100MPカメラでこれから広く使われていくセンサーなのでしょう。
中判センサーはリリースサイクルがフルサイズより長い用ですからこれが次世代スタンダードセンサーになるのでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年5月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッセルブラッドがX1D用の超広角レンズ「XCD 4/21mm」を5月7日に発表?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD は手頃な価格のドリームレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る