パナソニックが14mm F1.2 と35mm F1.2を発売するかもしれない?

43rumors で、シグマのマイクロフォフォーサーズ用の2本の大口径単焦点レンズの特許が紹介されています。

Panasonic going to launch new f/1.2 prime lenses? Here are the patents...

  • シグマが、14mm F1.2と35mm F1.2の2つのm4/3用レンズの特許を出願している。これがパナソニックと、どう関係しているのか不思議に思うだろうが、シグマはパナソニックのレンズを設計していることが知られている。

    例えば、LEICA 12mm F1.4はシグマによる設計だ。これが、パナソニックが14mm F1.2と35mm F1.2の単焦点レンズを発売する可能性が高い理由だ。

sigma_patent_m43_14mmf12_35mmf12.jpg

シグマは、m4/3専用設計の大口径単焦点レンズは発売していない(Eマウントと兼用の大口径単焦点レンズはありますが)ので、これらの特許のレンズは、43rumorsの推測するように、パナソニックブランドのレンズとして登場する可能性があるかもしれませんね。

2018年6月13日 | コメント(11)

コメント(11)

ノクチクロンをいろいろ展開しようとしているのかもしれませんね
だから17.5mmもお願いします
なぜかパナソニックはずっと出さないし

オリンパスも一部のレンズはシグマに設計・製造を委託しているようですし、F1.2だとむしろF1.2 PROのシリーズ化を進めているオリンパスが委託したものであると考えるのが自然な気がしますが……

35mmはNocticronよりはZuiko45mmに似ている気がしませんかね...

デジカメwatchのNocticron開発インタビューの事を考えても、パナがF1.2レンズをOEM丸投げで出すことは無さそうな気がします。

LEICA 20mm F1.2を出してください。
LUMIX G 20mm F1.7を使ってこの画角が大好きになっています。

どこのブランドから出るかはともかく、フルサイズ28mmの画角が大好きな私にはまさに朗報です。発売されるとしたら来年になるのかな。ちなみに、シグマと言えば、フルサイズ用単焦点のF1.4 Artシリーズで、まだ出てこない28mm F1.4の開発、発売も心待ちにしています。

https://www.43rumors.com/panasonic-leica-12mm-f1-4-actually-designed-sigma/
では、Panasonic-Leica 12mm F/1.4がSIGMAの設計だとされていますけど、25mm/F1.4もSIGMAですから、F1.4シリーズはパナ用で、F1.2シリーズはオリンパス用という気がします。
F1.4の方はどちらかと言えばこれまでの設計の延長上にあるような設計ですけど、F1.2の方はこれまで見たことがないような設計ですから、25mm/F1.2のようにオリンパスのレンズとして出した方が一貫性があるように思われます。

いずれにしても、12mm、14mm、17.5mm、25mm、35mm、45mmがF1.2で揃うことになりそうですね。

23さんに同意です。
私も17.5mm(18mmでもOK)をノクチクロンで待ってます。

マイクロフォーサーズには大口径よりコンパクトさを期待しているので、f1.7シリーズの改修、追加もお願いしたいです。15mmと42.5mmが素晴らしいので、20mmのリニューアル、10mm、30mmあたりを追加してもらえると嬉しいです。

コンパクトな超広角単焦点も出して欲しいです。
例えば10mmとか お願いします。

OLYMPUSの75は、シグマだと聞いています。確かにmade in Japan と彫ってありますから。絵もカリカリ感もシグマの風合いです。それはともあれ、換算28の大口径はとてもありがたい。105にも注目出てきたように、昔のように28と100が常用レンズという時代が復権してきたようで嬉しい!35と85より、よほど特徴あるいい画角だと思う。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレスは2019年のフォトキナで発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの次世代機プロシューマー機では動画機能が大きなセールスポイントになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る