キヤノンのフルサイズミラーレスは2019年のフォトキナで発表?

Canon Watch に、キヤノンの新しいAPS-Cとフルサイズの2機種のミラーレスカメラの登場時期に関する噂が掲載されています。

Canon set to announce a new MILC ahead of Photokina 2018

  • キヤノンが、9月のフォトキナ2018の前にプロ志向の新しいミラーレスカメラを発表するという多くの噂を聞いている。このカメラはAPS-Cになるかもしれない。

    キヤノンのフルサイズミラーレスカメラは中止されたわけではなく、5月のフォトキナ2019の前に発表される可能性が高い。

    これまでの噂では、キヤノンのフルサイズミラーレスは、2018年9月と2019年第1四半期のいずれかの発表が示唆されているが、我々は、2019年の発表になると思い始めている。

    現在、キヤノンが2機種のレンズ交換式ミラーレスカメラを、8~9ヶ月以内に発表すると考えており、最初のカメラはフォトキナ2018の前に登場し、2機種目はフォトキナ2019の前に登場するだろう。前者はAPS-C機の可能性が高く、後者は待望のフルサイズミラーレスの可能性が高い。

    これらのカメラのスペックに関する情報は無いが、フルサイズは36MP前後、APS-Cは28MP前後の解像度になると予想している。

 

EF-M32mm F1.4 STMがフォトキナ2018で発表されるという噂が流れているので、このレンズに相応しいハイエンドのAPS-Cミラーレスが、同時に発表される可能性はあるかもしれませんね。

フルサイズミラーレスは2019年のフォトキナで登場と述べられていますが、フォトキナは来年から毎年春に開催されるので、2019年と言っても、2018年のフォトキナからわずか半年後なので、それほど先のことではありませんね。

2018年6月13日 | コメント(10)

コメント(10)

そうですか
言うまでもなく、出遅れればそのぶん他社に先行されるので
ここからは急いだほうがいいと思いますね
もちろん、ニコンキャノンなら待ってくださる
優良顧客がたくさんいらっしゃるとは思いますし
あわてて完成度の低いものを出すくらいなら
少々遅れても満を持していいものを出すほうがいいとは
思いますが

ハイエンドAPS-Cの方を早く見てみたいですね。いいレンズがそろっていくのであれば楽しみです。

仮にニコンが今年フルサイズを出せばキヤノン一人大きく出遅れることになります。
EF-Mマウントも変更になるか分からない現状、危機感を持って開発を急いで欲しいです。

今年9月のフォトキナ前に噂されているプロ志向のAPS-CミラーレスはEF-Mマウントなのでしょうか。
つまりキヤノンはAPS-CミラーレスはEOS Mでフルサイズミラーレスは別マウント(新マウント or EFマウント?)なのか、それともEF-Mマウントにフルサイズを搭載するのか、またはプロ志向のAPS-Cミラーレスは新マウントなのでしょうか。
マウントが不明だと発表まで新たな買い物をするのは躊躇わざるを得ないので早いところマウントシステムがどうなるのかだけでも知りたいところですね。

このタイミングでハイエンドのAPS-Cミラーレスを出す余裕があるなら、まずは一刻も早くフルサイズミラーレスを商品化した方が良いような気がします。

フルサイズミラーレスは既存のEFマウントだと未来志向ではないですし、本当にEF-Mには入らないのだろうかと思ってしまいます。EF-Mも適当に決めた仕様でもないでしょうから、将来のフルサイズも想定しているのではないかと。

キャノンとニコンのフルサイズとAPS-Cのタイミングが
反対と言う感じでしょうか
面白いかもしれませんね

ニコンもキヤノンも、フルサイズミラーレスの発表というのは、必然的に将来に向けたマウント方針の発表の場にもなってしまうわけで、新マウント採用でも既存マウント維持でも、どちらを選んでも賛否があることは予想できますよね。
両社ともに、お互いの出方と消費者の反応をウォッチしたい気持ちはきっとあるでしょう。

とか考えると、むしろ後だしじゃんけんの方が得策だ、と思っているのかなと勘繰ったりしてしまいますが、、それは考え過ぎでしょうか。

他社と同じ事をしても現状では少ないパイを奪い合うだけなので、ここは全てのユーザに35mmフルフレームは必要かを問いかける(業界の流れを変える)様な性能でAPS-Cのミレーレスを出して欲しいですね。
もちろん35mmフルフレームが必要な人にもちゃんと答えを用意していますよといったアナウンス付で。

キヤノンのフルサイズミラーレスには、5DmarkⅣ等とは違う『新しいセンサー』を搭載するというような話もありましたし、2019年に先送りしたいのは『新しいセンサー』が、シグマのFoveonの特許切れを狙っての積層3層で、高画素・高画質の5DsR(ローパスフィルターレス)の後継機としてのフルサイズミラーレス機であれば、とても納得のゆく話にはなりませんか?。

私の希望的な願望ですが、高画質・高画質の積層3層フルサイズミラーレス機(ショートフランジバック仕様)なら…あと1年くらい待てます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年6月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF24-70mm F2.8L II の後継機が近日中に登場?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが14mm F1.2 と35mm F1.2を発売するかもしれない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る