ソニーが「FE 400mm F2.8 GM OSS」を正式に発表 [内容更新]

Sonyが海外でEマウント用の超望遠単焦点レンズ「FE400mm F2.8 GM OSS」を正式に発表しました。

Sony's 400mm F2.8 G-Master will arrive in September for $12,000 (DPReview)

  • ソニーは以前に開発が発表されていた400mm F2.8 GM OSS の詳細を明らかにした。このレンズは優れたAFとハンドリングを目指しており、価格は12000ドルで9月に出荷が開始される。
  • 重さは2895gと軽量で、ソニーは三脚使用でも手持ちでも良好なバランスだと述べている。AFには2つのリニアモーターが採用されており、α9使用時に300mm F2.8 G II と比べて、追尾性能は5倍高速化されている。
  • 鏡筒はマグネシム合金で、後部フィルタースロットで12月に発売される偏光フィルターを含む40.5mm のフィルターが使用可能だ。
  • FE400mm F2.8 GM OSSのスペック
    - 絞り羽根:11枚
    - レンズ構成:17群23枚、蛍石3枚、EDレンズ1枚、ナノARコーティング
    - 最短撮影距離:2.70m
    - 最大撮影場率:0.16倍
    - AF方式:インナーフォーカス
    - フォーカスリミッター:あり
    - 全長:359mm
    - 重さ:2895グラム
    - シーリング:あり

 

ソニーの400mm F2.8 GM の重さ2895グラムは、ニコンやキヤノンの400mm F2.8と比べると1kg近く軽量で、驚くほど軽いですね。この重さなら手持ち撮影でもかなり楽になりそうです。

価格は12000ドル(そのまま円に換算すると約132万円)で、現在のキヤノンやニコンの400mm F2.8の販売価格よりも少し高くなるかもしれませんね。

[追記] DPReviewのスペックシートの一部が間違っていて公式と異なっていたので修正しました。

[追記2] 国内でも正式発表されました(ニュースリリース)。希望小売価格は税抜き160万円、受注開始日は7月3日、出荷開始は9月上旬よりとのことです。

2018年6月27日 | コメント(36)

コメント(36)

ニコキャノより軽いですね。

ずいぶんと軽く造られましたね!
FE100-400もCanonEF100-400Lよりも軽かった印象がありました。
このノウハウを生かし、次はゴーヨンを出して欲しいですね。個人的には。
報道、スポーツを意識した400mmだと思いますが、どちらかと言うと趣味のシェアが多いゴーヨン(主に航空機)は、難しいラインナップではあると思いますが。。。

軽いですね。
2xエクステンダーが付けられるなら驚異的に軽い800mmF5.6となりますね。
値段はもう少し抑えられるんじゃないかと期待してましたが全然手の届かないレンズでした。

ニコン400F2,8Eに比べて約900gも軽い!
尚且つ フロントが軽そうなので実際の使い心地はかなり軽く感じるんでしょうね。(400E、800Eは使っています)
今までソニーは超望遠レンズがないので視野に入っていませんでしたが800までラインナップが揃うなら考えますね。計画だけでも早く発表して欲しいです。
ニコンがFマウントから新型マウントになるようなので、今が岐路なのかなぁ。

400mm F2.8で3kg切る…しかもEマウントで?!
これは単純にニコンやキャノンより軽いというだけではないですね。今までGマスターは、ほぼ「Aマウントの同クラスレンズ+LA-EA3」くらいの重量だった事を考えると、ちょっと驚きの軽さですね。
しかも、α9使用時のAF速度が、300mmF2.8GⅡの5倍??300mmF2.8GⅡを使っていて、正直、99Ⅱより速いと思っていたんですけど…
これは500mmや600mmの登場前に手にしてもいいレンズかもしれませんね。
偏光フィルターが12月なのと付属しないのが、ちょっと残念(300mmF2.8Gは標準装備)ではありますが、早く画を見てみたいですね。テレコン使用時の画質が気になるところです。

あまり縁がない焦点距離ですが、すごいレンズが現実のものとなった気がします。数年前、サブとして購入したカメラのマウントが実質メインに切り替わった1年前、この日が来ることを何処となく予感してましたが、もしかして買ってから使い道を探すことになるかも知れません。

大口径な前玉を1枚にし、できるだけ手元に近いところにレンズ群をまとめて軽量化を図ったという事のようですね。

それにしても、

https://www.sony.co.uk/electronics/camera-lenses/sel400f28gm#product_details_default

MTFもとんでもない特性ですね。

先行2社よりわずかに軽いとは聞いてましたが、2,895gとはまさか3kg切るとは驚きの軽さでした。
航空撮影してますので焦点距離的に微妙ですがテレコン付けての800mmF5.6で3kg程度は魅力かもしれないですね

AFは速度ではなく追随性能が5倍との事です。
とはいえ先代から4倍になったとされるSAL300F28G2の更に5倍の追随性能とは…予想が付かないです。
サンプル見ましたがボケはちょっと微妙な感じですね^^;

3キロ切りとは大胆なことをやってきましたね。
ミラーレスでもレフ機でもこのクラスはサイズ、重量ともに変わらないでしょうから
キヤノンやニコンもこれに続くかもしれませんね。
特にキヤノンは少し前に特許が公開されていたような大胆な1郡の軽量化を狙っている気配もありますから
ソニーと同じ路線で今後超望遠の軽量化争いが起きそうですね。

重さは魅力的ですが価格が、、、
もうしばらく望遠はm43が続きそうです。
オリンパス300/4も前玉側少なめで中心よりに配置でしたね。
手持ち望遠のトレンドでしょうか。

キヤノンのDOレンズやニコンのPFレンズのようなものを使っているわけでもないのに他社400mm F2.8が約3800gに対し1000gほども軽いというのは驚異的ですね。
レンズ構成はキヤノン・ニコン共に12群16枚でソニーは17群23枚で多いですが前側には大きな前玉1枚で他のレンズ群を中央~後側に配置したからでしょうか。
それでいてMTF図も凄いことになっていて作例を見ても他社400mm F2.8と遜色ないので革新的な設計のレンズですね。
約1000gも軽ければEマウントボディの軽さと相俟ってカメラマンの負担やフットワークや他に1000g分の機材の余裕が生まれたりと色々変わりそうです。
価格はこの手のレンズでこの初値は妥当なところだと思いますね。

驚きの圧倒的軽さですね。
Sonyのことなので動画に対応したAFでしょうし、まさに新世代望遠単焦点という感じでしょうか。
ほぼMTF直線で性能の高さも伺えますし、マウント部もネジを多くして強化しているみたいですね。
望遠単焦点が出たことで完全にAマウントを置き換える形になってきましたね。
撮影スタイル的に使わないので買うことはないですが、一度は触ってみたいレンズです。

すごく軽いですね!
昔、EF400mmF2.8LII(ISなし)を使ったことがありますが、重さは6kg弱ありました。 半分以下です。
EF400もキレは凄くて他のEFレンズとは一線を画するものでした。
400GMも凄そうですがなんかサンプルを見るとボケがグルグルしてませんか?
EF400は1Dmk2だったので周辺は有利でしたが・・・他メーカーのよんにっぱを使っている方の意見が聞きたいです。

3kg切ったのは驚異的で開発に時間が掛かったのも頷きです。
キヤノン・ニコンも現行製品は非常に軽く他社が並ぶことは容易では無いだろうと思っていたのですが、あっさり覆えされました。
東京オリンピックまでにスポーツ写真の分野でも3強になりそう。
そして報道系にも食い込むかも。

国内発表来ましたが…希望小売価格160万+税とのこと…
かなり強気ですね

MTF見て笑いました…
MTF曲線でなく直線ですね…
ドロップインフィルタースロット良いですね!

この調子で軽い328やゴーヨンが出れば・・・とは思うのですが、同じようにお値段も高いなら手が出ませんね;;

軽量化はたいしたものだと思うけど、ボケがゴワゴワで汚いですね。

全く手が出ませんが、テレコンx2.0のサンプルが見てみたいです。
SEL20TCの様に画質の劣化が少なく800mmまで行けるのであればかなり魅力的です。

優秀なMTF曲線であり、レンズの配列も軽量化に大きく寄与しており、機能としては優れたレンズである予感です。しかし指摘が既にあるように、ボケが、やや期待外れでしょうか。高価でもあり私には購入できませんが。

この手のレンズ、MTFは各社ほぼ直線なので驚くところではありませんが、ソニーも素晴らしい性能ですね。
前玉が小さく、解像度を保ちながら軽量化されていますが、その分がボケ味などに影響が出ないか心配です。サンプルが待ち遠しいですね

このレンズ構成は300mmF2.8に前玉を一枚足したような形
ですね。
これで軽量化をしようというのは面白い発想です。
前玉に通常の光学ガラスを使っているためか、後群のレンズ
枚数が沢山ありますね。
分散量が大きくなってからの収差補正に苦労しているようで
サンプルを見る限りボケが独特です。
でもレンズの軽量化は素晴らしいです。
今後も各社共々軽量化して欲しいです。

他のGMレンズもそうですが、コンセプト的にボケと解像度を両立させたといっても、やはり解像度しかりレンズの性能を高め過ぎてボケをある程度犠牲にしているきらいがあると思います。開発~テストのプロセスではもちろんわかっていたことでしょうし、製品化した「ねらい」というものがあるのだと思いますね。

ボケ味より現場での使い易さを念頭においた設計なのかもしれませんね。

ミラーレスへの流れが今後更に加速する際に既に専用のヨンニッパを用意しておくことで報道等の方が選択し易いように。
特に瞳AFの性能を動画サイトで見てると唸るものがあります。

ボケを指摘されている方がいらっしゃいますがリンク先の作例のサッカースタジアムでの1枚目の写真で背景に見える赤い電光広告のぼやぼやしたボケを仰っているのでしょうか。
あの部分は電光広告になっていてそれ以外ではキヤノンやニコンの400mm F2.8のボケと同じような描写傾向なので電光広告特有のボケのように見えますが購入を検討されている方は動画サイト等にもチラホラ作例が上がっているので検索されてみるとわかり易いかと思います。

電光だけじゃなくて、どの写真でも後ボケうるさいです。ボケはニコキヤノの400mmのが上だと思う。

国内と国外の価格の落差に驚きました。この差は何で決まっているのでしょうね。

いずれは発表されるであろうゴーヨンも、このくらいの値段なんでしょうね...

本レンズのボケに関して、リンク先のサンプルではなくソニーの
製品紹介のサンプルでの感想です。
少し変わってるなと思うのは、幅跳びと思われる選手の着地
シーンで後ろの白線が遠方に向かって末広がりのように見える
ことと、水平の線は二重のように見えます。
他の写真にはグルグルボケが見られる物もありますね。
でも多少の欠点があっても軽量という大きな利点があるので
他社も軽量化に努力して欲しいです。

これは受注生産とする発表があったので、
値段はあまり下がらないと思いますよ。

受注生産は販売促進のためのバックや、卸価格変動による販売数計画達成義務等を考えてない機種である事を示します。

看板の文字のボケ方を見て、目を疑いました
かなり強烈な二線ボケ、文字のコントラストが高い箇所だとボケフリンジも目立っています
看板の文字の記号とか、見たことも無い異質なボケ方をしている。
なんだかとんでもないレンズを作ってきたなという印象ですが、被写体距離が分かれば後処理で前景、後景切り分けてボカせられるわけですし、ミラーレスはソフトウェアによるボカシまで考えてるのかもしれません。
そうなると話はまた変わってきます。
現状、後処理なしでこのままでは、人工的、直線的な背景があると相当に変なボケ方が目立ちます。
大手ならやらない光学系でしょうね。

私もにこにゃんさんのご意見に同意です。

軽量化のためにボケ味を犠牲にしてしまった感は否めませんね…。
ただ、軽量化した恩恵はかなり大きいと思うので、どれだけ支持されるかですね。

これ、キヤノン542より軽いんですよ。
前方よりの大物レンズを削減することでこんなに軽量化できるのですね。
あとキヤノン428より最大径が小さいように思います。

従来手持ちメインの航空祭(戦闘機)には428はその質量から向かないと言われていましたが、今後x1.4、x2を使い分けて航空祭用途が見えてきたと思います。

懸念事項はα9以外の機種での動体AF精度、問題点は価格ですね。
はるかに生産数の多いキヤノン428でさえ簡単には買えませんもんね。

海外スポーツ写真家の動画見ましたけどすごく良いですね
特にゴルフ、テニス選手の瞳にピント合ってる写真はなかなか撮れないと思います
あと、ボケが汚いと言ってる人居ますけど、ボケは個人的にはいい感じで好きです

α9用にSEL400F28GM対応の為のファームウエアが配信されましたが不具合があったとの事で現在配信停止中です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年6月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス12mm F1.2 PROが確実に登場することを確認」です。

次のブログ記事は「SDカードの新規格「SD Express」「SDUC」が発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る