キヤノンの新しいマウントの特許

Canon Newsで、キヤノンの新しいマウントの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: The first sniff of a new mount for Canon? (Canon News)

  • キヤノンが、マウントのシリアル通信を扱う特許(Japan Patent Application 2018-084713)を出願している。このマウントはEFマウントとEF-Mマウントに似ているが、いずれのマウントでもない。

    特許では、このマウントは新マウント用のレンズと古いマウント用の双方のレンズを扱えることを示しているようだ。

    図でセンサーに対するマウントの大きさから推測すると、キヤノンはハイブリッドマウントを使ってEF-Mとフルサイズミラーレス用レンズを取り付けようとしているように見える。

    「カメラとレンズの通信方式には同期シリアル通信が採用されており、旧式の交換レンズは第1通信速度で通信が行われる。新しい交換レンズが認識されると、より高速な第2通信速度に切り替わる」

    この特許は近日中に登場するキヤノンのフルサイズミラーレスカメラのための新マウントを示唆するものだろうか?

Canon_patent2018084713.jpg

図のマウントは電子接点がEFともEF-Mとも異なっているので、確かに新マウントのようですね。これが新しいフルサイズミラーレスに採用されるマウントなのでしょうか?

マウント内の四角形がフルサイズセンサーの大きさだとすると、センサーがマウント内に入るかどうかギリギリのサイズなので、このマウントはEFマウントよりも一回り小さいように見えます。EF-Mマウントと同程度のサイズでしょうか。

2018年6月 1日 | コメント(20)

コメント(20)

個人的な予想に反して全く新しいマウント規格がですか
個人的にフルサイズミラーレスにはシグマみたいにマウント面を伸ばしたマウントでEF-Sのようにバックフォーカスを短いラインナップを専用で用意して今までのEFも使えますよっ的なものかと思ってました

これがキヤノンのフルサイズミラーレスのマウント規格だとするとレンズラインナップが一通りそろうにはちょっと時間がかかりそうですね
そして、このマウントがスタンダードになった時にEFマウントも終了してしまうのかな

EF-Mとのハイブリッドですか
フルサイズでマウントの内径は足りるのかな

後発で新規マウントなら、内径を大きくするかと思いましたが、そうでも無いんですかね?
しかしこのセンサーがフルサイズだとしても、Eマウントよりは大きそうですね。

EFより口径が大きくなると思っていたものとしてはEFとEF-Mのハイブリッドより、EFと新EF(大口径)の方が夢がある気がします。

これ、フルサイズミラーレスのレンズに対応したEF-Mマウントってことでしょう。EFはフランジバックが違うから、ハイブリッドにできるわけないので。

せっかくの新マウントなのに大口径では無いのですか?
従来マウント径 < 新マウント径 の方が、アダプター作り易いのにね。

新通信方式ですか・・・昔New-FDレンズを作った時に
「レンズメーカーに死刑を宣告したレンズ」と呼ばれましたね。

EFマウントの電子接点は7個で一緒ですが、EF-Mマウントは9個なので、高速通信には対応していないEF-Mレンズの場合、制限が出てきそうですけど、どうなんでしょうか?

それとも、EF-Mマウントに追加された2個の接点はコントラストAF専用で、新マウント・システムでは不要ということなんでしょうかね?

近い将来キャノンのメインカメラになるマウントですね。
小型軽量化のレンズとカメラを期待させてくれます。
ミラーレス投資の軍資金を貯めとかなければです。

J-PlatPatで検索すれば出てきますが、この特許はマウントの機械的な物としてではなく、通信方式に関するものではないでしょうか。
マウント内の枠もセンサーサイズという先入観にとらわれずに見ると
縦横比も若干縦長ですし、あくまでも『この辺りまでセンサーが』という目安なのでは?

EF-Mマウントのフルサイズ版と言うことなら大歓迎です。EF-MマウントにはすでにEFレンズ用のアダプターが出ていますので続けて使えるなら問題有りません。せっかく作ったEF-Mをこんなに早くムダにするような事は今の御時世出来ないでしょう。良い判断だと思います。

EFとこのマウントの画像を合成すると爪のサイズとかピッタリ合致します。
四角いのは穴のサイズじゃないでしょうか? 
EFと同じサイズならフルサイズセンサーも当然納まりますし。
ただ、通信端子の位置と数が違うのでミラーレス用なのかなと。
図の1Dの部分が突起になってて現行EFレンズは物理的に取り付け出来ないような仕組みになってるのかと。

EF-Mのフルサイズ版ですかね?

ミラーレスのAPS-C(EF-M)とフルサイズ(新マウント)の住み分けは、出来てますね。

レンズもこれから増えていくと思います。

最初にフルサイズミラーレス想定してマウント出すべきでしたね。ほんのちょっとの差で済んだはず。
消費者にとっては特にネガティブファクターまではいきませんが企業としてはコストはちょっとかかってしまうという感じでしょうか。

実施例を見ると内側の長方形はミラーボックスとあります。

一眼レフ機も含む、単に新しい通信速度と旧型の通信速度を両立させるための特許ではないでしょうか

デジカメinfoさんの4月18日の記事に、
http://digicame-info.com/2018/04/2-54.html

「キヤノンはフルサイズミラーレスのボディでEFレンズ群を使うための実に素晴らしい解決策を用意している」

と書かれてましたが、この特許のことなんでしょうか?

この特許の日本語文献を見る限り通信方式の新旧切り替えだけで
すね。
このボディ側と思われる図の信号ピンは7本ですが実物のカメラ
は8本なので新マウントと思ったのかも知れません。
EFマウントはボディ側の電源が3本出ていてレンズ側は2本で
受ける構造になっています。(レンズ側がショートするように
幅が広い接点になっている)
特許文献は、詳細は省略していると思います。

EF-Mは終わらせちゃっても良いんじゃ…と思ってましたがkissMの出来が良いので今となっては捨てるのは惜しい。
個人的には縦横比を、例えば4:3にすればフルサイズと同じ面積で無理なく入っちゃうんじゃないかしらとも思ってたのですが、そういう次元でもなさそうですね。
いずれにせよ楽しみです。

EFマウントの改良ですね。新マウントでは無いでしょう。

特許のキモは、機械的スイッチで新旧レンズを判別し、レンズとの通信方式を最初から高速側に切り替える所です。

EFマウントは古いので、昔のレンズは通信速度が遅く、内蔵マイコン性能も劣ります。
登場は1987年ですから31年前。ムーアの法則で単純計算すると、マイコン性能は100万倍の差になります…。

EOSボディーは、この古いレンズも動作するように、最初の通信は1987年当時の遅い方式で行ってるようです。
遅い通信でレンズの情報を得て、次に可能なら高速モードに切り替えている。

しかし、遅い方式はホントに遅いので、この行程をすっ飛ばしたい。
そのために、レンズに物理的な違いをもうけ、物理的スイッチで切り替えて、最初から最新の高速通信モードにするようにしたよ。
というのが本発明のようです。

接続ブロック図を見るとEFと同じ7ピンですね。
EF-Mの通信速度が遅いとは思えないので、EF-Mの改良では無いでしょう。
ミラーレス用の新マウントなら、マウントを一部切り欠いてスイッチで切り替える、なんてことはしないでしょう。

というわけで、EFマウントの改良案と見ました。
これが実際に採用されるのなら、EFマウントのままミラーレス化するのかもしれませんが、単に一眼レフ用レンズの初期化を高速化するための小改良かもしれません。
スタンバイからの復帰も早くなるはずなので、その場合でも十分意味があると思います。

シリアル通信、と言う事は1つの接点で複数の信号を時間差を掛けてやり取りするんでしょうか?。ところで図の右下、マウントの爪が画面の角かかってますね、昔ニコンの設計担当の方がFマウント決定の際 限られた口径を最大限使えるようにボディ側マウントの爪は全て画面の角を避けるように配慮したと言っていましたが。

Mを始める時点で当然フルサイズはロードマップにあるでしょうから、フルサイズはEF-Mとマウントのメカ的互換があるのは当然と思ってます。
そうでないとしたらいろいろな意味で無駄が多すぎますから。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年6月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「登場が噂されている富士フイルムGFレンズの一覧」です。

次のブログ記事は「認証機関に登録されている未発表機種の一覧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る