キヤノンの次世代機プロシューマー機では動画機能が大きなセールスポイントになる?

Canon Rumors に、キヤノンの将来のプロシューマー機の戦略に関する噂が掲載されています。

Video Capabilities Will Be at the Heart of All Future Canon Prosumer Camera [CR2]

  • 将来のキヤノンのプロシューマーカメラ(※日本で言う中級機)は、動画機能が大きなセールスポイントになると聞いている。キヤノン内部では、プロシューマーカメラの機能をソニーやパナソニックなどと同等に引き上げることに関して多くの議論がなされている。

    我々はプロシューマー機は、7D Mark II 以上のものだと考えている。とは言うもののキヤノンのミラーレスにはプロシューマー機とみなされる機種があるとは思わない。

    今回の情報のソースは、キヤノンは将来のカメラで「スペック競争」に負けたくないと考えていると主張している。先日述べたように、今後18-24ヶ月の間、キヤノンの製品開発が加速される。そして動画機能がその中心になるだろう。

 

動画のスペックに関しては、現在、他社がキヤノンよりも先を行ってる部分も多いですが、キヤノンも次世代プロシューマー機では、動画のスペックでライバルと同等レベルの製品を提供したいと考えているようですね。

次世代のEOSに、4K60fpsや10bit 4:2:2記録などの機能が採用されるのか注目したいところです。

2018年6月14日 | コメント(7)

コメント(7)

ここ数年で一番の朗報です。
キヤノン一眼の動画撮影機能は、色再現性こそ他社と互角に戦えていますが
クロップ率、動画撮影アシスト、コーデック、解像力etc...
全くやる気が感じられず、
パナソニックとソニーに2周、富士フイルムに1周差つけられている状況なので、
せめて次世代機で2017年3月発売のGH5に追いついて欲しいです。
キヤノンはハードウェアのエンコーダーでH.265を取り扱っているので
そろそろH.265を民生機に搭載しても良いのではないでしょうか
噂だけとはいえ、とても期待しています

4K60fpsや10bit 4:2:2記録対応ならすごいですね。パナソニックやソニーに対抗するために動画に重点を置いた機種は必要でしょう。EOSシネマとの立ち位置が難しいかもしれませんが、EOSシネマ並みの機種に期待しています。

オリジナルのプロファイルが作れるようにしてほしい。
せめてビットレートが変えられるようにしてほしい。
例えば、YouTube用に低ビットレート。
EOS Movieはビットレートが高過ぎなので、
用途に合わせて変えられたら便利だなあと思いました。

現状は単純にシネマEOSに配慮しているだけですから、
シネマEOSを食っても良いと考えれば、
様々な機種展開が見られると思います。
この記事はそれを示唆してるのでしょうね

動画に強いのか、動画メインになるのか…
静止画メインの者としてはパナソニックのG9の様な所謂特化型も作って欲しいですね。
動画って興味はあっても何撮っていいかわかんないんすよね。

シネマEOSが5Kより上に行ってしまえば、気兼ねなく実装できるので、シネマEOSも加速されるのかな?

キャノンが世界に先駆けて5DⅡにハイビジョン動画機能を
搭載した事で今日が有るのだと思います。良くも悪くも?
ソニーやパナソニックの放送用カメラメーカーに火をつけ
てしまったのだと私は思っています。

是非、パイオニアメーカーの意地を魅せて欲しいですね。
期待しています♪


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが14mm F1.2 と35mm F1.2を発売するかもしれない?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」の開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る