ソニーが海外の認証機関に「WW213188」(α6700?)を登録

軒下デジカメ情報局に、ソニーの未発表カメラの登録情報が詳細されており、SARがそのカメラについての予想をしています。

デジカメ噂メモ

  • ソニーの「WW213188」が海外の認証機関に登録。
    - Wi-Fi搭載(Bluetoothは非搭載)

(SR5) Sony will announce a new camera within 2-3 months!

  • ソニーがコードネームWW213188の新型カメラを登録した。通常は、1~3ヶ月で正式に発表される。登録されたカメラにはWi-Fiは搭載されているが、Bluetoothは搭載されていない。このカメラはα7S III かα6700、または新しいコンパクトカメラかもしれない。私は、このカメラはα6700だと推測している。
  • α7S III は、おそらく10月から11月に発表されることになるだろう。そしてα7S III には、11月から量産が開始されるソニーの新型の有機ELのEVF(0.5型UXGA、240fps)が採用される。

 

今回「WW213188」が新たに登録されました。登録されたカメラの詳細は不明ですが、SARは、このカメラはα6700だと推測しているようですね。

また、α7S III は新型EVFの量産を待って10~11月に発表されると述べられているので、今年のフォトキナには間に合わないかもしれません。

2018年6月17日 | コメント(10)

コメント(10)

Bluetoothが非搭載であることから、
SARが予想しているようなハイエンド機種ではないのでは?

α7sⅢを絶対買うぞと決めていたのになかなか出てきませんねぇ。
α7Ⅲに手が出そうになっているのですが、いやいややっぱりα7sⅢと思ってます。今持っているα7rⅡも良かったのですがデーターが大きすぎて私には合わず、処分しました。また、α7sは良い発色が出るのでなかなか手放せません。去年から出る出ると何度も出てきそうなα7sⅢはなかなか出て来ません。
でもその分、何かしらサプライズがありそうな気がしてなりません。いや絶対にサプライズがあります。α7Ⅲやα6700にも手が出そうになりますが、いやいや10月まで待ちます。その時が来たら待ったかいがあるような気がします。

防水コンデジだとうれしいですね。時季的に?ですが、以前DSC-TX1は秋発売でした。タフカメラに見えない薄型スタイリッシュな防水カメラの復活を待っています。

センサーが裏面照射になり、像面位相差センサーの数も増えるんでしょうか?
でも6500からの買い替えを狙うなら更に何かないと苦しいですね。6300からなら買い替えるでしょうが・・
もしかするとExmorRSが来るのかな?α7000には付きそうですが。
いずれにしても楽しみですね。
APS-Cのいい所はコンパクトさにあるのでフルサイズ用のレンズは着けたくないのです。APS-C用のレンズも開発して欲しいですが暫くダメッぽいですよね~。シグマさんに期待しています。

α6500がBluetoothに対応したのに、次モデルで敢えて外してくることは無いかと思うので、α6700の可能性は低いんじゃないでしょうかね?

個人的にはHX90V後継モデルだったら、GPSを残す代わりにBluetoothを利用した位置情報取得の仕組みは不要だから外してきたなんて想像してます。

一番危惧してるのは、α6500系などのAPS-C機もアプリ非対応になる事でしょうか・・・

個人的にα6000の後継を期待してるけど
実際はα5100の後継のような気がする。
その後にα7000なのか6700なのかわからないけど
その辺が出てくるような。。。

Bluetooth非搭載なことから、α6700やα7000の可能性は薄そうですね。
ところでWW771132はRX100VIだったのでは?

α5000後継機が「ベーシックAPS-C」とか言って7Ⅲ並みにモンスターAPS-Cで安価で出たら面白いですね笑

>PAGさん
>ところでWW771132はRX100VIだったのでは?
失念してました。ご指摘ありがとうございます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが「M10 Edition Zagato」と「C-LUX」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF70-300mm F4-5.6 IS II はこのクラスとしては素晴らしい性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る