パナソニック8-18mm F2.8-4は性能と使い勝手のバランスに優れたレンズ

OpticaLimits に、パナソニックの広角ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4 ASPH」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Vario-Elmarit 8-18mm f/2.8-4 ASPH - Review / Test Report

  • 鏡筒は金属製で、見事な造りだ。ズームリングとフォーカスリングは滑らかに回転する。ズーミングでもフォーカシングでもレンズの全長は変わらないが、内部の鏡筒はズーミングで動く。
  • AFは速く静かだ。
  • 歪曲は広角端で1.4%のタル型で、12mmと18mmではごくわずかだ。しかし、未補正の状態では、8mmでは6.6%の極端に大きなタル型だ。望遠側にズームすると12mmでは2.4%の穏やかな値になり、18mmでは歪曲はほとんど無くなる。
  • 周辺光量落ちは、自動補正有効時は条件によらず0.5EV前後でかろうじて気付く程度だ。未補正の状態では、8mm開放時に1.6EVでかなり目立つが、F5.6以上に絞ればほとんど解消する。望遠端では周辺光量落ちはとても穏やか(開放で0.58EV)だ。
  • 解像力は、8mmでは中央は大部分の条件で素晴らしい値(excellent)で、周辺部は良い(good)~とても良い(very good)値、隅は良好な値(good)だ。隅の解像力の低下は、自動補正で6.6%歪曲を補正しているために、画像が引き伸ばされることが原因だと思われる。12mmでは隅の解像力は少し改善するが8mmと傾向は変わらない。18mmでは中央の解像力は若干低下するが、周辺部と隅は広角側より改善する。

pana_leica8-18f28-4_mtf_010.jpg

  • 倍率色収差は非常に低い値で、心配はいらない。
  • 強い逆光ではいくらかゴーストが見られるが、ライバルと比べて悪くはない。
  • 競合するレンズについて:マイクロフォーサーズのこのクラスのレンズには、オリンパス7-14mm F2.8、パナソニック7-14mm F4、パナソニック8-18mm F2.8-4の3本(コンシューマーグレードのオリンパス9-18mm F4.5-5.6を入れるなら4本)があり、これらはいずれも実に良好な性能のレンズだが、見事な性能と言うには若干足りない。オリンパスの9-18mmは、光学性能で他のレンズにそれほど劣ってはいない。
  • パナソニック8-18mm F2.8-4は、とてもきちんとした性能のレンズで、中央は極めてシャープで隅も良好な画質だ。12mmでは若干の像面湾曲があるが、これはこの種のレンズでは珍しいことではない。鏡筒の造りの良さはこのレンズの目玉で、この造りが全てのレンズの基準になればいいと思う。このレンズは、このカテゴリではバランスの取れたレンズで、F値を可変にして、コンパクトさとフィルター装着を実現している。性能はライバルを凌ぐとは言わないが、同等のレベルにある。

 

光学性能の評価は5点満点中3~3.5点で、オリンパスの7-14mm F2.8と全く同じ評価になっています。スタジオテストの数値的にはズバ抜けた性能ではないようですが、サンプルを見る限りではライカブランドのレンズらしく発色がよく雰囲気のある描写で、テストの数値以上に良く写るレンズという印象です。

2018年7月18日 | コメント(7)

コメント(7)

昨年秋に購入しました。
発売時から愛用していたLUMIX G VARIO 7-14mmとの1㎜の差が
どうかと気になりましたが、明るさと色のり、解像度で満足しています。

が、

よせば良いのに、不安定な場所でレンズ交換して、腰高の高さから落としちゃいました。
鏡胴に僅かな凹みとキズ、フードにキズが付いちゃいました。
ピント、フォーカスに異常は無さそうなのでそのまま使い続けていますが、
この悲しみを誰かに聞いて欲しくて書き込んじゃいました(笑)。

M4/3では高い方のレンズなのに…(大泣)。
皆さんもお気を付けて…。

kanatoko さん

それは災難でした。でも、レンズやカメラは傷ついてなんぼです。その傷で、唯一無二のものになったじゃないですか(笑)。性能に支障がなければ、使い続けてくださいね。

しっかりとした性能と使いやすさを両立していて、非常に実用的でいいレンズですよね
オリ12-100mmとセットで愛用してます

発売と同時に入手して愛用しています。
7-14を使っていましたが、広角端の画角が狭いのは仕方ないとすれば、解像感、発色など、段違いで大変満足しています。

個人的な感想としては同じライカ銘の
12f1.4の出番がすくなるなるほどキレが良く、へんな悩みですが12f1.4をどうしようか、と、それくらい見事なズームレンズだと思います。

私もpana7-14を使ってきた上で、pana leica 8-18を買いました。広角1mmの差は大きいけれど、それ以上に発色の良さ、フィルターがつけられることにアドバンテージを感じるレンズです。
pana leicaのレンズは、sampleをLeicaに送って、駄目だしを受けては改善してを繰り返して、許可が出てからようやく発売できると、過去にインタビュー記事がありました。単純な測定値のみではなく、色味やボケ味なども修正の指示がはいるようです。

pana leicaは、測定値だけでなく、どくどくの深みのある描写をするレンズ群だと思っています。

ひーくん さん
期待しながら、期待していなかった
慰めの言葉ありがとうございます!

唯一無二のレンズとして愛用します。
(でもリセールバリューが気になる小市民…笑)

私も7-14と8-18併用しています。広角の1mmの差は大きいので。
8-18だと望遠単が36mm相当になるのでワイド感の変化は大きいです。
お散歩にはこれと、45mmマクロかオリ60mmマクロかのどっちか一本ってことが多いですね。(このあたりならポケットに入る)
ただ、最も出番が多いのは12-60になってしまっていますが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムXF200mm F2 とXF8-16mm F2.8は発表から発売までにかなり時間がかかる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムXF10の詳細スペックと画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る