2018年5月のデジタルカメラと交換レンズの生産出荷実績

CIPAが、2018年5月のデジタルカメラと交換レンズの生産出荷統計を発表しています。

デジタルカメラ出荷数量 (※リンク先PDFファイルです)

cipa_camera_201805_001.jpg

cipa_camera_201805_002.jpg

cipa_camera_201805_003.jpg

交換レンズ出荷数量 (※リンク先PDFファイルです)

cipa_camera_201805_004.jpg

デジタルカメラの出荷数量は、前年同月比で見ると今月も低調ですが、レンズ交換式は前年同月とほぼ同程度で、落ち込んているのはやはりコンパクトカメラのようですね。

また、総出荷の地域別内訳を見ると、国内ではミラーレスの出荷台数が今月も一眼レフを上回っているのが見て取れますが、欧州やアメリカでは、まだまだ一眼レフの方がかなり強く、アジアでも若干一眼レフの出荷が多いようですね。

2018年7月 4日 | コメント(3)

コメント(3)

レンズ一体型はソニーのRX100M6が6月に出たので次回の発表が気になりますね。
また夏前なので防水コンデジの売れ行きも関わってきそうです。
レンズ交換式や交換レンズは前年と同じような推移でこれからキヤノン・ニコンのフルサイズミラーレスが発表・発売されるとどうなるのか楽しみですね。

レンズ一体型は最近新製品がほとんど出ていません。

2012年からの毎年の新製品の推移を調べてみました。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2018/07/05/102452

なんだかんだいって統計を見ると一眼レフが多いですね。
国内でよく見るのはエントリー一眼レフとマイクロフォーサーズのミラーレスですね。この傾向は世界から見ても特殊なのかもしれません。
しかしコンパクトデジカメは厳しいようですね。スマホの進化が速すぎます。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年7月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのミラーレスカメラには5軸ボディ内手ブレ補正が搭載される?」です。

次のブログ記事は「ソニーα7S III は4K HDR/60pの動画モードを搭載?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る